記事一覧

幻想水滸伝 紡がれし百年の時4

 技も伝承してもらって、牙ウサギも退治して、100年後のルシル平原へ。
 既に薬草はニドたちが採っていて問題なくなってました。
 危険性に気付くデューク。
 良かった、まともな奴がメンバーに入ってくれて。

 町に戻り、里長と再会。
 これ以上は里から人を割けないから主人公たちに朱キ斧を追ってもらいたい、と頼む里長。もちろん最初からそのつもりです。
 主人公が正式なリーダーに。そして湖の砦が拠点になることが、正式に決定。やったね。これでどんどん仲間を増やしていける。
 外に出ると、ニドが仲間になりたいと言ってきてくれました。
 うわい。

 拠点に戻ってみると、生産で薬草が増えてました。
 ニドの工房ですね。薬草が足りなくなったら作ってもらおう。
 そして拠点メニューに、新たにダンジョンが追加されてました。何かと思ったら、魔物をおびきよせる迷宮を作って、魔物を討伐し、アイテムを手に入れようというメニューらしい。いいね。
 地の迷宮は500P。炎の迷宮は1000P。
 料金を追加すると、グレードがアップするということで。
 さっそく地の迷宮500P+100Pで作成してもらいました。
 黒モモ肉を2つ手に入れ、お金も950Pゲット。
 やったね。充分、元は取れた。

 さ、ラロスの森へ。
 現在はLv9ですが、朱キ斧の拳法家たち、けっこう強いです。
 森の奥へ進むと、頭上からフェザートライブ登場。おお、可愛い。
 口笛を吹く間もなく去っちゃいました。次回に持ち越し。

 オロスク村へ。
 朱キ斧たちがウロウロしてますが、村人は普通に受け入れてる様子。
 デュークにさすがに着替えてとはいえず、村の外に隠れていてもらうことに。戦闘になったら辛いな。一時、お別れです。
 村をひと通り見て回ろうと、まずは宿へ。超個性的な料理人発見。
 肉料理はいらんかねと言う料理人に、ルルサとはまったく逆ですねと囁きあう主人公たち。すると料理人、会話に挟まってきました。
 この料理人、名前はビョルンというらしい。おお、仲間フラグですね。
 朱キ斧について世間話をしてくれました。
 どうやら村人が何人かいなくなっていて、村長まで消えたらしい。

 ラロスの森へ戻って村人&朱キ斧を探すことに。
 と、そこに先ほどのフェザートライブ登場。すかさず口笛を。
 メアメイとお友達になれました。
 寄り道かもしれないと思ったけど、ちゃんとこれが本筋らしい。メアメイの家に人間たちがいるということで。
 メアメイの家にいたのはノデリ。鍛冶屋をやっているらしい。
 鍛冶屋! やったねー。早く仲間にならないかな。と思っていたら、あっさりノデリから拠点に住まわせてくれないかなと言ってくれました。わーい。
 ついでにメアメイも仲間にならないかなーと期待してたら、メアメイはフェザードライブの仲間のところに戻って玩らしい。ちっ。

 山道へ行くと、1人、戦っている男を発見。トンファーを見ただけでときめいたのは私だけでしょうか。仲間にならんかなーと思っていたら、何とこの男、村長らしい。強いよ。
 そしてあっさり仲間になってくれました。名前:ボールドン。
 今回は石版がいつ出てくるのかなー。

幻想水滸伝 紡がれし百年の時3

 シュラート到着。
 町長は不在だということで、街中をグルリと回ってから庁舎へ。
 雑貨屋で仲間になりそうな名前付のキャラを発見しました。今回はキャラごとに友好度があるようだし、何回か通ったら仲間になったりとか、あるのかなー。
 ま、ひとまず町長に謁見。
 イリアの父親だそうです。
 百年目の怪物が現れたよ、とお知らせしますが町長はそれを隠せと指示。アイオニアは絶対に介入してくるだろうから、そうならないために隠せと。
 ……隠してる間に何とかできればいいけど、隠したことによって余計に被害が広がりませんか、町長?
 と思っている間にアイオニア軍人が乱入。いつの間にか百年目の怪物が現れたということはアイオニアまで伝わっていて、そいつと戦って勝った人物を捜しているらしい。情報早いな。
 町長室に乱入してきたのはデューカス。
 主人公たち、反発せずに素直に従ってアイオニアへ。
 今回はアニメ挿入がかなり多いですね。
 アイオニアで聖皇と謁見。将軍たちとも顔合わせ。蒼閃流の直系の使い手がいて、手合わせしてもらうことに。いきなり将軍と戦うのは無理すぎませんかと思いましたが、負けても大丈夫でした。
 ……一撃で600とかいうダメージくらいましたよ。
 帰り道、シュラートが怪物に襲われたという情報が。送ってくれる予定のデューカスもそちらに出撃。帰ってくるまで待っててくれと言われますが、嫌ですよ。忠告無視してシュラートへ。
 テラスファルマと言われる怪物たちと遭遇。
 経験値が少ないなぁ。
 デューカス発見。アイオニア軍と何かやってる……? と思ったら、相対してる人物は敵らしい。その人物たちが怪物たちを呼び出してるとか何とか。どうやってさ。
 緑色の装置から魔物出現。
 戦闘後に町長登場。悪役だ、悪役(笑)
 怪物たちを呼び出しているのは町長でした。まさか主人公たちを無事で帰すとはね、とか、まるで殺されれば良かったのに的な言い方。
 我らは『朱キ斧』! と高らかに名乗る町長。恥ずかしいから。
 アイオニアを倒す機会を虎視眈々と狙っていたようです。
 怪物たちを次々と召喚してアイオニアへ向かわせる町長:アーロン。
 と、そこにアイオニアの将軍たち登場。なんと1人は城を船のように動かしながら登場。
 なんかカッコいいぞ。
 アーロンたちが去ったあと、シュラートは悲惨な状態に。
 ミュラが、ここに時代樹を植えられないかなと言いますが……なるべくそれ、使いたくないんだよね。
 肯定と否定の選択肢が出たので、「むりだよ」を選択。
 50年前に一度焼き払われてるから、100年前に時代樹を植えても無理だ、と説明する主人公。なるほど。
 ニドさん登場。雑貨屋の彼です。
 薬草が足りないんだとイリアに相談しますが、彼女が持つ薬草も限られていて、材料ももう底をつきそうだと。昔は薬草が生えてたルシル平原に行ってみようということになりました。
 デューカスが仲間に! やったね。
 友好度を見てみると、デューカスとミュラの仲が最悪のようで笑った。出会った時期は主人公と一緒なのに、何、その嫌いっぷり。

 近作は連携設定で仲間との協力攻撃を設定できるんですね。
 主人公+ミュラ+イリア=テルベの里魂

 一度拠点に戻って回復。
 拠点に戻った時点でHPは回復するらしい。
 厨房で食事。ストーリー進めれば風呂もできるのかな。
 いざルシル平原へ。
 薬草どころか雑草も生えてない荒地。
 100年ほど前に牙ウサギが荒らしていったらしい。

 という話を聞いた瞬間、ミュラが「時代樹だ!」と叫びました。
 あーあーあー。なんか苦手だ、ミュラ。
 過去を書き換える手を最初に持ってくるんじゃなく、まずは他の手を探してからにしましょうよと思います。
 選択肢で否定系を選びましたが、結構強引に説得されて、時代樹へ行くことに。うーん。

 時代樹は朝じゃないと使えないようなので、厨房で一日過ごして、時代樹へ。トルワドと再会です。こいつ、毎日ここに来てるんじゃないのか。
 魔術師ロルフを紹介してくれました。今度はミュラが伝承される番か。と思ったらそれはまだのようで、ルシル平原に薬草の種を沢山蒔いて欲しいとお願いしました。ついでにこれを植えて欲しい、と時代樹の苗木を渡す主人公。
 馬鹿かお前! と思わず画面前で罵りました。
 でもそれがあれば主人公たちも100年前のルシル平原へ行けるようになる、と。
 ……うーん。
 でもなぁ。やっぱりこの調子で時代樹が沢山増えていったら、どこかでひずみというか、別の問題が起こりそうな気がするんだけれども。

 砦を歩き回ってみると、ぽつぽつと人が増えてる感じ。
 ゲレルさんに会いました。てっきり戦闘人かと思ったけど、料理人らしい。仲間を連れてくれば料理を教えてくれるらしい。やったね。これで野菜スープとはおさらばだ。……ゲレルも野菜専門らしい。いいけどさ。
 地損星 技 伝承
 料理  森のサラダ
 おお~。

 さ、現代のルシル平原へ。
 湖に近いところで時代樹発見。また苗木発見。
 100年前に行くと、ロルフが待っててくれました。可愛らしい獣が薬使いらしい。名前はムーイー。
 牙ウサギを倒すため、ロルフとムーイーが、一時的にではありますが仲間に入ってくれました。二人ともレベルは50。やったね。

 ……牙うさぎ、かわいくない。

幻想水滸伝 紡がれし百年の時2

 トルワドさんのレベルは50。
 強いですね。
 砦の外にでて、実戦で技を伝承。

 伝承システム、いいですね。ディスガイアみたい。
 結構簡単に技を覚えることができました。
 さっそく現代へ。寄り道してからですが。

 百年後に戻ったら砦が復活。砦が朽ち果てないようにトルワドが何か手を打ってくれたらしい。
 そんなところにルルサさんが登場。
 砦の厨房を預かっているらしい。
 ……そんなところにまで影響を及ぼすのか。
 砦にはジーノの工房まであるとか。いいな。工房に行ったら火炎の魔石を30個手に入れました。いいのか、勝手に。
 厨房に寄ったら回復してくれました。やったね。今度からは厨房を使えばいいのか。

 里へ行くと、全滅。ジーノ、死亡。
 ……まさか亡くならないよなと思っていただけに、ちょっと憂鬱。
 かと思っていたら時代樹で過去に遡り、変えればいいじゃないかというゼフォン登場。いや、それはまぁ、そうなんだけど。なんかすごく抵抗があるんですけど?
 とはいえ手段はそれしかなく、100年前へ。
 100年目の怪物は時代樹が嫌いらしいから、里に時代樹を植えれば近づいてこないよねという考え方で、100年前の里に時代樹を植えようと逸る主人公たち。
 砦から出たところで自分の時代に戻されてしまいました。
 どうやら、時代樹から離れすぎると元の世界に戻されてしまうらしい。
 トルワドさんに植樹をお願いし、主人公たちは元の時代へ。
 なんと、テルベの里が復活。何事もなかったかのように里の皆も元気。
 けれどもやはり矛盾はあるようで。
 ゼフォンが100万世界の話をしてくれました。
 善デスと被る~。

 里の復活を見届けたゼフォンは、意味深なことを言いながら里を離れていきました。敵になんてならないよね。いつか過去を変えたことのしっぺ返しがどかんと来そうで嫌だな。
 
 里の時代樹の苗木をゲット。
 ……この苗木をまた100年前に植えたら、100年後の現代で、また時代樹が育って、そしてまた苗木が取れて……という循環にならないだろうか。

 頭領が帰ってきました。
 主人公たちを周囲の村へ派遣する判断をする頭領。
 イリアが仲間になりましたv
 ようやく、1人目の仲間。ちゃんと戦闘パーティです。薬使いらしい。
 ちょっと疲れた。

幻想水滸伝 紡がれし百年の時1

 久しぶりの幻想水滸伝です。
 最終の記憶は5を1回クリアしたっきりですかね。
 主人公の名前をヒスイにして。

 アニメシーンではいきなりのボス戦。
 百年後の「僕にも剣教えてよ!」という子ども主人公が可愛い。

 場面は移って、村の外へ修行に来た主人公たち。姉弟、ミュラとジーノが最初の仲間のもよう。チュートリアル的な戦闘を終えて、村へ。
 頭領たちがちょうど出かけるところでした。
 聖皇国アイオニアへの対策を、近隣の村長たちと練るために出かけるのだとか。イリアという女性も伴ってましたが、仲間になるかな。

 今回は村の中を自分で走り回って買い物とかするんじゃなく、選択式のようです。ジーノは戦闘要員じゃなくって、後方支援らしい。同行者の括りになってました。
 百年前に怪物を倒した英雄トルワド。主人公はそのトルワドの子孫らしい。
 村の中をひと通り巡って、最後に生家へ。ルルサというおばさんが出迎えてくれました。

 一晩眠ったところにアイオニアの兵士たちが村に向かっているとの情報が。
 ・頭領に知らせよう!
 ・話をつけに行こう!
 の選択肢。

 ……ま、無難に、頭領に知らせに行きますかね。と思ったら無理だと怒鳴られました。結局、途中で鉢合わせするので、そこで話をつけることに。
 フィールドもマップ移動。
 湘南の谷と湖の遺跡が追加。湘南の谷に行けと言われてましたが、遺跡に行ってみよう。寄り道大好き。
 中に入ると自由行動。……主人公キャラが大きすぎて道幅いっぱいな感じ。もう少し遠目で見れるようになればよかったのに。距離感がつかめませぬ。
 敵キャラがいたので、しばしレベル上げに没頭。
 なんだかこの遺跡が今回の拠点になりそうな予感。
 ……MAPから入るときはいいけど、MAPに出ることはできないんですね。
 移動できません、といわれました。
 HPがなくなってきたからこそMAPに戻りたかったのに。いいけど。
 東方街道への道ができました。
 そして村に戻って宿屋的な何かで回復したいなーと思ったんですが、ありませんでした。マジですか。薬を多めに勝って、さぁ街道に向かいますか。

 ところで全然関係ないこと。
 私は頻繁にセーブする方なんですが、ついつい文字を読まないで○ボタンを押す傾向があるようで。今回も数回、そうやってセーブしてたら、実はそれ、すべてNewDateのセーブだったらしく。あっという間に似たようなセーブデータがいくつもできてました。
 やりにくいなぁ。上書きでいいのに。

 東方街道へ。デューカス隊長なる男が責任者。
 ヒスイにとっちゃ母の仇だけど、敵側にも被害が出てるからお互い様にしないかと持ちかけてくるデューカス。
 選択肢。
 ・納得できません。
 ・わかっています。
 ここは「分かっています」で。戦争だったら仕方ないという考えで。

 頭領がいないから帰れという言葉に、デューカスは信じたのか何か分かりませんが、あっさり帰ってくれました。と思ってたら「変な気配がする」と、主人公。
 騙されたのかと思いましたが、視線の先には魔物。
 こいつらが百年目の怪物だと言う主人公たちですが……それにしては迫力ないし。まぁいいか。
 劣勢になった主人公達は遺跡へ。魔物たちも当然追ってきますが、何かの結界に阻まれたかのように足止め。
 花をつけない樹に花が。そしてその下から謎の青年:ゼフォン登場。

 アニメ挿入。
 時間を遡ったとか。
 主人公が触ったのは時代樹。時間を越えて枝葉を伸ばす樹。
 現在は100年前の湖の遺跡にいるもよう。
 外へ。
 トルワドと遭遇。同じ顔だねぇ。
 主人公たちから話を聞いて、何と、百年後の世界へ俺を連れて行ってくれないかとお願いするトルワド。そうきたか。
 選択肢
 ・いいんですか・・・?
 ・お願いします!
 と出てきましたが、トルワドを連れて帰って、もしも倒されたりなんかしたら、主人公は生まれませんよ……?

 うーむ。
 「いいんですか・・・?」にしときます。
 お願いしますだと全面的に頼ってる気がしますし。自分でやれよって話ですしね。
 ゼフォンを通じて100年後に戻りますが、トルワドさん消失。
 過去の人や物は現代に連れて帰れないらしい。先に言え。
 ということで、再び100年前に戻り、トルワドから剣を教わることにした主人公。こうやって過去と未来を行き来しながら進めてくことになるのかなー。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ