記事一覧

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ9

 トーナメントはガルド稼ぎに最適ですね。
 ハードはまだ勝てないので、ひたすらガルド稼ぎとレベル上げ。
 アクセサリが意外と重要だ。
 ちまちま育成してる甲斐があって、ようやくユーリがレベル100に。
 これでMAX。どうせだったら999にして欲しかった。そして楽々、ボスも倒せるようにして欲しかった。カンストしたあとは自分の腕次第になってしまったよ。
 次行こう。

 ストーリーモード
 ジュード&ミラ
 第1章:エミル&マルタ
 第2章:ゼロス
 第3章:シュヴァルツ
 第4章:ルカ&スパーダ
 第5章:シュヴァルツ
 クリア:ミラとスパーダが利用可能に。

 ロイド&ゼロス
 第1章:シング&コハク
 第2章:クロエ&セネル
 第3章:ゼロス
 第4章:ジュード&ミラ
 第5章:シュヴァルツ
 クリア:ゼロス&カイウスが利用可能に。

 カイル&リアラ
 第1章:エルレイン
 第2章:クレス&チェスター
 第3章:リオン&スタン
 第4章:アスベル&シェリア
 第5章:エルレイン
 クリア:リアラが利用可能に。

 エミル&マルタ
 第1章:ティトレイ
 第2章:リオン&スタン
 第3章:アスベル&フレン
 第4章:ミラ&ジュード
 第5章:シュヴァルツ
 クリア:マルタが利用可能に。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ8

 ストーリーモード:ガイ&ルーク
 第1章―カイル&リアラ
 第2章―フレン&ユーリ
 第3章―リオン&スタン
 第4章―クロエ&セネル
 第5章―エルレイン
 クリア―ルーク&カイルがすべてのモードで使用可能に


 カイルが解放されたので、フリーモードのスタン&カイルでレベル上げ~。
 何か特別な台詞とか用意されてないかと思いましたが、残念。なかった。


 ストーリーモード:ヴェイグ&ティトレイ
 第1章―カイウス
 第2章―フレン&アスベルー
 第3章―ゼロス
 第4章―ティトレイ(しつこい)
 第5章―シュヴァルツ
 今回はエターナルソードじゃなく世界樹が中心。
 ティトレイ&ロイドがすべてのモードで使用可能に。
 ゼロスが前面に来てたから解放されるのはゼロスかと思ってたのに違うのね。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ7

 スタンのストーリーモード。
 リオンが相棒です。

 第1章
 王宮騎士になりたくて王都に向かうスタンですが、船賃がなくて密航。
 しかしリオンに発見される。
 夢は潰えたかと思われたが、リオンの手伝いをすれば密航を見逃してやると誘われ、スタンのストーリーが開始。
 泣きべそかいたルカ登場。山頂のリンゴを取りに行くんだとか。単なるパシりだからね、ルカ。抗え。
 まさかルカがボスじゃないよねー、と思っていたら、スタンと頂上まで競争することに。ていうか強制。
 戦闘開始。
 途中でスパーダがルカ側に来てくれたようです。良かったね、ルカ。
 ルカたちが先に山頂へ到着したようで、テロップが流れ。ようやくやる気を出したリオンに支援されながらスタンも山頂へ。
 待ち構えていたのはルカとスパーダ。
 いきなり戦闘モードで「え?」と驚きました。そんな気配、少しもなかったじゃん、ルカ。ちょっと唐突。
 「ルカと男の勝負をしろ!」という指示が。
 まぁ、別にいいですけど。
 当然勝利。先へ進みましょう。

 第2章
 偶然立ち寄った町で、追われているカイウスとルビアに遭遇。
 獣人だからといって差別をするな、と首をつっこむスタン。もちろん暴走をリオンが止められるはずもなく、戦闘開始w
 暴走してるカイウスたちを止めて、さて本題。
 リオンの任務はエターナルソードを追うこと。ということで次回へ。

 第3章
 エターナルソードがあるという砦へ。
 戦闘開始直後、フレンとアスベルの会話。予想してなかったので嬉しい。
 砦を守る騎士ってことでしょうか。誠実な二人に癒されます。
 最初に立ちふさがったのはアスベル。
 白いロング衣装、いいなぁ。
 倒して先に進んでたら、リオンと引き離されました。こっちは大丈夫だけど、リオン、大丈夫なのか? レベルが低いのに。フレンとアスベルでは、フレンが上そうですね。雰囲気的に。
 敵さんの台詞を聞きながら思ったんですが、この騎士たち、ずいぶんと退職する人が多いみたいですね。ふっ。
 KO数が300を超えたところで「ひとりでその数を倒したというのか……!」と、リオンが驚いてくれました。えへ。ここの敵、仲間を呼ぶ敵が多いから、ついつい。
 フレン&アスベルを倒して、エターナルソードを入手。
 エルレイン登場。
 エルレインとリオン、去る。

 第4章
 エルレインとリオンを追いかけてエルザトスの森Bへ。
 ストーリーモードでは1人になるパターンが多いなぁ。
 エリアボスはリオン。
 えっと。リオンモードもあると思っていたんだけど、これは本当に死んだかな?そして最終話はスタン1人?

 第5章
 エルレインを追いかけて遺跡の中へ。
 もうここまでかと諦めかけるスタンに、リオンの声が。
 おお、生きてた。
 ユーリが助けてくれたらしい。フレンの指示だとか。
 さすがだ、フレン。
 ED後の一枚絵、リオンが可愛いです。

 リオンとガイがすべてのモードで使用可能になりました。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ6

 あ、今気付いた。
 ガルドって、全員共通なんですね。
 キャラごとに持ってるガルドが違うかと思ったけど、財布は同じみたいです。なんだ。

 続いて同じクレス&ユーリでフリーモード:ファーライン貿易街Bへ。
 エリアボスはエミル&マルタ。
 ……この二人のタイトルもプレイしてないから、二人の立ち位置が良く分かりませぬ。
 今回はハードを選択。
 さ、戦闘開始。
 敵の「ちょい待ち、腰が抜けたぁ」が好きv
 ていうか総じて弱腰の敵キャラが多いですね。台詞がいちいち素敵過ぎるんですが。
「ケンカ売る相手を選ぶべきだったな!」
 それは『後悔してるよ、あははははは(ため息)』という意味で?(笑)
 敵よりも、ステージに仕掛けられてるトラップが苦手です。
 矢とか、ダメージ床とか。
 HPがMAXでも、そこにハマッて、一気にゲームオーバーとか。
 ハードでクリアしたときはプラチナ。
 ノーマルでクリアしたときはブロンズのメダルがつくんですね。
 きっと、ハードですべてをクリアすると特典がつくんでしょう。
 出来る限りハードでやってみよう。

 続いてユーリのストーリーモードをプレイ。
 フレンが相棒だよーv
 レベル1なので、育てないとね。とはいえフレンだったら大丈夫だよ、といきなりハードで挑む私。きっと大丈夫。ユーリが何とかしてくれる。
 第1章は、役人が住民を虐げているという噂を聞いて、その村へ向かうくだり。
 二人の掛け合いを久しぶりに見て、顔がにやける~。
 軽口を叩きあいながら根底では信頼してるこの関係が大好きです。
 お出迎えに対して強硬手段で突破しようとする二人。
 ……フレンの装備外装が異様なまでに騎士なことに、ちょっと固まりました。PS3で見てたときはそんな違和感なかったんだけど……画面いっぱいにフレンの絵は、ちょっと無理かも(笑)
 因みにフレンの初期思考はブレイブでした。意外に戦闘タイプなんですよね、フレン。
 ダメージを受けるユーリに、「すまない。僕が抑えきれていれば……」と謝るフレン。真面目だなぁ。というか今の段階でユーリのレベルは48。フレンのレベルは1。守られるのは貴方の方ですからね。
 でもそんなの関係なく走っていきそうなフレンが大好きです。
 どうやら第1章はコハクとシングが相手のようです。村人を人質に取られてるとかなんとか。ユーリが静かに、フレンが烈火に、怒りそうな境遇ですね。
 コハクたちと戦っている間に騎士団が村人救出。最後は和解でエターナルソードの存在を知る二人。次は剣がある遺跡に、ですかね。
 うっかりユーリの装備や術など整えるの忘れてたので、次からは……!
 第2章の冒頭で釈放された役人に対し、制裁を加えるユーリ。
 ……フレンとの対決もあり?
 ま、戦闘開始。
 ……しょっぱなからフレンがいないと思ったら。なんと、フレン率いる騎士団との戦闘。突然の展開に笑った。エリアボスはフレンかなー。
 逃げろ、ユーリ。
 やはり最終ボスはフレンでした。
 第2章でこれか。

 続いて第3章ではエターナルソードの破壊を決意するということで。
 が、殺人の容疑で追っ手をかけられるユーリ。
 追跡者は……リオンとスタン。
 ちょっと顔がにまった。
 にしても、ユーリのストーリーモードって、1人プレイが多い。エステルがいてくれたらな~、なんて思ったりして。
 でも途中からフレンが参戦してくれました。良かった。
 エターナルソードの力は危険だからユーリとは一時休戦。

 続いて第4章。
 ユーリ&フレンの前にヴェイグが登場。
 前回ユーリが殺した役人は、ヴェイグたちにとっては恩人だったということで。ま、人間悪の部分ばかりではなく善の部分もあったということで。

 最後、第5章。
 ここではエターナルソードを守る聖女エルレインが登場。
 ……守る聖女?
 てっきりリアラかと思ったけど。狂う前のエルレインということでしょうか。魔剣に変わったよと教えてくれました。
 と思ったけど、スキットのエルレインの顔がどう見ても悪役なので、悪役は悪役のままか、と安心しました(何で)
 会話が進むうちに自分の考えは間違えてないと核心。ユーリの断言が気持ちいい。
 戦闘開始。
 ステージ途中でエルレイン登場。
 ……てっきりエターナルソードの前で待ち構えてるんだとばかり思ってたんですけどね。遺跡内の残党を掃討せよとの指令が出て、屠っていたら。
「ユーリ。僕と戦え」
「は? なんでだよ」
 という会話が。
 やっぱりフレンと1対1になるもよう。エルレインより重要視されてることに爆笑。強いよ、フレン。
 なんとか勝てました。けれども。
 やっぱり経験値とか武器値を配分するときにフレンの姿がない。
 ストーリーモードじゃ、フレンを育てられないヨ。
 と、その後にユーリ&フレンのデモ挿入。
 PS3と状況は同じはずなのにポリゴンが違うので新鮮かも。
 デモの台詞時に、字幕のON/OFFが選べれば良かったなー。

 エンディングの後にはユーリ&フレンの一枚絵。
 フレンとエミルがすべてのモードで使用可能になりました。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ5

 ただいまです。
 出張先のホテルでチマチマやってました。

 なるべく先には進まないようにして、クレスのストーリーを周回プレイ。
 敵のレベルは固定のようですね。
 モードをハードにすると別の隠し要素が出てくると思うので、まずはノーマルで何回かクリア。お陰でチェスターとの絆が100になりました。カンストです。
 アクセサリーや武器もMAXになって。
 ランクの低い武器やアクセの方が、レベルが上がりやすいようですね。
 カンストさせてから次を装備させるか、次々新しい装備に乗り換えるか。ランクが高い装備品はレベルが上がりにくいので、良く見極めて乗り換えた方がいいですね。

 アクセや絆のレベルは100だと分かりましたが、キャラのレベルMAX数値は何だろうか。100だと、わりと直ぐにカンストしそうな感じです。

 クレス&チェスターでトーナメントに挑戦しました。
 トーナメントでは別キャラを相棒に選ぶこともできるんですが、ここはベースで。と思ってチェスターを選択しましたが、トーナメント参加者の中に、NPC「クレス&チェスター」がいて、ちょっと惑わされました。
 プレイヤー以外はすべて勝敗の結果表示だけ。プレイヤーがひいきのチームをRかLで支援してあげると、そのチームが勝つので、戦いたいチームを上位に持ってくることが可能。
 決勝戦はユーリ&フレンのチームで戦闘してみました。
 楽しかったv

 トーナメントをクリアすると『ステージ開始曲設定機能』が追加されました。
 ステージのBGMが設定可能となるようです。
 なんだかいいね。各タイトルからも選択できました。懐かしのあの曲が! と、懐かしくなりました。
 続いてクレスの『ぬいぐるめっと』というものが装着可能に。
 戦闘準備の画面で、『ぬいぐるめっと』を被るか被らないかが選べます。
 装着してみましたが……なんだか顔がトロみたい。完全なる被り物ですね。
 ひとまず置いといて。
 後は……賞金でしょうか。50万ガルドをゲットです。
 ガルドが足りなければトーナメントで稼げばOKのようですね。

 そしてフリーモードもプレイ。
 クリアしたモードのボス戦を再現できるようです。何回もボーナスがもらえるので、これもあとでやり込もう。
 初回はクレスのストーリーモードでボスだったエルレインエリアを選択。
 長いステージをすっとばしてエルレインのステージまで行けるので、ちょっとだけやりたいときにはいいかも。


 フリーモードで再びクレスを選択。
 今度はパートナーにユーリを選択。
 ユーリのストーリーモードをクリアしてから遊ぼうと思っていたのですが、やっぱりユーリ大好きなので。早く使ってみたい。
 当然ながらレベルは1スタート。
 早く育てて、ストーリーやその他で沢山使おう。
 ……ステージで、ユーリが出てくるステージも選べるんですね。
 プレイヤーをユーリにしても選べるんだろうか。混乱しそうだ。ひとまず、シェランカ海底洞窟Aを選択。セネル&クロエがエリアボス。倒してきますか。ノーマルで。
 ……ユーリの初期思考が堅実だったことに、超納得。うん。堅実思考だもんね。
 ノーマルでやったので、さほど苦労することなくボスまで到達。
 最後の最後までとっておいた秘奥義を二人にぶつけ、ユーリとの連携奥義も発動させ、おおお、ユーリ格好いいぞと思っていたら、あまりに長すぎたのか、カットされました。ボスたちがクレスの奥義をくらった時点で既に倒れてたから時間切れですね。
 ユーリのせっかくの見せ場が……そしてボスを倒したときに出る強化アイテムをゲットすることもなく、強制的にWIN画面へ。ちくしょう。悔しい。
 今度からエリアボスに秘奥義ぶつけるのやめようかな……。
 宝石を取れなかったせいで、戦闘後のボーナスが寂しい感じ。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ4

 クレス編 第3章
 今度はシングとコハクのようです。
 腹が減りすぎて野菜を盗み食いしたチェスターv
 ということになっていて。
 農民の叫びがそれぞれ面白い。こういう掛け合い、いいなぁ。
 ツインブレイヴの発動方法はL+△。
 あとでやってみよう。

 続いて第4章
 遺跡に到着したもよう。そこで待ち受けていたのはエターナルソードを守るリアラ。
 隣には当然のごとくカイルも。
 ああ……熱そうだなぁ……ロニもいれば良かったのに(笑)
 全シリーズの中ではハロルドが一番好きですが。出てこないかなぁ。
 単体はハロルド。パートナーとしてはユーリ&フレン。
 ここら辺大好きです。

 さ、戦闘開始。
 オーバーリミッツ解禁。L+R同時押し。オーバーリミッツ中に再びL+R同時押しで秘奥義発動。
 最奥でリアラとカイルと戦闘。
 なんだかリアラ、ここでも巫女さんぽい役目?
 エターナルソードは現在『魔剣エターナルソード』になったから時を越える力はないとか。これ以上エターナルソードに近づいたら『彼女』が来てしまうとか。サタンですか。

 爆笑。
 話の途中でエルレイン登場。
 魔剣エターナルソードは元々自分の物だと言って、持ち去ってしまいました。今回の黒幕というか黒ボスはあいつですか。懐かしいなぁ。

 第5章
 最終かな? エルレインとの対峙に3Dポリゴンイベント挿入。
 チェスターの顔が思ったよりも面長で、ちょっとショック。
 にしても、レベル上げとかのステージがないもんかな。今の戦力は辛すぎる。
 戦闘開始。
 連携秘奥義が使えるようになった。
 プレイヤーが秘奥義を使っている間に△を押すと連携発生。

 なんか途中からチェスターがいないなぁと思ったら、エルレインの言葉に苦悩して戦線離脱とか。ありえん。ちょっと待て、と言いたい。
 色々悩んでるなぁと思ってたら自分で補完して勝手に戻ってくるし。いや嬉しいけど。唐突な急展開にビックリです。
 最奥で待ち構えてたエルレインを倒し、終了。え、終了? と思ったけど、終了。スタッフロールが流れました。
 1つのストーリーモードをクリアするのに1時間~2時間あれば充分かな。
 他の人たちをクリアしてこよう。
 はやくユーリを操作できないかなぁ。

 スタッフロール後に2人の一枚絵。
 なんか顔が違うぞ二人とも。イラストレーターが変わったのかな。
 その後に、チェスターが新規参戦とか。
 チェスターがすべてのモードで使用可能になりました! と。
 てことは、クレスとはまた別のチェスターストーリーがあるとか、そういうことでしょうか?
 おお、ユーリも参戦! すべてのモードで使用可能に!
 そして難易度ハード追加。
 1つのストーリークリアすれば、2人は解放されるんですかね。
 ……クレスやってチェスターが解放されたから、ユーリやればフレンが解放されるとか。安易かな。

 タイトルに戻ってびっくり。
 ストーリーモードの他はほとんどが「???」だったのですが、今はすべてが解禁されてました。
 ストーリーモード
 フリーモード
 トーナメント
 スコアアタック
 エクストリーム
 オプション
 ギャラリー

 ストーリーモードに一度入ってみました。
 ユーリを選ぶことができるーv
 おやまて? チェスターも追加されたはずなのに、どこにいるんだ?
 と、シリアスシナリオと書かれたタイトルに「R」が追加されてました。
 試しに押してみると、なんと、シリアスシナリオがコミカルシナリオに。そしてチェスターがそこに追加。他のコミカルキャラは今のところいないみたい。
 うーわー、楽しそうv

 今日はここまで。大人しくリアル仕事に没頭してきます。

コメント一覧

非公開 - 07/05 14:33 Edit

管理者にのみ公開されます。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ3

 ストーリーモード選択。
 まずは順当にクレスからやってみますか。
 「シリアスシナリオ」と書いてるのがとても気になりますが。コメディシナリオがあればいいのに。(笑)

 左下にクレスのステータス。
 Lv1.
 HP:6666
 攻撃力:300
 所持ガルド;5000G
 進行度:第1章

 難易度はイージーとノーマルのみ選択可。
 きっとクリアしたらハードが出てくるのでしょう。
 まずはノーマルからやってみます。
 相棒はチェスター・バークライトv

【ストーリー】
 村を災害が襲い、クレスとチェスターを残して全員が死亡。
 クレスの両親の知り合いの魔術師から、時を越える聖剣『エターナルソード』の存在を知る。それがあれば、災害が起こる前の村に戻せるかもしれない。
 ということで、ストーリーは始まるようです。

 エターナルソードのある北の遺跡まで列車で行こうとする二人。
 向こうから……ジュード&ミラ登場v
 2席しかない空席を取り合って喧嘩。
 チェスターとミラの睨みあい。相棒の二人、大変だねぇ。
 そうしてバトルが始まります(笑)

 バトル前にメニュー登場。
 プレイヤー設定とかパートナー設定とか。
 ここで装備とか術設定とかができるようですね。
 クレスを見てみると、魔神剣と閃空裂破をデフォルトで覚えてました。
 L+○、L+×、L+□。
 ……アクションは苦手なんだけど、まぁ、テイルズだから。大丈夫でしょう。体験版でもなんとかなったし。

 もともとPSP用のゲームなので、PSVにするとかなり画像が荒い……。
 2Dのときはそれほど思わなかったけど、3Dだとかなりドットが目立ちます。うーん、目に悪そう。

 チェスターの思考を全力で戦うにしておいて、さてショップを覗いてみたら。術技が売ってました。
 爆笑。そうか、今回はショップから買う仕様ですか。
 どうやら秘奥義も販売してる様子。
 冥空斬翔剣が10000Gもします。足りない足りない。
 因みに秋沙雨の入荷条件:クレスのレベルが10を越えた、になってます。
 レベルで覚えさせてくれれば楽なのに。1回の戦闘でどれだけ稼げるんでしょうかね。
 アクセサリにレベルがついてたのも気になります。
 同じアクセサリつけて戦闘を重ねれば、アクセサリのステータスも上がるんだろうか。

 ま、ひとまずセーブして。
 戦闘開始です。

 最終ボスはもちろんジュードとミラ。
 戦闘の合間合間にもう、ぼろぼろ喋っててくれて楽しいです。戦闘も爽快ですし。ただ、カメラワークが上手くいかなくて、思うように敵に攻撃を合わせられないのがストレス。ここはテイルズシリーズ踏襲してセミオートみたいな感じで、攻撃ボタンを押したら一番近い敵にターゲットを合わせられれば良かったのにな。
 体験版ではそんなこと感じなかったんですが、ふと気になりました。

 戦闘を終えて、二人のレベルは18に。
 HPも、クレスは6666→7788へ。より多くのアクセサリーを装備できるようになりました。だとさ。
 獲得Gは8830。
 ウェポンポイントなるものもあるらしい。
 敵を倒すと出てくる金塊みたいな奴ですね。何かと思ったら、やっぱり武器にもレベルがあって。そのレベルが上がりましたー。
 ……買い換えようと思ってたんだけど、レベルは否応なく上がるのね。
 こりゃ早々に気に入る武器を見つけないと、もったいない。
 絆レベルは0から9へ。
 ふふふ。桁数からすると999まであるようです。

 負けたジュードたちは、隣町まで走るようです。
 爽やかに、ミラの提案です。爆笑。
 焦るジュードに「心配ない。いつかは着く」と励ますミラ。
 いやいやいや、そういうことじゃないから。
 と言ってる合間に走り出すミラ。マジですか。マクスウェル様は止められません。

 第一章終了。
 続いて第二章。
 エターナルソードを目指す二人の前に、今度はセネルとクロエが立ちふさがります、とかなんとか。
 正直、この二人は良く分かりませぬ。
 PSとかじゃなく別の機種で出てたんじゃなかったかな。
 強制的に第2章へ。
 1章ごとに別のストーリキャラで遊びたかったな。
 まぁいいですけど。
 戦闘準備。あ、でも戦闘準備でスタートボタンを押すとモード選択ができるようです。戻ってみましたが、やっぱり選択できるモードはストーリーモードのみ。選ぶと、ほかのキャラを選択できるようになってました。
 クレスを見てみると、進行度は第2章に。
 なるほど、途中で別キャラに乗り換えるのもできるわけですね。
 あ、しかも。最初からと続きからと、二択でした。
 ま、クレスで進めなくなったら別キャラを遊んでみますか。

 ジュードたちのように会話があるわけではなく、いきなり戦闘です。
 ここでパートナーアタックが使用可能になりました。
 使用するには△ボタン。

 盗賊たちをなぎ倒して行くわけですが。
 盗賊の台詞
 「俺の足が肉離れにぃ……っ」
 というのに爆笑した。知らないよ。

 ところで。雑魚キャラたち、そのエリアボスを倒さない限り何度でも集合かけられるから、経験値稼ぎにはいいのかな、と思いました。こっちの体力が持てばの話ですけどね。
 前のステージに戻ってレベル上げする、という概念もなさそうなので、今回はこうやって経験値とゴールドを稼ぐしかないのでしょうかね。

 盗賊:痛い目に遭うなら賊はヤメだ! 明日から働くぞ!
 爆笑。最初からそうしてくれ。

 まずはクロエと戦闘。
 セネルは奥で高みの見物のようです。なんだかなぁ。

 二人に勝利!
 レベルが一気に26に上がりました。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ2

 始める前につらつらと説明書を読んでいたら、連動サイトの存在が発覚。
 武器をダウンロードしたり、成績をアップロードしたり。
 色々な特典があるもよう。
 この連動サイトを利用するには、バンダイナムコIDが必要。

 バンダイナムコからIDを取得して、再び来よう。

 IDを取得したら、次に連動サイトへ。
 危険性はないこちらです。登録すれば、色んな特典がもらえるーv

 ま、登録は後回しにして。
 本体を起動。PSP用ですが、PSVでも動きます。その分、動きがぼやけて見えるのですが。でもこの快適さを知ってしまったらPSVは手放せない。

 さぁ、長い道のりでしたが、とうとう攻略ですね。
 まず始めに選べるのは「ストーリーモード」。
 世界の成り立ちがなんたらかんたらと続き、人の選択へ。

 最初に選択できるのは
「クレス・アルベイン」
「スタン・エルロン」
「ヴェイグ・リュングベル」
「クロエ・ヴァレンス」
「ジュード・マティス」
 なのですが。限界。お休みなさいですよ。

テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ1

 ついに購入してしまいました、テイルズ。
 体験版をやったときから、絶対に購入しようと決めていたタイトルです。
 善デスがひと段落着くまではと自制していたのですが……。今週末から出張で新ゲームできないということもあって、ついつい衝動買い。
 懐かしの面々がずらりと並んでいて、歴代タイトルを遊んできた私としてはもう、OPから顔がニマニマします。
 でも一番の見せ場はユーリとフレンの友情だと信じてる。

 にしても、長いタイトルです。
 ブログメニューに入りきらない;
 皆さんはどうやって省略してるんでしょうね。
 TOH? ハーツになっちゃう。
 TOH TB……かな。あとで情報サイトでも見てきますか。

 時間がないのでプレイするところまで行けないのが悔しいですが。
 帰ってきたらいっぱい遊ぶぜ!
 と思いながらOP4回目。
 リッドとファラの関係も好き。ルークとガイの関係も好き。
 最後までクリアしてるテイルズで、嫌いなキャラってないなぁ。
(DCとかDSで出てたタイトルはプレイできなかったので除外)
 皆みんな、大好きですb

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ