記事一覧

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 029

 美味しいところを持っていく3人。
 目覚めた絶望の残党たちはこの島に残ることを選択したらしい。
 やっぱり、ゲーム内で死んだ仲間たちの意識は戻らずに眠ったままになったもよう。

 ……未来機関の3人を前から見ますが、全然成長してない気がしますよ……?

 未来の前の日、と副題がつけられたエピローグ。

 ……エンディングが終わったあとにモノクマから告白されました。
 笑った。

 さぁ、本編クリアで解放されたのは。
 ・アイランドモード
 ・ノベル
 以上の2つですね。

 通信簿埋めも兼ねて、遊ぼう。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 028

 裁判場に集まったみんな。
 ようやくバグのちらつきがなくなって、目にストレスかけなくて良くなったv

 卒業試験が始まる――といってもルールは「卒業」か「留年」のどちらかを選んで押せばいいだけのようです。
 多数決で、多かった方が最終決定とみなされるらしい。

 何を学級裁判する必要があるんだと思いましたが、外の世界のこととか、この世界のこととか、そういう謎を学級裁判形式で

明らかにするらしい。なるほどね。

●この世界の正体――プログラム

 実際のジャバウォック島をモチーフにして作られたプログラムの世界。
 皆は現実世界の本体から『ある物』を取り除かれた上に再構築されたアバター。
 選択肢「学園生活の記憶」

 入学前の記憶から作られたアバター。

●信じるしかないのか?
 弾丸「被験者リスト」
 賛同するセリフ「過ごしてる」

 大人っぽい西園寺が写っている新聞を見つけた、と話す日向。
 もし単なる記憶喪失だけだったとしたら、体が急成長したように感じるはずだけど、どうしてお互いに誰も気づかなかったの

か?
 学園生活の記憶を失ってるなら初対面なんだから気づかないだろう、と反論する左右田。

●昔からの知り合いはいた?
 人物指名「九頭龍冬彦」

 皆さん、渋々ながらも自分がアバターだということを受け入れ始めました。

 あ……また目に悪そうな背景になりました。
 開発途中って感じの。

 ここがゲーム世界なら殺された人たちもゲームの中での出来事ってことになる、と九頭龍がちょっと喜びました。
 うん、そうだよね。
 が、そう甘くはなく。
 嘘でもリアルな嘘なら現実世界の体はリアルだと信じてしまう――つまり現実世界の脳も「死んだ」と思い込んで活動を停止

する、とのこと。肉体は生きてるらしいが……それって、どうにかならんのかね。電気ショックを与えたりして。

 このプログラムを作ったのは未来機関だからね、と言うことで未来機関を敵視させるように誘導するモノクマ。
 なんってあざといんだろう。

●未来機関が俺たちの敵?
 弾丸「新世界プログラム」
 論破するセリフ「コロシアイのゲーム」

 本来の世界には暴力という概念は存在しない。
 プログラムに侵入したウイルスが殺し合いを強要した。
 そのウイルスは――もちろんモノクマ。

●モノミの役割
 選択肢「監視者」

 モノミはNPCだった、とのこと。ふむ。
 そしてもう一人の監視者は「七海千秋」。
 それじゃあ七海もNPCだったのか!? と衝撃を受ける皆。
 てか、私も。その考え方はなかった。
 てっきり普通に未来機関の人間として外から中に入ってきて監視者の役目を与えられた人物かと思っていたのに。
 でもモノクマが否定しないし――七海もNPCだったのか……。

 そりゃすごいね……。

 話は未来機関のことに。
 モノクマは前から未来機関のことを「世界の破壊者」と呼んでいるけど、その理由は……?

 どうやらメインキャストが来たようです。
「何が世界の破壊者だよ」と声が先に登場し。
 わーい、誠が登場です。
 狛枝だったらどうしようかと思ってたけど、でも本当の誠が登場~。
 希望ヶ峰学園の卒業生で、未来機関に所属している、と明かしてくれました。

 が。
 なんだか全員を警戒しているようです。
 助けてくれ、と縋りつく左右田にもちろんだ、とは言ってくれますが、その前に自分たちが置かれた状況をしっかりと理解し

なくちゃダメだ、と厳しいお言葉。

 新世界プログラムは別名“希望更生プログラム”と呼ばれているらしい。
 そこまで言えばわかるだろう。
 自分たちの“本当の正体”がさ……。

 と思わせぶりですが……更生とつくぐらいだから犯罪者――てか、この場合の犯罪者って、絶望の残党しかいないじゃん。
 ……マジか? そうなのか?

●ロジカルダイブ

1:15人の生き残りとは誰か?→日向たち
2:絶望の残党とは誰か?→日向たち
3:日向たちが新世界プログラムにかけられた理由は?→絶望から更生

 ……絶望の残党=日向たち、ということで決定のようです。
 誠にビシリと指を突き付けられました。

 うーん……でも学園生活の記憶を失った日向たちは超高校級の絶望たちに関係なさそうだったから、学園生活でそうなった、

ってことなのかな。

 そんな信じられないような事実を知ったからこそ、狛枝はあんなことをしてしまったんだろうね、と、誠。
 ……なるほどね。

●真実を知った狛枝は日向たちをどうしようとしたのか?
 閃きアナグラム――ミナゴロシ

 裏切り者以外の全員を殺すこと。

 やはり何かの間違いなんじゃないのか、と口ぐちに言う皆。
 どうやら、超高校級の絶望に染まったのは、希望ヶ峰学園での“彼女”との接触が原因らしい。
 彼女って、1人しかいないじゃないですか。江ノ島盾子。
 江ノ島から悪影響を受けて堕ちたらしい。
 そして、その影響を取り除くために希望更生プログラムにかけられている。

 外の世界にいる本体は家族すら平気で破壊する、という誠に、やはり信じない皆。
 ここで船の中の記憶がフラッシュバック。
「狛枝のヴィジョン」を記録。
 つまりあの船の中で狛枝と話していた人物は日向だった、と……?

●自分のしたことと向き合う
 弾丸「狛枝のヴィジョン」
 賛同するセリフ「自分の体さえ破壊」

 船の中の狛枝は、自分の腕を切断し、そこに江ノ島の腕を移植。
 彼女と一体化することで、自分の中で彼女を生かそうと考えた。
 変態思考ですね。

 他にも超高校級の絶望がしたことを色々話す誠ですが、聞くに堪えない……。
 外の世界に絶望しますが、救うためにこのプログラムはあるんだ、という誠。
 悪影響を受けた学園生活の記憶を消し去り、代わりに疑似生活の中で得た記憶を外の体に植え付ける。
 そうして絶望の残党ではなくなった日向たちは未来機関に処分されることもなく卒業できる。
 ……人権……って言ってもこの世界じゃもう関係ないですか、そうですか。

 この世界で死んだ人たちは? という九頭龍に、疑似生活をしたアバターが消滅している以上はどうしようもない、と答える

誠。目覚めません。

 卒業を選ぶと、ゲーム内の記憶のみが引き継がれ、奪われていた学園生活の記憶は完全に消滅。
 死んだ人は目覚めない。
 卒業を選ばない場合は、このまま南国生活を続けてもらうだけだ、と。

 迷う皆。
 モノクマさえいなければこの生活も脅かされなくて良かったんだけど……。

 どうしてモノクマは止めようとしないんだ?
 このまま日向たちがこの世界から出るのを、黙って見過ごす気なのか?
 だったら、モノクマがやってきたことだって無駄ってことになる?
 それに、本当に誠を信用してもいいのか。

●外に出るべきなのか、出ないのか。
 モノクマの思惑を知るために「出ない」を選択。
 きっと何かあるはず。普通は「出る」を選択するもんね。

 おかしいと思わないのか? と皆に訴えたら、おかしいってなんだよ、と誠に真剣に怒られました。
「キミたちみたいな“超高校級の絶望”なんて、本来なら見捨てられて然るべき人間なんだぞ。
 それを救ってやろうって言ってるんだ!
 未来機関の懐の深さに感謝するべきじゃないのか!」
 という超上から目線の発言が。
 これ、本当に誠……? 外見が前作の誠だけに、超違和感があるんですけど……。

 弾丸「苗木誠へのメール」
 論破するセリフ「逆らえない」

 メールでは未来機関に逆らって、絶望の残党を庇ったことになっていた。
 誠の発言は矛盾している。
 論破する日向、カッコいいです。

 お前は誰なんだ!
 指差すとモノクマが超動揺。こいつ、超分かり易い。

●パニックトークアクション――「1」「10」「3」「7」
 あんな数字、いきなり暗証できるわけないじゃないですか!
 間違えまくりですよ! もう。

 お前が誠ならパスワードを11037にしたのか。
 あれ……日向、パスワードの意味に気づいてる……?
 私はまだ分からないんですけど……。

 追い詰められた誠はバレタ、と言って消えました……。
 モノクマの自作自演らしい。このやろう。

 今の偽物は日向たちを外に出そうとしていた。
 それがモノクマの目的?
 このゲームはもう終わりだというと、変身すらしてないのに終われるわけないじゃん、と……変身って、なんだよ(笑
 また冗談かと思っていたら本当に変身しだしました。
 ……江ノ島?

 選択肢「江ノ島盾子」

 人工知能で生き返ったというお話です。
 生前にあらかじめ作っておいたらしい。
 そして、そんな人工知能江ノ島を『誰か』がこの新世界プログラムへと繋ぎ、見事に復活を果たした、と。
 ……アルターエゴではあるけれど、もしかしてこれの記憶も、外の誰かに上書きとかしたら、そいつの人格は江ノ島になるん

だろうか……? それとも人工知能は上書きできない?

 彼女は卒業プログラムを改ざんしたようです。
 卒業条件を変更し、死んだ仲間が死んだままなのは普通すぎるので、死んだみんなは生き返ることにした! と。
 ……え、それって凄くないですか?
 絶望どころか希望ですよ。だからこそ罠だろうな、と思う訳ですが。
 九頭龍が飛びつきました。

●卒業プログラムの改ざんにかかった時間
 選択肢「ジャバウォック公園」

 と思ったら、あら? 見事に不正解! と江ノ島に喜ばれました。
 なんだそれ。
 あの公園にあったタイマーは何でもないものだったようです。ダミー。引っかけのためだけに置いた、と。
 な、なんか凄く腹が立つ……。

 詳しい原理なんて関係ない、卒業するかしないか、決めろ、と。
 絶対罠だ。罠だ。
 九頭龍が、皆が生き返るならどうでもいい! と強引に江ノ島に同意して皆もそれに感染。
 江ノ島が「それでこそ装置に相応しい」と高笑い。
 装置って、なんだ。それが罠か。

 ……あえて、押さないを選択。
 ……左右田に怒られてやり直しil||li ○| ̄|_ il||l

 でも『留年』を押してみました。
 ……今度はオワリにまで怒られました。

 ……結局、『卒業』を選ばされました……これ以上の絶望に陥る気がするんだけど……。

 ――誠が反論してきました。
 どこにいたんだお前(喜

 それは江ノ島盾子の罠なんだ、と割り込んできます。
 今度こそ本当だよな!?

「ボクは苗木誠……未来機関の苗木誠だ!」

 わーいわーい、今度こそ本物ー♪
 ここに入ってきた以上は誠も江ノ島の生徒で管理下に置かれることになるようですが、誠は承知の上だ、と啖呵きりました。

かっこいいねー。

 死んだみんなが生き返るなんてウソだ!
 と、いきなり反感買う発言を……。

 江ノ島の目的は、希望更生プログラムを絶望再生プログラムに変えること。
 今回のようなアバター消滅など予想外だったから、江ノ島に付け入る隙を与えた。
 江ノ島は自分のアルターエゴを、消滅したみんなのアバターの代わりに、その肉体に上書きしようとしている。

 ……ってことは、やっぱりさっき思った通りか。
 江ノ島に乗っ取られるってことですね。

 どうやら彼女の最終目的は、人類総江ノ島化計画。
 全人類を江ノ島の人格で上書きするつもりか。

 ならなぜ日向たち全員を殺さなかったのか。
 全員を殺していた方が計画はやり易かったはずなのに。
 ――江ノ島にはそれができない理由があったから、みんなにコロシアイをさせた。

●選択肢「修学旅行のルール」

 ウサミの権限を乗っ取った江ノ島は修学旅行のルールに従わざるを得なかった。
 ルールその4に、干渉することはありません、とありましたからね。
 ルール追加の権限はあったが、ルール削除の権限はなかったらしい。良かった。

●選択肢「予備学科」

 後追い自殺したってやつでしたっけ?

 卒業を選んだら江ノ島を外に解放することになる。
 だからこそ卒業は選べない。
 が、選ばないと日向たちも現実に戻れない。

 絶望する皆に、ここはやっぱり誠クン。
「諦めちゃダメだ!」
 と力強く鼓舞してくれました。

 みんながここから出られて、江ノ島だけを出さずに済む方法があると言います。
 ――強制シャットダウンですよね。

 笑い飛ばそうとする江ノ島。
 どうやら江ノ島すら知らない方法らしい。

●選択肢「強制シャットダウン」

 誠が仕掛けておいた、一種の裏ワザ。
 そもそもこのプログラムが完璧だと思っていたわけじゃないから、強制シャットダウンを用意していた。

 ここで江ノ島が水を差しました。
「残念なお知らせです。
 あなた方に強制シャットダウンは使えません」
 と。
 あららら。強制シャットダウンを知ってたようです。誠も驚いてます。

 選択肢「人数が足りてないから」

 江ノ島が知っている情報では、強制シャットダウンを発動させるにはプログラムの定員である15名の“過半数”が『卒業』

と『留年』を同時に押さなければならない。

 だからモノクマが「人数も丁度いいしね」と話してたんですね。

 その条件はもちろん誠も知ってるはず。
 てか、言ってたもんね、その条件はなんとかする、って。
 さて。分裂でもするんだろうか、と思っていたら。
「彼らなら、きっと来てくれるはずだって信じてる!」
 と。
 誰のことだよ……と思っていたら。
 おおお、霧切、十神が来てくれました。不覚にも感動した。
 朝日奈とジェノサイダー翔も来てくれないかな……まぁ、二人だけでも過半数越えはするからいいんだが。


 日向がふとした疑問を。
 ここで強制シャットダウンをしたら、俺たちはどうなる?
 プログラム上にあるすべてが消去される。
 江ノ島も、アバター全員も。
 つまり、記憶は上書きされずに消えるため、プログラムに入る前の状態に戻る。

●選択肢「超高校級の絶望に戻る」

 戻っても誠たちが精いっぱいサポートしてくれるようですので、命の危険については問題ないと思います。
 けれども。
 ここで過ごした記憶も消去されるから、誰の記憶にも残らない。

 なぜ自分たちが超高校級の絶望なんかになったんだ? という左右田に、誠が同じことを皆に聞いたけど誰も答えてくれなか

った、と悲しそうな顔。

 江ノ島に吹き込まれたとしか思えませんがね。
 そして江ノ島は、このコロシアイ修学旅行には「ある人物をおびき寄せる」目的もあったらしい。

●ロジカルダイブ

1:おびき寄せたかった相手は?→未来機関
2:エサとしたのは?→コロシアイ
3:江ノ島は何を使った?→監視カメラ

 以前のコロシアイ学園生活では監視カメラを使って全世界に放送していた。
 それと同じように、今回も監視カメラを使って生中継をしていた。
 そうすれば未来機関、誠たちが気づいてこの世界にやってくるはず。それが目的。
 強制シャットダウンできなかったら未来機関はこの世界に閉じ込められるから。

 ――でも全員が卒業を選んだら卒業できるんだよな……?

 選択肢「教師役の最終決定」が必要ではありますが、ほとんど無意味だと、言ってたし……。
 あれ? それを言ったのはモノクマだっけ? 騙された?

 多数決の後にモノクマが1人1人に対して、卒業しても大丈夫かを判断――やっぱモノクマから聞いてたことだったか。
 でもまぁ、強制シャットダウンを成功させればいいんだよな……?

 オマエラを絶望させるのはこの後に来る黒幕さんなんです、と言う江ノ島。
 あ、そういえばその存在を忘れていた。
 江ノ島をこのプログラムに感染させた人物。

 ……ビャクヤが久々に動揺してます(笑

 カムクライズルの登場です♪
 誰だっけ。
 事件を扇動した奴じゃなかったっけ。
 マンガの表紙、と選択したら普通にダメージ食らいました。違ったっけ。

●選択肢「学園の創立者」

 職員室に飾られてたあの肖像画ですね。
 「神座出流」
 かむくら いずる。
 ――読めないよ!!

 ありとあらゆる才能を極めた人物、とのこと。

「そうだよね、日向クン!」

 って、え。あれ。え、そういうこと?
 誠たちももちろん知りません。

 日向は予備学科の人間。そんな日向がカムクラだからこそ、この話は絶望的なんだよねー、と。
 いやいや、話が繋がってないから。
 だってカムクライズルは創始者なんだろう?
 肖像画だっておじいちゃんだったし。
 もし日向が本当にカムクラだったら、絶望の残党として誠たちに捕獲されたとき、さすがに変だと思うだろう。

●カムクライズル……?
 弾丸「希望育成計画」
 賛同するセリフ「作られた希望」

 作られた希望……ああ……なるほど……。
 完璧な天才を自分たちで作りだそうという計画ですね。
 作り出すってことはすなわち才能のない人間ではないといけないから、そこで目をつけられた日向が才能を植え付けられたと

か、そういうことか。

 日向はカムクラに作りかえられたらしい。

 脳内に直接干渉した、と。
 才能の獲得に邪魔な感覚や感情や思考や思想や趣味はすべて取り除かれ、それまでの過去の記憶の一切も、記憶の奥底に眠ら

されてしまっている。
 ひどい話だ。

 江ノ島を新世界プログラムに侵入させたのは、その日向らしい。

●助かる方法
 選択肢「卒業を選ぶ」

 卒業を選べば今の日向が上書きされるので、カムクライズルは消えるから。
 日向にとってはベストなんですが、そうしたら江ノ島が現実世界に出てきてしまうし。

●どっちが希望で絶望なのか
 ――あれ。1回逃したら終わりってことか……? でも話は進みました。
 見送りか。

 舞台を南国に移して学級裁判――なんで死んだ皆がいるんだよ。
 精神崩壊中のもよう。

 虚無を当てると最後に七海が別のセリフ喋ってくれます。

 弾丸「ゲームなんかじゃない」
 論破するセリフ「永遠に続く楽園のゲーム」

 不思議な空間で七海と邂逅。
 励まされました。

 弾丸「未来だって創れる」

 最後の七海のセリフをコピーしたら、あとは日向のすべての発言に当てていくだけ。
 一度弾丸をコピーしたら、そのままバンバンと当てていけるようです。

 次は……△ボタンを連打で目覚めたのはいいけど、次のコトダマをためる動作が分からなかった;
 △ボタンを押せばいいようです。
 たまったら勝手に発動してくれました。

 髪が白くなって、体に電流纏って(笑
 日向クンの復活です。

 いきなり反論が入り。
 とりあえず、斬数が無限になってるので片っ端から切っていけばOK。

 続いてパニックトークアクション。
 ここで弾数が無限になってるので片っ端から撃っていけばOK。
●「それ」「は」「違う」「ぞ!」

 強制シャットダウンをしよう、と呼びかける日向。
 皆で賛同してくれました。
 強制シャットダウン――お? なんとモノミが復活。
 巨大な江ノ島を倒しました。

 チャプター6、終了。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 027

 誰主観だ。
 船の中で揺れながらどこかへ行ってるらしく。
 相部屋は狛枝。
 こいつ、島に着く前からの記憶を持ってるのか?
 ていうか、この???が黒幕なんでしょうか。つまらないつまらないと、ネガティブ野郎ですね。

 視点が日向に変わりました。
 一番最初の教室みたいです。

 記憶を掘り起こす日向。

 皆と一緒に“あの遺跡”に入って。
 裁判所のような場所にたどり着いて。

 チャイムが流れ、校内放送。なんとモノクマ。
 ――卒業試験についての説明を行うとかなんとか。
 体育館に来いとのこと。

 廊下に出てみると、もう、前作のままのMAP。
 バグっているので体育館へ直行です。
 扉の向こうには生き残りの皆がいました。なんか体育館にコイツラがいると違和感だな。

 ここの希望ヶ峰学園だと信じない皆。

 モノクマは、遺跡の扉と遺跡の中の“間”に、この希望ヶ峰学園を“作った”と言います。
 やっぱりパソコン的な感じ?

 卒業試験ってのは一体なんだ、とまずはそこに焦点を。
 外の社会を知って貰った上で、自分たちの進路を決定して貰おうと思ってる、と言うモノクマ。
 その情報は校舎内にちりばめたらしい。
 取りに行けと、そういうことですか。

 そしてなぜこの場面で単独行動を始めるんだオマエラは。

 ――捜査開始。

 体育館左側でカクレモノクマ発見。
 体育館から出たらいきなり5階に飛ばされました。

 武道場に入れたので入ってみると、床に本が落ちてます。
『マンガでわかる希望ヶ峰学園の歴史』
 あざといっつーの。
 案の定『人類史上最大最悪の絶望的事件』についての詳細は語られていませんでした。
 あんまり引っ張ると面倒くさくなってどうでもよくなる。
「予備学科について」を記録。

 ……ちょっとまて。コトダマをゲットってことは、また裁判があるってことか……?

 5-Aの教室へ。
 机の上に置いてある本を確認。
『マンガでわかる希望ヶ峰学園史上最大最悪の事件』
 もうこのシリーズセットで図書室にでも置いておけよ、と思った。

 事件の中心人物は“カムクライズル”という名の生徒。
 学園が総力を挙げて育成した、学園の象徴ともいうべき天才のこと。
 あらゆる才能を身に着けた、天才の中の天才だったらしい。
 そんな彼が恐ろしい事件を引き起こした。
 学園のエリートばかりで構成される生徒会13人を惨殺。
 しかし学園側は優れた才能を持つカムクラを守ろうと、その事件を隠ぺい。
 その一方で、その事件を利用しようとする“ある生徒”が暗躍を始めていた。
 予備学科の生徒たちを焚き付け、一斉蜂起させた。
 それが、希望ヶ峰学園の崩壊の序曲となった、とのこと。
「希望ヶ峰学園史上最大最悪の事件」を記録。

 次は生物室へ。さっきはバグで入れなかったのに。
 床に落ちている本をチェック。
『マンガでわかる人類史上最大最悪の絶望的事件』
 原作がモノクマって;
 表紙がめちゃ怖いです。

 希望ヶ峰学園史上最大最悪の事件に端を発した予備学科の一斉蜂起は炎上し。
 人種や民族を超えたコミュニティーへと発展した。
 そしていつしか目的は忘れ去られて手段だけが残り、破壊と暴力が蔓延。
 やがて各地でテロやクーデーターが勃発。戦争へとつながっていく。
 扇動したのは希望ヶ峰学園の生徒、超高校級の絶望。彼らは率先して世界を絶望に誘導した。

 モノクマが心配するふりをして様子を伺いにやってきました。
「人類史上最大最悪の絶望的事件」を記録。

 次の部屋は5-B。
 九頭龍に話しかけ、モノクマに話しかけ。
 漫画に飽きたモノクマが超高校級の絶望を口頭で喋ってくれることに。
 超高校級の絶望とは、江ノ島盾子を指す言葉。
 江ノ島の手足となった予備学科の生徒2357人は、すべて集団自殺したらしい。
 ――日向だけを除いて。
「超高校級の絶望」を記録。
「予備学科について」を更新。

 九頭龍に話しかけると、漫画本に江ノ島が死んでいることが書かれているらしい。
 日向はまだ行ってない部屋ですね。
 江ノ島は以前の首謀者で、コロシアイ生活を生き延びた皆に倒されたと教えてくれました。
「超高校級の絶望」を更新。

 外に出ると場面が変わりました。
 4Fかな。学園長室とか音楽室とかがあるところ。
 廊下のオワリに話しかけると、誰かが近づいてきてる気がする、とのこと。
 メインキャストって誰かなー。
 狛枝と一緒に船で島に向かったヤツなんだろうか。誠とかだったらもう「は?」ってレベルだけど。

 音楽室に入ると記念碑。だいぶバグってますが。
『未来機関は人類史上最大最悪の絶望的事件に対抗すべく、希望ヶ峰学園の卒業生を中心に設立された』
 と書いてあります。
 ほう。
 卒業生を中心――ってことは、やっぱり霧切とかビャクヤとか誠とか。
 彼らも出る可能性が高いってことなんだろうか。
「未来機関の成り立ち」を記録。

 奥のホログラムを調査。
『先日も報告した件ですが、希望ヶ峰学園の生き残りを名乗る人物がいたとの情報を入手しました。
 しかも、その後の調査を重ねた結果、その人数は15人まで膨れ上がりました。
 なぜ、このタイミングで、“その人数”なのかという疑問はありますが……
 希望ヶ峰学園の生き残りとなれば、“超高校級の絶望”が彼らを狙う恐れもあります。
 一刻も早く、その身柄を保護する必要があると思われます。
 江ノ島盾子という核を失った連中に、そこまでできるとは思えませんが……
 万が一にも、コロシアイ学園生活のような事態を繰り返させてはいけません。
 それに、希望ヶ峰学園の生き残りとなれば、我らの貴重な戦力として期待できるはずです。
 ただ……現時点では彼らの素性の詳細は調査中であり、その行方もまだ掴めていません。
 引き続き、彼らの捜索を続行します。
 また、別件ではありますが……
 ジャバウォック島の研究施設から準備が完了したとの報告を受けております。
 “新世界計画”に関しても、じきに実験段階に移行できる模様です』
 というメールの文面が。
「希望ヶ峰学園の生き残り」を記録。
 ……生き残り、という言葉が非常に気になります。
 コロシアイ生活が終了したあとの生き残りじゃなく、単純に事件の後の生き残りってことかな。
 捜索を続行ってことは、15人まとめて未来機関に「生き残りです」的な殴り込みをした訳じゃないですもんね。
 誠たちより何年後の新入生なんだろう、日向たちは。
 すでに未来機関の人たちはモノクマたち超高校級の絶望たちに壊滅状態にさせられてるってことも考えられますよね。

 続いては職員室。
 カクレモノクマをソファの上で発見。
 ここにもホログラム。
『希望ヶ峰学園の生き残りの件は了解した。
 彼らを無事に保護すべく、引き続き全力で捜索にあたって欲しい。
 だが、“絶望の残党”には、くれぐれも注意が必要だ。
 江ノ島盾子を失ったとは言え、彼らが危険であることには変わりない。
 現に、江ノ島盾子の亡き後も、人類史上最大最悪の絶望的事件は終わっていない。
 ひょっとしたら、江ノ島盾子クラスの指導者が残っているのかもしれない。
 やはり、絶望の残党をなんとかしない限りは、この事件を終わらせることはできないようだ。
 よって、絶望の残党は……発見次第、即座に処分しなければならない。
 すべては……輝かしき未来のために……』
 なんか、未来機関も怪しい思考に思えてきました。
 途中まではまともだと思っていたのに……!
 輝かしき未来のためにって、怪しい宗教団体みたい。洗脳しようとしてるのか?
「絶望の残党」を記録。

 黒板にはでっかく『被験者リスト』と書いてます。
 しかも今回の高校生、全員の名前。
 西園寺だけ超別枠だなv
 新聞を見てみると、なんか、じゃっかん大人びた西園寺の写真がありました。
 落ち着いてるからかな? と思ってたら日向が衝撃受けました。やっぱそういう問題じゃないらしい。
 島に来た皆は全員過去の、高校生時代の体型とか記憶ってことか? やっぱパソコンの中生活か?
「被験者リスト」を記録。
 タイムトラベラー説は考えてなかった(笑

 続いて、右上の肖像画をチェック。
「希望ヶ峰学園創立者 神座出流」、と書かれています。
「学園の創立者」を記録。
 俺が知ってる情報と矛盾してないか? って日向が言いますが、なんだっけ。
 創立者の名前なんていちいち覚えていませんよ。
 コトダマに記録されてるかなー? と思って見てみましたが、現時点ではありませんでした。
 ま、先送りで。


 廊下に出ると3Fに飛ばされてました。
 娯楽室へ。
 ……ビリヤードの玉が浮いてるんだけど……。
 さっそくホログラムをチェック。
「先日ご報告した、“希望ヶ峰学園の生き残り”の件ですが。
 遂に、彼らの身柄を保護することに成功しました。
 彼らはバラバラに行動していたようですが、幸運にも15人全員を保護することができました。
 まだ彼らから詳しい話を聞くことができていないため、どのようにして、人類史上最大最悪の絶望的事件を生き延びたかは不

明ですが……中には負傷している者もいるとのことで、過酷な状況下を生き抜いてきたのは確かでしょう。
 詳しい取り調べに関しては、彼らと同年代ということもあり、コロシアイ学園生活を生き延びた“彼ら”に一任することにし

ました。
 また“絶望の残党”についてですが、こちらに関しては有効な手がかりがなく、その消息は依然として掴めておりません。
 引き続き捜索を続行し、発見次第、速やかに処分するものとします。
 すべては希望溢れる未来のために……」
 あああ、彼らってぼかさないでピンポイントで名前を出して欲しいのに。
 しかも取り調べって、なんか嫌な言い方だな。詳しい事情に関しては、みたいな言い方のほうがいいのに。
「絶望の残党」を更新。
「希望ヶ峰学園の生き残り」を更新。

 机の上のファイル――希望ヶ峰学園のマークが入ってます。
「希望育成計画について。
 希望ヶ峰学園は長年にわたって、あらゆる才能を研究し続けてきた。
 その成果を総動員して取り組むのが、希望育成計画である。
 世界に希望をもたらす“真の希望”を、我が学園から産み出すことを目的とした画期的かつ究極的な教育プログラムである。
 この計画は我が学園の創立当初からの悲願でもあり、なんとしてでも成功させなければならない」
 ということで。
 何の才能も持っていない人に、才能をつけることが真の目的ってことか……?
 ってことは、予備学科の日向がその被験者になって、才能をつけられるという実験を行ったとか……?
 いや、むしろ島にいた15人すべてが被験者で、何らかの才能をすでにつけられていた、とかか……?
「希望育成計画」を記録。


 廊下に出ると、今度は2F。
 ってか、上下が逆さま。日向は天井を歩いている状態なんですが、こんなんで扉をくぐれるのか?
 廊下にオワリがいました。
 直ぐ近くに来てる! と教えてくれます。
 敵か味方か、どっちだ? という問いには、どっちもだ、と答えてくれました――どっちだよ。

 図書室へ。
 ホログラム調査。
「未来機関第十四支部 苗木誠へ」
 おおお、来た! 誠の詳細!
「キミたちは今どこで何をやっているんだ?
 わかっているのか?
 キミたちの行為は重大な規則違反なんだぞ。
 どうして、絶望の残党を庇うんだ?
 連中を生かしておくことがどれだけ危険かは、キミたちは身に染みてわかっているはずだ。
 落ち着いてよく考えてみてくれ。
 キミたちは騙されているんだ。
 世界に希望の灯りをともすために何が大事なのか、よく考えるんだ。
 キミたち6人は我々の理念に賛同したからこそ、未来機関に加わったのだろう?
 あの惨劇を生き抜いたキミたちを救い、記憶を取り戻す協力をしたのは未来機関なんだぞ。
 速やかに絶望の残党を“我ら本部”に引き渡すんだ。
 彼らを抹消しない限り、人類史上最大最悪の絶望的事件は終わらない。
 すべては……希望溢れる未来のためなんだ」
 最初、文面から十神が誠個人に宛てたメールかな、と思いましたが違うようです。
 文面は後半にいくにしたがって威圧的な文章に。
 誠たちが絶望の残党を庇って引き渡さない、とありますが、納得です。
 処分する、と断言している人たちに誠たちが引き渡すわけないですよね。
 ようやくコロシアイ生活を生き延びたばかりだったのに、またコロシアイ――というか一方的な殺人を犯させるわけないじゃ

ないですか。
 でも不安だ。
 誠たち、絶望の残党たちに逆にやられなきゃいいんですが――精神崩壊した結果の誠が狛枝、ってオチは頼むからナシにして

欲しいね。……髪色から実はキョウコと誠の子どもってパターンもありかな。いや、ねぇか(笑
「苗木誠へのメール」を記録。
「絶望の残党」を更新。


 2-B……に入ったはずなのに、なぜかコインランドリー。
 自販機の隣にカクレモノクマ発見。
 テーブルの上に雑誌……かと思ったらタブレットPC。
 チヒロか?
 と期待していましたが、画面には「新世界プログラム」との言葉が。
「新世界プログラムとは別名、
 サイコセラピューティック・コミュニケーション・シュミレーターである」
 なっがいよ。
「新世界プログラムは最新型サイコセラピー機器と、その管理プログラムにより構成される。
 新世界プログラムの開発にあたっては、超高校級のプログラマーや超高校級の神経学者、超高校級のセラピストなどをはじめ

とした、多くの希望ヶ峰学園の才能たちの研究結果が活用されている。
 新世界プログラムでは、当該装置を頭部に装着することで、被験者の全員に“共感覚仮想世界”を体感させることが可能とな

っている」
 バーチャルか。最初に想像したとおり、パソコンの中の世界か。
 でも感覚まで与えられるってことは、死んだらどうなるんだろう……。
「また、新世界プログラムのさらなる特徴として、共感覚仮想世界で構築された記憶情報を、現実世界の情報と“置換”するこ

とができ、それにより、仮想世界と現実世界の情報に逆転現象を生じさせることが可能となっている」
 ……?
「ただし、あくまで心理療法のための装置であり、他の用途での使用は固く禁じられている。
 洗脳や人格支配に対する治療に効果的な反面、悪用されれば人格破壊の危険性もあるためだ。
 よって、当プログラムの使用や情報の取り扱いには、細心の注意が必要である」
 認めたくないんだろうなぁ、という日向の反応。
 モノクマが無意味に出てきて無意味に去りました。
「新世界プログラム」を記録。


 廊下に出ると、バグったモノクマ劇場が始まり。
 そしてもうプログラム構築中かウイルスにやられたのか、ってくらい骨組しか残っていない1Fの廊下に。
 MAPに頼りながら1-Bへ。
 中央に浮かんでいる「大きな物体」をチェック。
 チヒロ改めアルターエゴの登場です! いぇい!
 どうやらウイルスの侵入があったようです。
 彼女曰く、新世界プログラムとは、希望を成すためのプログラムらしい。そして、設定した期間だけ記憶を消去することが可

能で、その消去した場所にバーチャル世界で得た記憶を埋め込むことが可能だと。
 そんなことができたら、幼少期の体験によって得た人格とか変わってしまうよな――人格は環境によって作られる、と思うか

ら――だから全員の人格を変えて新世界を作ろうプログラムってことか……? 超人権侵害じゃないか?
 今回の新世界プログラムは、定員の15人と2名の監視者で構成。
 監視者はモノミと七海のことですね。
 教師役が持ってる権限は、この世界のルール作りと、ルールの管理。
 しかし今回はウイルスのせいで改変され。
 アルターエゴの権限、世界を構築する能力の一部まで奪われたらしい。
 新世界はどこにも繋がっていない単独起動だから、誰かが物理的に持ち込んだとしか考えられない――ってことは、生き残り

の中に持ち込んだ人物がいるとか……そういう話になる……?
「監視者」を記録。
「新世界プログラム」を更新。
 ウイルスにも限界はある、と希望を教えてくれました。
 監視者の権限を乗っ取ったから、監視者のルールに縛られた、と。
 それ以上はモノクマの妨害に遭って、聞けませんでした。ちくしょう。

 バグがひどくなったあと、アルターエゴがいた場所に誠のシルエットが。
 ……どうやら外の世界からのセッションらしい。
 ウイルスのせいで途切れ途切れだったけど、日向たちがやらされてたことを、ずっと見せられていた、と言う誠。
 意志の疎通はできないようです。残念。
 このプログラムを15名に行うことを最後まで迷っていたけど、日向たちを救うにはこれしかなかった、と説明する誠。
 ここでパスワード11037が出てきました。なんだ?
 本来は希望の欠片を集めたところで遺跡の扉は開かれるはずだった。そうしてから卒業試験に挑むはずだったらしい。
 が、万が一の時のことを考えた誠があのパスワードを用意していたもよう。
 あの数字は、ある人が窮地に陥った誠を助けるために残してくれた数字らしい。
 誠がこの世界に来るまで持ちこたえて欲しい、と――来るのか。
 強制シャットダウンを自分たちで選べるための何かがあるらしく、それを発動させるために来る、と。
 が、そのためには定員の過半数が必要らしい。
 ……15名の過半数? 8名ってこと? そうすると足りなさすぎだよ?
 またウイルスの邪魔が入り、誠との一方的な会話は終了。うーん。
「11037」を記録。
「強制シャットダウン」を記録。

 外に出たらチャイムが。
 卒業試験が始まります。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 026

 モノクマが言うところの最後の日。
 恐怖に耐えかねてコテージから飛び出した日向が出会ったのは、処刑されたはずの七海。
 精神病確実だな……。

 モノクマ工場で見つけたノートパソコンのロックが外れたらしい。
 狛枝の遺書らしいから皆で見るためレストランに行くことに。

 レストランには生き残りの4人の姿。
 ノートパソコンを見つけたのはソニア。田中と一緒に散歩しているときに見つけたらしい――って、ここでもバグが。
 もう、どこまでが本当なんだか;

 ノートパソコンは普通に狛枝のビデオメッセージです。
 このメッセージを見ているのは誰かな? と狛枝が切り出し、裏切り者だとしたら、ボクの希望通りの結果だ、と薄笑いを浮

かべたままの狛枝。
 彼の目的は『裏切り者以外の全員を殺す』こと。
 モノクマの言う通りかよ、と九頭龍が顔を顰め。
 ここでは十神が登場。まだ続きがあるようだぞ、と促します。

 日向の脳内再生には全員生きてるってことでつじつま合わせてるのかね。

 まず、狛枝がなぜあのようなことをしたのか?
 ファイナルデッドルームのクリア特典で、ある事実を知った。
 知られると面倒だから該当ページは処分した。
 ――いきなりバグ、ノイズが強まり、何も聞こえない状態に。
 そんなこと無視して狛枝は話を進めます。
 未来機関の裏切り者さんは最初から『その事実』を知ってんだろうけど……って、だから『その事実』とか『ある事実』とか

、ちゃんと教えなさーいっ。
 この世界の真実を知って、すぐに行動しなければいけないと決心したらしい。

 バグもどきの箇所はもう放置しておいて。

 モノクマの目論見から逃れるためには、ある場所に行かなければいけないらしい。
 その場所に入るための鍵が、ネズミー城にあった“あのメッセージ”だと。
 あれはモノミでもモノクマでもない別のヤツが残した『裏技』的な何かだったんじゃないか、と推測する狛枝。

 パスワードもバグるかと思ったけど、そこはダイジョブでした。
 なんでだ。
 『11037』

 ……どこかで見かけた数字だ。
 なんだっけかな……。

 それって遺跡に入るためのパスワードかなぁ。
 ……小泉が、あの遺跡に入るためのパスワードだよ! と顔を輝かせます。もうやめてやれって。誰か止めて。

 遺跡へ。
 パスワードを入力し、中へ。

 中は裁判所らしい。
 ソニアが「みなさんはどこに行ってしまわれたのでしょう?」って、皆同じ幻覚を見てたってことか?

 おかしいのはこの世界か? といったところでとうとうカウントダウンがゼロに。
 チャプター5、終了。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 025

 学級裁判再開~。

●槍以外の致命傷

 弾丸「モノクマ特製の毒薬」
 賛同するセリフ「見た目に残らない死因」

 その可能性を忘れていた、と言う日向。
 狛枝のコテージにはモノクマ特製の毒があった。

 毒殺の場合は体に特徴的な死斑が出る場合が多い、と言う九頭龍。さすがです。

 いくら死斑が出ていても、あれだけ血まみれになっていたら気づけない。
 自分の体に傷を付けたのは、死斑をカモフラージュにするためだったのか、とショックを受ける九頭龍。
 本当に――恐ろしいヤツだな、狛枝。

 毒を飲んだとして。両手が塞がっていたのに、どうやって飲んだのか?
 遅効性の毒なら、その前に飲んでおいた可能性もある。
 が、ビンのラベルには『即効性がある』と書いてあった。
 死ぬ直前は両手が塞がっていたから、無理ではないか? そもそもガムテープで塞がっていたから飲めない。
 おお、盲点だ(笑;

 狛枝がどうやって毒を体内に取り込んだのか。
●ロジカルダイブ

1:毒はどんな状態だった? →気体
2:どこから毒を体内に取り込んだ? →鼻から

 毒薬の注意書きには「気化すると危険」と書かれていた。
 倉庫内に毒ガスが蔓延していたなら皆も無事では済んでいなかったが、その謎もこれで説明がつく。
 選択肢「スプリンクラー」

 毒薬の注意書きには「加水分解もされやすい」と書かれていた。
 スプリンクラーの水によって分解されたというわけです。
 その上、毒ガスは「空気より重い」らしいので、立っていた皆には影響しなかった。

 つまり狛枝の本当の死因は毒ガス。
 全身の傷も、腹に刺さった槍も、皆を真相から遠ざけるための偽装工作。

 分かったところで左右田が「それでどうした?」と水差してきました。
 まぁ、確かに、何が分かったところで狛枝が自殺だったという事実は変わりませんね。
 九頭龍だけは、これでスッキリした、とすがすがしい顔。

 しかし日向はまだ納得してません。
 狛枝の動機が分からないから。

 黙り込む日向の代わりに、七海が「共犯者がいたかも」と呟きました。
 毒を持ってきて自殺したとしたら、あの現場に「それらしき物」が残っていないのはおかしい。
 選択肢「入れ物」

 毒薬は、プラスチックかガラスの容器に入れておかなければいけない、と書かれていた。
 だから必ず容器に入れて持ち運んでいたはず。
 燃えたんだろう、と言う九頭龍ですが、プラスチックかガラスの容器が跡形もなく燃えるとは考えにくい、と七海が反論。

 もし本当に共犯者がいたとして、それを暴く必要があるのか? と言うソニア。
 そういえば、最初はソニアが一番怪しいと疑ってたんだっけか。
 実は消火弾の中に毒薬が入っていて、火に投げ入れることで毒ガスが外に漏れて、狛枝は死んだ、と……はならないかな。
 あの消火弾の流れ、なんだか不自然だったんだよー……。

 ●閃きアナグラム――しょうかだん

 皆が消火弾を使うことまで狛枝に見通されていて、その中にあらかじめ毒薬を入れていた、と推理。
 てことはソニアが共犯者ってことは考え過ぎか?
 ソニアが言うには、消火弾は蓋の下に、更にアルミで厳重に蓋をされていたようです。

 アルミの蓋、と聞いて驚く日向。
 狛枝のベッド下から、そういえばマヨネーズの蓋みたいなアルミ紙が出てきてましたね。
 選択肢「青い紙クズ」

 ソニアが見た消火弾の蓋も、青いアルミだったもよう。
 決まりですね。
 ガスマスクと手袋も、毒薬を入れ替えるために使ったものだったんだろうな。

 そして、ここでまた、飽きたかのように「だからどうした、自殺は変わらん」と叫ぶ左右田。
 もう少し落ち着け。自分にやましいことがあるから早く裁判を終わらせたいのかと思ってしまうぞ。

 七海が「共犯者は私の勘違いだね」と潔く認めますが、直後、それよりもっと恐ろしい真実……って、何だよ;

 あ……入れ替えた容器の中に毒薬が入っていて、それを知らずに消火弾として投げたのは皆。
 狛枝の死因は毒薬だから、つまり、全員が消火弾を投げたから、全員が殺した、という意味に……?

 待て、そうするとどうなるんだ?

 自殺をカモフラージュした狛枝だけど、本当の自殺になる前に皆が投げた毒薬によって殺された――真犯人は皆。ってことに

、なるのか……?

 選択肢「みんなで消火弾を投げた時」

 ああ――皆、気づきました。
 あ、でも私の考えとは違い、毒薬が入っていた容器は1つだけの考えみたいです。
 そうすると、誰かが毒薬の入った消火弾を知らずに投げた。その誰かが真犯人――投げた本人すら知らないまま真犯人にされ

るわけですね。てかそれ、モノクマは正確にジャッジできるのか?

 消火弾を用意したのは「狛枝凪斗」
 消火弾を投げるきっかけになった、倉庫の火事を仕組んだのは「狛枝凪斗」

 もういいよー……。

 狛枝が倉庫に放火した理由は「誰かに毒薬を投げさせるため」

 すべて、誰かを殺人犯に仕立て上げるための罠。
 頭が良く回るよなぁ……悪い意味に。

 犯人が分からないのはモノクマも一緒ですよね? と言いますが、力があるから……ということで裁判続行を言い渡されまし

た。
 いや、今の言い方だと「分かる」「分からない」の回答じゃないし。

 犯人を突き止める方法が1つだけあるかも、と言う七海。
 投げた本人も分からないのに、どうやって……。

●クライマックス推理

 すべてをまとめ終えて、突き止める方法を七海に聞いてみますが、七海は別のことに疑問を。
 本当に犯人は誰でも良かったのか? と。
 いや、たぶん日向を犯人に仕立て上げたかったはずだよ、狛枝は。唯一、超高校級の才能を持ってないのは日向だし、狛枝は

それをずっと蔑んでいたし。それに、自分は超高校級の幸運の持ち主だから、雑多に置いた消火弾の中から日向が毒入り消火弾

を手にする、というのも疑ってなかったはず。
 ということで、日向だろうなぁ。と思う訳ですが。

 狛枝が心から信じていたものは『才能』
 自分自身の、超高校級の幸運。だから希望を信じ続ければ、道は開けるはず、と。

 だから、今回のトリックに自分の幸運を組み込まないはずがない。
 ちゃんと標的がいた。
 その運を自分の計画に取り込んだ。
 自分の幸運があれば、狙った標的が毒入り消火弾を手にするはずだと信じて――って、さっきの推理と同じか。

 あれ、標的は日向かと思っていたけど。
 選択肢「裏切り者」

 裏切り者をあぶりだすために自分の運を頼ったのか、と。
 彼は最後まで裏切り者の正体を知らなかった。だから自分の運を頼るしかなかった。
 ビデオメッセージで言っていた「裏切り者の生徒手帳」の件は、単なるハッタリ。

 この学級裁判で裏切り者の正体を暴くことこそが狛枝の目的ってことですね。
 ――なんか七海の様子が変ですが。
 もしあの爆弾騒ぎのときに裏切り者が名乗り出てたらどうなったのか? と自問自答。でも名乗り出たくてもできなかった。

そんな風にはできてないから、と。
 なんかそういうことを言われると貴方がその裏切り者みたいですよ。
 口止めみたいなことをされてるから言えない、ということですか……?

 人物指名「ナナミ チアキ」

 モノミが一所懸命に間に入ろうとしてきますが、皆は無視。
 少しの沈黙の後、七海はまるでつっかえたものが下りたかのように明るい声で「正解されちゃった」と笑います。
 話す事なんてもうないよ、と七海は話を打ち切りました。
 犯人も、その正体も分かったから、あとは投票タイムだけ――って、ああそうか、狛枝の運によれば裏切り者が投げたことに

なってるから、裏切り者である七海が犯人ってことか。うわ。

 私が裏切り者だってことを証明して欲しい、と頼まれました。

 モノミが横やりを入れてきましたが、やっぱり皆は無視;

●パニックトークアクション
 論破するセリフ「モノミのノート」

 ……そのノートの存在をすっかり忘れてた。

 選択肢「ファイナルデッドルーム」

 日向がファイナルデッドルームに入ろうとしていたのを知っていたのは、七海だけ。
 しかし七海は爆弾を解除するときに真っ先に生徒手帳をかざした。裏切り者としては無警戒すぎ。

●信じたくない
 弾丸「ソニアの証言」
 論破するセリフ「わたくしだけ」

 軍事施設の爆弾が偽物だと分かったとき、そこにはモノミもいた。
 七海はそれをモノミから聞いていた。だから、爆弾が偽物だと知っていた。

 ――ソニアが反論してきました。

 かなりシビア。
 最初の反論セリフのときは、次のセリフが重なるまで待ってから一気に斬らないと攻撃回数が足りなくなります;

 弾丸:モノクマの証言
 論破するセリフ:偽物だと事前に聞いた

 なんというか……日向の言ってることも分かるんですが、罪悪感を正当化するため、自己防衛のための綺麗ごとって気がしま

す。七海を犯人に指名するっていうのは、七海が導き出した答えだと信じたとしても、結果は同じだからな。

 投票タイム――処刑者決定――。

 狛枝の目的は見事に達成された、と思う皆に、モノクマが笑いました。
 狛枝の思惑を見事阻止したんだよ! と教えます。
 彼の目的は、裏切り者の正体を暴き出した上で『裏切り者以外の全員を殺す』ことだった、と。

 ますます意味が分からないんですけど。
 お、モノミが一矢報いると言ってモノクマを羽交い絞め(?)にしました。
 自爆?
 あ。前にソニアが言った、ヌイグルミの中に爆弾を入れておけばいいとか言ったヤツが実行されてたってことですかね。

 別のところから別のモノクマが出てきました。
 いわゆるスペアってヤツですね。世の中不条理です。
 モノミは再び立ち上がり。再び羽交い絞め(笑

 このまま七海の処刑は流れるんじゃないかと思いましたが、そうはいかないようです。
 お仕置きタイム始動、とかってモノクマが宣言。
 こらモノミ、死にもの狂いでもっと頑張れ。

 いやいやいや、良く分からん。
 モノミまで七海と一緒に処刑されることになりました。
 しかも抵抗なく、すんなりとそれを受け入れるモノミ。
 ならせめて色んなことを話していけ。七海は喋れないかもしれないけどモノミなら離せるんじゃないのか。

 また嫌な処刑が終わったあと。
 生き残った5人に卒業の権利が与えられます! と宣言されました。
 ……その前にモノクマが言った、この島に縛られてる理由がなくなった、という意味が良く分からない……。
 島に縛られてる理由がなくなったから校舎に戻るとか、そういうことか……? だったら最悪。

 とうとう、島中央の公園に設置されていたカウントダウンが0になりました。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 024

 生き残っているのは現在6人。
 ここから犯人が引かれるわけだから、最終的に生き残れるのは5人――モノミの覚悟が決まったみたいなので、これ以上減ら

されないように何かしてくれないかな。
 ずいぶんと少なくなってしまって、寂しいよ……。

 今回、モノミは吊り下げられていません。
 壇上に立って、しっかりと睨みつけていて。何とかしてくれー。


●犯人が狛枝を拷問した理由
 弾丸「ガムテープ」
 論破するセリフ「狛枝を拷問したから」

 狛枝の口はガムテープで塞がれていて、声を出せる状態ではなかった。
 聞き出すために拷問したなら、口は塞がないはず。

 ――左右田が反論してきました。小癪な(笑)

 これはトラップだ、と。
 狛枝から拷問で聞き出した後にガムテープを貼って殺した、と。

 弾丸「ガムテープ」
 論破するセリフ「ぶっ殺した後」

 反論時の「斬」が厳しくなってきました……簡単に切れない;

 狛枝の血痕はガムテープの下には付いていなかったから、彼は拷問される前からガムテープで口を塞がれていた、という結論

で決着。
 次は、拷問ではなく口封じが目的だったんだ、という九頭龍。
 ソニアが反論します。
 憎かったから、苦しませる為だけにあそこまでのことをしたと? と。
 証拠隠滅のために燃やすようなヤツだから、かなり狡猾なヤツだ、ということに。

 では、その火事は誰が起こしたのか。
 火事があったとき、全員が倉庫前に揃っていた。
 オワリが倉庫の扉を開けた直後に火が上がった。

 つまり、ここにいる誰かが放火したとは考えられない、と言うソニア。平和だな。

●火事の原因を明らかにする
 弾丸「モノクマのパネル」
 賛同するセリフ「扉が開いた」

 モノクマのパネルは、倉庫の扉から火元までの一列だけが綺麗に倒れていた。
 犯人はパネルを利用してドミノ倒しの仕掛けを作り、ライターを倒した。
 気づかれにくくするために倉庫内の照明を消し、大音響を流していた。
 選択肢「MP3プレイヤー」

 オワリが気になった音って、パネルが倒れていく音だったんですね……。
 澪田もそうだったけど、オワリも結構耳がいいんですね。

 オワリが扉を開けようとしたとき、ほんの少ししか扉が開かなかった。
 それはモノクマパネルが仕掛けられていたからですが、そうしたら犯人はどこから外に出たのか?
 再び密室の謎が出てきました。
 選択肢「犯人が出られない」

 それが可能な人物が1人いるよね、と言う七海。
 ――狛枝だろうけど、それって、ちょっと、さすがに不可能だと思うけどなぁ。
 あそこまで自分を痛めつけるのは、いくら彼が絶望していたからといって、やりすぎな感じ。
●人物指名「狛枝凪斗」

 案の定、九頭龍が反論。
 しかし七海、考えを取り下げません。
 狛枝が自分を縛った方法については話し合う必要がある、と議論再開です。

●自分を縛った方法
 弾丸「燃えたロープ」
 論破するセリフ「両手両足を縛る」

 狛枝の右手のロープはすっかり燃えていた。
 そう見えるように仕向けられた罠だという証拠もある。
 選択肢「右腕の袖」

 ロープがあれだけ燃えているにも関わらず、袖はまったく燃えていなかった。
 どう考えても不自然。
 火事で焼けたと見せかけるために、あらかじめ焼き切られていたのだろう。
 狛枝の右腕は縛られてなかった。自由に動かせた。

 そこは納得してくれた皆ですが、やはり現実的な九頭龍はしっかり突いてきてくれました。
 ロープの問題が片付いても、右手にナイフが突き刺さってたことに関してはどのようになるのか?

 右手だけが空いている状態で、その右手にナイフを刺す方法。
 弾丸「等身大モノクマ」
 論破するセリフ「ナイフを固定」

 ……天井の梁にばかり気を取られていて、思ったより時間かかった……。
 等身大のモノクマヌイグルミを、ナイフの固定に使ったのではないか? と推測する日向。
 ――あの右手って、ナイフの柄が手の平の方にあったよな……? 手の甲から突き刺したら、矛盾しないか……?
 なんで誰も反論してこないんだ。ていうか九頭龍もそれで納得するな。
 ああ、手の甲から刺したんじゃなくて、手のひらから自分で突き刺して、柄をヌイグルミの腹から抜いたってことか……? 

痛いどころの話じゃねぇな。

 続いては、狛枝の腹に刺さった槍について、話しが飛びました。
 自分に槍を刺して自殺したなら、一番最後に槍が刺さったはず。
 それはどうやったのか?
 ナイフが刺さった右手で槍はつかめない。左手も縛られているため、扱えない。

●自分で槍を刺した方法
 弾丸「左手の血痕」
 論破するセリフ「左手も除外」

 左手の血痕が不自然だったから、除外するのはまだ早い。
 どうなればあのような血痕の付き方になるのか。
 選択肢「握っていた」

 狛枝の左腕は、他に比べて傷が浅かった。
 槍を握る握力を残しておくために、わざと傷を浅くしておいたのかもしれない。
 しかし自分で槍を握るのは無理がある。
 それを無理にしないためには、槍のどこの部分を握っていたかが大切。
 選択肢「ムチの部分」

 狛枝が槍のムチの部分を握っていて、それで自分に槍を刺すにはどうすればいいか?

●ロジカルダイブ

1:槍はどこにあった? →狛枝の真上
2:狛枝の真上にあったのは? →天井の梁
3:槍と天井の梁をつなげる物は? →槍のムチ

 天井の梁に槍のムチを通し、分銅側を左手で持っている状態を作る。
 その状態で手を放せば、槍は真下で仰向けになっている狛枝に突き刺さる。

 なんだか……狛枝が自殺って方向に落ち着くようですが、本当……か?
 確かに他の要素もないし……うーん……。

 狛枝が自殺したのは、日向たちの答えを間違えさせ、全員を処刑したかったからだ、という結論に。
 まぁ、それもありか……。
 ソニアが疑問点を1つ。裏切り者をあぶりだす、と言ってたよね? と。
 そうだった。その問題はどうなったんだっけ?

 全員のアリバイをなくすために手分けする状況を作り出し、爆弾騒ぎを起こした。
 裏切り者をあぶりだすというのは、この学級裁判で互いを疑い合うという状況を作り出すための布石だったのだろう、という

結論に。

 嫌なヤツだな。

 このまま投票タイムに移行しかけましたが、日向が制止。
 裏切り者が誰か気になるということもそうですが、もう少し謎が残ってます。
 謎が残っているのに投票タイムは不安だと、七海も賛同してくれました。

 狛枝の死に関係して1つだけ腑に落ちないもの。
 彼でさえ偽装工作がでないはずのところに。
 選択肢「モノクマファイル5」

●モノクマファイルにある不審な点――しいん。

 今回のモノクマファイルは、死因に関して明記されていなかった。
 死因は一目瞭然だったから明記されていなかったのでは? とソニアと左右田が言いますが、皆は納得せず。
 モノクマは黙秘権を行使するとかなんとか。ああそうですか。

 前回も前々回も、モノクマファイルに「あえて書いてなかった事」は、事件の重要な謎になっていた。
 狛枝の死にはまだ重要な何かが隠されているはず。
 彼が自殺であることは間違いないが、本当に皆殺しにするために自殺したのか? この程度で狛枝の悪意が終わるのか?

 全員が納得するまで続けるべきだと思う、と言う七海に全員が賛同してくれました。

 ここで学級裁判が中断。
 犯人が分かってるのに中断か。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 024

 モノクマファイル。
 被害者となったのは狛枝凪斗。
 死体が発見されたのは、ヌイグルミ工場内にあるグッズ倉庫。
 死亡推定時刻は、ほぼ正午くらいだと思われる。
 槍で腹部を貫かれている他、両足の太ももには刺し傷があり。
 さらに、左腕には切られた傷があり、右手にはナイフが貫通している。
「モノクマファイル5」を記録。

 
 全員と会話。
 天井の梁に、直線で付着している血痕を発見。
「梁の血痕」を記録。
 ただいまの時間は十二時半。狛枝が死んだのは、30分前ぐらい。爆弾を見つけるために皆バラバラで奔走してたから、アリ

バイなんてあるわけないですよ。

 狛枝の死体を調査。
「拷問された跡」を記録。
 槍はネズミー城にあったもののようです。槍の柄部分に分銅がついていて、獲物に絡めることができるようになっているらし

い。一部分だけ血痕がついてないところがあるから、犯人が握ったか何かして、分銅の部分を振り回しながら投げて、突き刺し

た――ってことかなぁ……?
「グングニルの槍」を記録。
 左手を調べると、手のひらに血痕はなし。手の甲にもないが、第二関節から先は血痕有。
 手を握ってれば手のひらに血痕はないかもしれないけど、手の甲が、いまいち状況が分からないなぁ。
「左手の血痕」を記録。
 口の下に血痕は飛んでいないので、ガムテープで塞がれながら拷問を受けたってことか……?
 口を割らせることが目的なんじゃなくって、やっぱり拷問することが目的なのかな……。
「ガムテープ」を記録。
 右手を縛るロープの先は焼けていた、とのこと。
「燃えたロープ」を記録。
 ナイフで両足と左腕を傷つけたあと、右手に突き刺した。とどめに槍で刺殺。
 2つの凶器を使わざるを得ない理由があった……?
「アーミーナイフ」を記録。

 モノクマ人形を調査。
「等身大モノクマ」を記録。

 ライターを調査。
 オイルライターは人が手に持ってなくても燃え続けることが可能らしい。
「オイルライター」を記録。

 その場から1つ離れ、続いて、倉庫の中で大量に倒れているモノクマパネルをチェック。
 ドミノ倒しのようになってます。遠隔で火をつけさせるためのトリックだよねー。
「モノクマのパネル」を記録。

 MP3プレイヤーを調査。
 すでにスプリンクラーでダメになってるようです。
「MP3プレイヤー」を記録。

 ソニアと会話。
 爆弾が偽物だったと知っていた理由と、中央島じゃなくて軍事施設にいた理由を聞いてみました。
 島を探索していたとき、軍事施設に大量の爆弾があるのを発見していたから、軍事施設が怪しいと思って調査に行ったらしい

。結果、軍事施設にあった爆弾はすべて消えていた。実はソニアは遺跡の扉を爆弾で壊そうと試みたことがあり、軍事施設の爆

弾は偽物だと知っていた。だから、狛枝が軍事施設の爆弾を持ち出したなら、それが偽物であると、確認することができた。
 とのことですが――遺跡の扉を爆破しようとしていたって、一歩間違えれば日向たちにも被害が及んでいたかもしれない危険

な行動ですよ、ソニア。
「ソニアの証言」を記録。

 倉庫の中は一通り調べ終わったので、続いて捜査場所を変えます。
 軍事施設、ヌイグルミ工場、ネズミー城、狛枝の部屋。
 現場の見張り役は、今回はなし。人数が少なくなったから仕方ないよ、と言う七海。
 皆も異論なく、その場は解散しました。


 さて、直ぐ隣のヌイグルミ工場へ。
 ノートパソコンを調査してみましたが、ロックがかけられていて、それ以上は調べられません。
 大量のモノクマ人形をチェックしてみると、ソニアが分解する気になりました。
 ヌイグルミの中に爆弾が仕掛けられてるんじゃないかと。
 モノクマが登場し、それを阻止。僕は綿以外は入ってないから超軽いよ、とソニアに持たせて納得させます。本当かよ。
 が、モノクマの中に爆弾を入れておくのはいいアイデアだね、と採用されることに……?
 てか前作はモノクマの中に爆弾が入ってただろう。
「モノクマの証言」


 続いて軍事施設。
 左右田と会話してみましたが、何もフラグは立ちません。
 重要人物じゃないんだ、左右田(笑

 トラックの中からはアーミーナイフ。狛枝の右手に刺さっていたナイフと同じもの。


 ネズミー城へ。
 中に入り、凶器となった槍が飾られていた壁を調査。
 狛枝を殺した凶器とまったく一緒の槍が、残り2本。前に来た時はちゃんとあったよな……?


 さあ、狛枝のコテージに行きます。
 扉前に七海とモノクマ。
 ちょうど今から入るところだったらしい。
 モノクマに開けて貰って、中へ――あからさまに怪しい宝箱があるんすけど。
 ストロベリーハウスから持ち出してきたのかな? と思いましたが、違うみたい。
 モノミが盗まれたと言っていた宝箱みたいですね。

 中に入っていたのは、モノミが書いた絵日記らしい。
 小学生かよ。
 16日目の日記に、日向がファイナルデッドルームに入ろうとした、と書かれています。
 入ろうとしてたっけ? 忘れたな。
 そこでモノミ登場、日記を奪い返されました。
 この日記はモノミが書いたと冷や汗を流しながら言ってきますが、モノクマに嘘つき呼ばわりされました。
 モノミは文字が書けないらしい。――指がないから。
 笑っていいのかシリアスなのか; でも日記はモノミがかいたものではない、ということでいいみたいです。
 誰が描いたんだ……?
「モノミのノート」を記録。

 シャワールームにカクレモノクマ発見。隠れてないから、それ。

 冷蔵庫を調査。
 中には毒殺専用の、薬のビンが1つだけ。
 注意書きには、モノクマ特製魔法の液体! と書かれています。
 この“魔法の液体”は協力かつ即効性があるので、取扱いにはご注意ください。
 揮発性はそこまで高くありませんが、気化すると危ない感じになっちゃいますよ。
 気体になると空気より重くなります。
 数分で分解され、加水分解もされやすいので、後腐れなく毒殺することが可能です。
 保存の際にはプラスチックかガラスの容器に入れて、日光には当てないように冷やしてくださいね。
 という、なんとも物騒な注意書きが。
 これもオクタゴンから持ってきたものか。

 ビンは3分の1しか液体が残ってないみたいです。
 どこで使ったんだ? それとも、まだ発動していない仕掛けがあるのか? わかりません……。
「モノクマ特製の毒」を記録。

 ベッドを調べると、ベッドの下からガスマスクとゴム手袋が出てきました。
 毒薬を調合か何かしたのか?
「ガスマスクと手袋」を記録。
 再びベッド下をのぞき込み、青いアルミの紙切れを発見。
「青い紙クズ」を記録。

 さっき本棚を調べたときは後回し、と言われましたが、今回再び調べてみたら調査することになりました。
 ……なぜか日向が。
 そして。
 希望ヶ峰学園の生徒のプロフィール本を発見。
 ようやく、16人全員分の情報を確認できた日向。
 しかし、この本には十神のプロフィールがないらしい。
 まぁ、彼がまた学園生活を送るっていうことだけでも充分怪しいことだったんですが、これはどういうことなんだろう?
 モノクマが笑いながら現れました。
 この本に載ってないってだけで彼が裏切り者だと決めつけるのは短絡的なんじゃないか? と。
 モノクマは、十神には、オマエラが想像してるような壮大な謎は何もなく、ただ1人のせこい思惑があるだけだ、と言って、

もっと本を良く読むようにと促します。
 言われて本に目を戻すと、1ページだけ、?マークで埋め尽くされたページが。
 そして、超高校級の詐欺師、という文字が。
 ……もしかして、日向たちが十神として接してきた十神は、前作に登場した十神ではなく。
 単に詐欺師が変装してたっていうだけか……?
 モノクマは嬉しそうに教えてくれました。それが正解だ、と。
 マジか……!
 そして、裏切り者の正体も分からないようにねつ造して、このプロフィール本に追加している模様。
 この本を見ても分からないっていうのは狛枝も同じはずなのに……。
「希望ヶ峰学園ファイル」を記録。


 ここでタイムアップ。
 チャイムが鳴り、調査終了です。

 まずは学級裁判に集中し。タイマーのことは後で考えましょう。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 023

 レストランに集まった皆。
 すっかり少なくなりましたね(/_;)

 そこに左右田が登場し、徹夜で作ったというものを見せてくれました。
 弐大を模したミニロボット。ちゃんと喋ります。
 弐大の人形? とソニアが尋ねたら、人形ではない、とちゃんと返してくれます。

 左右田が部品を拝借して作ってみたらしい。
 凄いな。
 あ、でも自我はないみたいです。

 オワリが超喜んで自分の物にしましたv

 さ、狛枝がいないことも片付いて、話は日向の話に。
 予備学科だということを明かす日向。

 まぁ、そんなことで動揺する皆じゃないですよね。

 あ、モノミが血まみれになって登場です。
 モノケモノを倒したようですが、誰にも有難がられてないっすね。
 最後の島への通行が可能となりました。


 最後の島は……近未来的。

【屋台通り】
 九頭龍発見。
 ……画面右でラーメン食べてるモノクマをチェックしたら、カクレモノクマを発見しました。

【工場】
 ここには七海が。
 明らかに何かありそうな建物だけど1人で行くのは怖いらしい。
 一緒に行くか? と誘いますが、「うーん」と歯切れの悪い返事。
 先に中に入ってみました。
 ……大量のモノクマが……生産されています。
 モノクマの原料はヤシの木だったんだね!( ̄▽ ̄)
 等身大ヌイグルミらしい。
 一度外に出て、画面右側の扉からグッズ倉庫へ。
 モノクマカレンダー、モノクマサンドバッグ、モノクマギター。
 ……欲しいかも。

【軍事施設】
 ソニアとオワリ。
 ソニアに話しかけると、未来機関の雑誌を見つけた、と見せてくれました。
 ジャバウォック諸島開発計画書……?
 どうやらジャバウォック島を未来機関の拠点にする計画書のようです。
 ジャバウォック島は、管理していた旅行会社が倒産し、かなり前から無人島になっていたらしい。
 未来機関は島の中心にあるという政府の建物? に拠点を構えるつもりのもよう。
 ……あと○○ニチ、と書かれた巨大なオブジェが合体変形を繰り返して未来機関の拠点になるんだよ、きっとそうだよ。

【ワタツミ・インダストリアル】
 名前見ただけじゃ何の建物か分からん。
 中に入ると左右田が。
 研究施設らしい。
 彼に話しかけると、パソコンのメールに酷い妄想が書いてあった、と笑い出しました。
 が、内容は前作の内容で、とても笑い飛ばせないようなもの。
 ま、誰も信じませんがね。

 ここって、モノケモノを生産してるんじゃないだろうか……。
 周囲の雰囲気を見ながらそう思った。
 モノケモノだけじゃなく、人型のロボットも作ってるみたいです。弐大はここで作られたんですね。


 外に出ると九頭龍が迎えに来てくれました。
 一通り探索し終わったから、屋台が並んでる通りで報告会議です。

 ……何となく、ソニアが裏切りもので、未来機関の手先なんじゃないかなー、と思ったり。

 登場した狛枝に何をしてたのか聞くと、人を捜していた、と教えてくれました。
 ――誰のことだ?
 きっと、例の“コロシアイ学園生活”の生き残りだよ、と顔を輝かせてます。
 コロシアイ学園生活を生き残った十神クンがあんな風に初っ端に犬死するなんて、逆に不自然だと思わない? と言う狛枝。
 それは……確かに思った。十神らしくない、と。でもコロシアイ学園を生き延びたからこそ何かが変わって、人を助けたり真

っ先に危険に飛び込んだり、するようになったのかなぁと思っていたんですが……狛枝のこの言い方って、まるで十神が演技し

てたような口ぶりですよね。
 でも十神は死んだはずだし。

 裏切り者の正体だけがつかめてないんだよね、と言う狛枝。
 裏切り者の正体は、ボクの命に代えてでも炙り出してみせるからさ! と高笑い。怖いってば。

 誰かを殺す口ぶりで去った狛枝に、皆の不安が高まりました。
 再び狛枝を縛っておこうという結論に。
 弐大はいないけど、オワリがいるから。
 左右田がいい作戦を考えてくれるようで、計画がまとまったらまた集合だ……! とやる気を見せます。
 いやいやいや、ここで皆と別れるとか、それはねぇよ。

 一応、皆でホテルに戻って来ました。

 ――朝です。
 レストランに行くと、さっそく、狛枝捕獲計画を聞かされました。
 囮役が狛枝に接触し、話があると言ってロビーにおびき寄せる。
 隙を突き、隠れていた実行部隊2名が、素早く狛枝を捕獲する。
 実行部隊は九頭龍とオワリ。囮役は七海。
 ソニアは王女役で日向は雑用らしい。
 ま、別にいいけど、と思っていたらソニアが却下しました。
 ソニアは日向とどこかに行きたいらしい。

 ま、作戦の決行は今夜ってことで。

 ソニアと一緒に未来機関の拠点を探すことになりました。
 まずは、二番目の島にあった遺跡へ。そこには未来と刻まれた扉がありましたから。

 遺跡にたどり着き、扉を調べます。
 小さなパネルを調べると、不思議な文字が浮かび上がりました。
 ――あ、いや、全然不思議じゃなかった。ガラケーの携帯みたいな並びボタンだ。
 が、何を打ち込めばいいのかわからない。
 次はパスワードを探すことにしました。
 ――と思ったら手詰まりで、ホテルに戻って来ました。

 自由時間開始です。
 ようやく、プレゼントが補充できる!

 アイテムコンプまであと少しだったので、100枚つぎ込んでみたら、ラッキーが5連続くらい続きました。
 枚数が多ければ多いほどラッキーが多くなるんですね。
 2回やってみましたが、2回ともラッキーが連続で出た。
 これでプレゼントアイテムはコンプです。あとは、多分チャプター終了のアイテムと、皆から貰えるパンツをゲットすれば完

全コンプだ。

 自由時間をソニアと過ごし、希望の欠片をコンプしました♪
 うーん、本当に、ソニアが未来機関の人間ってことはないのかな~……。

 続いての自由時間は、まだ1度も話してなかった七海と。

 その日の夜。
 訪ねてきたのは狛枝。こりないな……。
 自分からロビーに行くという彼に不安を抱きつつ、皆が待っているであろうロビーへ。
 先に入った狛枝を羽交い絞めにするオワリ。そして九頭龍。
 縛っておく、という左右田に、大局を見ないなら分からないまま終わればいいよ、と暗い声で狛枝が言った直後、ロビーが爆

発しました。
 てか、もろに左右田が吹っ飛んだ気がしたんだが……;

 日向が気づいたときにはロビーは燃えていて、狛枝が一人で高笑いしています。
 これでコロシアイ生活は終わりだ、と。
 島を消滅させるとかなんとか。
 今の爆弾はただのデモンストレーションで、本物は時限式爆弾。作動すれば島ごと消滅らしい。
 ――自殺は他人に迷惑がかからないところでやってください。
 モノクマとモノミが登場。
 爆発を止めて欲しければ裏切り者が名乗り出ればいい、と。
 意外にもモノクマは止めようとしていません。モノクマにとっても裏切り者の正体は知りたいってことなんだろうか。
 モノミが、自分から名乗り出ることはできないですから、と言いますが、それって失言? 記憶がないとか?
 やり取りしてるうちに狛枝は笑いながら去っていきました……。
 左右田、無事なようで何よりです。

 翌朝、レストランに行くと、罪悪感のない顔で飄々と、狛枝がいました。
 『まだ1度も行ったことのない場所に爆弾を仕掛けた』と言います。
 皆はひとまずネズミー城へ行くことにしました。
 ここでソニアが一度も行ったことのない場所として、また『遺跡』を上げて来たのが気になるなぁ。

 ネズミー城の中に入っても爆弾は見つからず。
 代わりに、被験者のみんなへ、という床の石碑を発見。
 しかも、「みんなを未来へと導くパスワードは」という文字の下に、明らかにパスワードが書いてある床を、誰かが悪意的に

消していました。これじゃあパスワードが何だったのか分からない……!

 全員を疑ってかかる、いちいちうるさい左右田に、とうとうソニアが切れました。
 1人で探索します、と単独行動。
 左右田、うざーい。
 そして、また単独行動ですよ、主人公。

 翌朝――レストランに行くとオワリが狛枝の首を絞めて殺そうとしてました。
 こうならないように止めるはずだったのに、どうした七海。
 そう思っていたら、七海がオワリを殴り、止めました。ナイス!

 どうやら狛枝は爆弾を遺跡から別の場所に移動させた様子。
 遺跡の中はどんな様子だったのか聞く七海ですが、狛枝は無視してまたヒント。
 今度の隠し場所は、日向たちが一度は行ったことがある場所だよ、とのこと。
 1人1島を担当して調べることにしました。

 日向の担当は4番目の島、遊園地。
 お化け屋敷に行くと、モノミの家の扉が開いてます。どうやら泥棒にやられたようです。
 中に入るとモノミのスペアが沢山;
 大切なものを泥棒に盗まれた、と嘆くモノミ。ピンク色に光った、素敵な宝箱らしい。見つけたら教えてやるか。

 外に出ると九頭龍が爆弾を発見したと教えてくれました。
 場所はモノクマのヌイグルミ工場。
 九頭龍は左右田とオワリに知らせてから行くので、日向はソニアと七海に声をかけることに。
 九頭龍、生まれ変わりすぎだよな……。

 まずは中央の島にいるはずのソニアのもとへ。
 公園へ行ってみますが、誰もいません。
 呼んでみたらモノクマが答えました(ノ≧□≦)ノミ ┻━┻
 ソニアは軍事施設へ行ったとのこと。うーん、怪しい。

 続いて、3番目の島にいるはずの七海の元へ。
 ライブハウスの近くにいたので声をかけ、5番目の島へ。
 軍事施設へ行って、ソニアに声かけ。
 先に行け、と言われて素直に頷く日向。もう少し粘ろうぜ……。

 工場の中へ入ると、線が繋がっている土台に大量に積まれている打ち上げ花火みたいな爆弾。

 爆弾の起動装置らしきものは溶接されていますが、その上にカードリーダーみたいなものがあり。
 何かのカードリーダーがあれば開くんじゃないかな、と言う七海。
 狛枝が出したお題を解いていきましょうとも。

 ベルトコンベアの上にノートパソコンが置いてあります。
 触るともちろん狛枝が出迎えてくれます。
 爆弾を止めることは簡単だ。電子生徒手帳をカードリーダーに通せば爆弾が止まる仕掛けになっている。
 ただし、裏切り者の生徒手帳ではないとダメ、とのこと。
 ってことは誰が裏切り者か、もう狛枝は睨んでいるってことか?
 昨日の行動をつけてみて、狛枝はもう裏切り者の正体が分かったらしい。

 違う手帳をかざしたらダメなのかと思いましたが、七海が率先して自分の手帳を通し、実験してくれました。
 アラームが鳴るだけで、爆発はしないようです;
 次は誰がやる? となった時に左右田がエンジン音を確かめ、ガソリンが切れかかっているから逃げるぞ、とその場から逃げ

出し――ってか、左右田、この期に及んで見苦しい。こいつが裏切り者だったらしっくりくるのになぁ。
 と、そこに遅れて登場ソニアさん。
 それは爆弾なんかじゃありません、と断言します。
 直後、工場内は花火がはじけ飛ぶようになりました。

 ノートパソコンの狛枝に誘導されるまま隣の倉庫へ。
 オワリが無理やり開けたら讃美歌が流れてきて。辺りは真っ暗。そして火がつきました。
 周到に手の込んだ仕掛けですな。
 消火弾を持ってきて投げつけますが、火の勢いは弱まるどころか強まっていき。中身がすり替えられてるんじゃないかなと思

うわけですが。
 ようやく、スプリンクラーが起動。
 なんとか消火できたようです――モノクマが怒りまくって登場です(笑

 消火が終わった倉庫の奥には――とうとう、狛枝の死体が見つかりました――。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 022

 さぁ裁判再開です。

 狛枝の様子がおかしい理由。
 希望のために死ぬことも構わないと言っていた狛枝ですが、撤回するとのこと。
 これが希望のための戦いとは考えていないようです。
 それ以上は喋らなかったので、結局は分からなかったのですが……。

 弐大の死因について。
 選択肢「墜落死」

 ああ、なるほど……そうすれば倒れた柱に頭をぶつけることも有りか。
 ドアノブにワイヤーを繋げておけばいいですもんね。

●犯人はどこから弐大を突き落したのか?
 弾丸「オヤスミスイッチ」
 論破するセリフ「動いてる物」

 センサーが感知するのはあくまで“動いてる物”。弐大が動いてなかったら、タワーのセンサーも感知できない。
 スリープモードになった弐大なら、タワーのセンサーにも引っかからない。

 弾丸「ワイヤー」
 賛同するセリフ「落ちてたドアノブ」

 あのドアノブには、何かで擦ったような跡があった。
 ワイヤーの先端にあった輪っかをドアノブに引っかけた状態でエレベーターを動かせば、宙づりになる。

 ――左右田の反論が来ました。

 弾丸「アラームタイム」
 論破するセリフ「スリープモードのまま」

 あの宙づり状態のまま弐大が目覚めたらどうなるか?
 彼の体内にあったアラームがあれば、スリープモードを解除できた。
 犯人は予めアラームを設定しておいて、その状態で弐大を宙づりにした。

 目覚めた弾みで簡単に落ちるように、ワイヤーはドアノブの先端に外れやすい状態で引っかけられていた。

●彼はそのまま地面に激突した訳じゃない
 選択肢「柱に激突した」

 しかし、そこから犯人に繋がる手がかりを見つけるのは難しい、とソニア。
 九頭龍は、あのアラームタイマーの方はどうだ? と別方向に切り出します。

 7時30分のアラームから洗い出して――という九頭龍に、なぜか恐ろしい形相をするオワリ。
 ああ、そうか。
 オワリは朝7時にタワーに行ったとのこと。
 ソニアも同じ。

 ……ラウンジの時計をいじってたんじゃないのか? と思うわけですが。

●なぜ7時30分にアラーム設定していたはずの弐大が、7時前に死体となっていたのか?
 弾丸「電波時計」
 論破するセリフ「時計を狂わせた」

 弐大の胸の時計は電波時計だから、狂うことはありえない。
 ハウスの時計が狂わされていたのでは? という疑問に、九頭龍が自信を持って断言します。
 どの時計もちゃんと同じ時刻を指していた、と。

●ロジカルダイブ

①何を勘違いしていた?→時計
②狂っていたのは建物の時計? 弐大の時計?→建物の時計
③どちらのハウス?→どっちも

 すべての時計が均等に狂わされていたら、いくら建物内の時計を調べたところで気づける訳がない。
 犯人は建物内のすべての時計を狂わせることで、建物内の時間ごと狂わせていた。

●犯人は建物の中の時間をどれだけずらしたのか?
 弾丸「終里の証言」
 賛同するセリフ「墜落した時の音」

 墜落した時の音なら聞いているはず。地響きみたいな音がそうだ。
 ほとんどが聞いている音なのだが、ソニアだけは気づいていないとのこと。
 昨晩は空腹のせいで一晩中起きていたらしい。
 左右田が必死にフォローし、そして話題は変わりました。

 音が聞こえたのは朝の5時30分ぐらいだった、とオワリが断言します。

●どれだけずらされていたのか
 選択肢「2時間」

 犯人はなぜ時間をずらしたのか? 理由は、弐大だけをおびき寄せるために行った。

●時計を狂わせた上で“ある事”を利用した
 選択肢「モノクマ太極拳」

 あのイベントのために、毎朝7時にマスカットタワーに行く必要があった。
 建物内のすべての時計が狂わされたら、時間通りにタワーに行けなくなる。
 だが弐大だけは電波時計があったから、正確な時間にタワーに行けた。

 これで犯人も絞り込めてきた、という狛枝に皆の視線が突き刺さります。
 九頭龍の証言を聞いていけば絞り込めるよ、といいながら続きを促します。

 弐大がタワーに向かうところを目撃したあと、何があったか?
 ストロベリーハウスのラウンジで時計が鳴った。
 地響きが聞こえる直前だった。

 そのときにアリバイがなかったヤツが怪しい、ということになる。

●あいつの事だよな?
 指名「コマエダ ナギト」

 狛枝が犯人……とは思えないのですが……。
 全員から追究され、アラームも地響きも聞こえなかった、と告げる狛枝。
 それは私も同じだと、ソニアが言います。
 二人の部屋って、何か共通点ありましたっけ?

 どうやら七海も聞いてないようです。

●閃きアナグラム――ごうかなきゃくしつ

 三人の共通点は、豪華な客室。
 あの客室は密封性や防音に優れている。
 そのため、三人は気づけなかった。

 狛枝が褒めてくれますが、その褒め方がイジワルだ。

 もう犯人は分かってるんじゃないか? と言われますが……まだ充分に絞れてないんだよな……。

●犯人指名
 「タナカガンダム」

 彼も豪華な客室に泊まっていた。それなのに、アラームを聞くことができて、ラウンジに駆け付けられた。
 それはなぜか?
 部屋にいなかったから。

 おそらく九頭龍がずっとラウンジにいたため、出かけていたガンダムは部屋に戻ることができなくなった。
 二人がガンダムの部屋に起こしに来たら、更に最悪な結果となってしまうため、彼はラウンジに出ていくしかなかった。

●両ハウスの移動はどうやったのだ?
 弾丸「記録→秘密の抜け道」
 セリフ「唯一の移動手段」

●実際にその方法を使ったヤツ
 「狛枝」

 オクタゴンの床扉を開くと、マスカットハウス3階のモノクマ資料室に出たらしい。
 ファイナルデッドルームを1度クリアすれば、何度そこを行き来してもいい。
 その抜け道を使ったと考えれば、ハウス間の移動はいくらでもできる。

 ――ガンダムの反論が来ました。

 弾丸「ワイヤー」
 反論するセリフ「闇と混沌の螺旋」

 ワイヤー、ハンマー、チェーンなどは、最初からあの建物になかった。
 オクタゴンから調達したとしか考えられない。

 狛枝が自分の都合だけで事件のあらましをサクッとまとめてしまいました。
 何があったんだよ本当に……。

●戦わずしてオヤスミスイッチを押せた理由
 論破するセリフ「破壊神暗黒四天王」

 つまりハムスターたちの力があれば首の後ろのスイッチを押すことはできた。
 ハムスターたちの優秀さを追及され、とうとう認めるガンダム。

 そしてクライマックス推理へ。

 開き直ったかにも見えるガンダム。
 投票結果はもちろん、ガンダム。

 むなしいなぁ。

 処刑が終わったあと、再び舞台は島へ。
 狛枝がつかんだファイルは、どうやら日向だけではなく他の人物の情報も含んでいたようです。
 そこに何が書いてあるかは知りませんが、それを見たことで狛枝の方針が変わったもよう。

 モノクマを呼び出しました。
 裏切り者の正体と引き換えにモノクマにある意味協力する、という取引をかわそうとする狛枝。
 モノクマが拒否したせいでその契約は成立しませんが、何を考えてるのやら。

 いつものごとく公園のオブジェが変形し、
 あと5日、11:13というカウントダウンが。

 生き残りメンバーは7人に……。

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 021

 学級裁判が始まりました。
 事件の簡単な流れをまとめて説明し、いよいよ議論へ。


●凶器について
 弾丸「新品っぽいハンマー」
 論破するセリフ「滅多打ち」

 ハンマーを凶器にして弐大を滅多打ちにしたら、多少なりともオイルが付着していないとおかしい。
 しかしハンマーは綺麗なままだった。だから、凶器としては考えられない。

 では本当の凶器は何だったのか?
 ――それがいまだに私も分からんが……。

 逆に考えよう、と七海からの提案。
 オイルが付いてないから凶器じゃない。では、オイルが付いてる物が凶器ってことだよね? と。
 ……となると柱しか考えられんが……ああ、何かの仕掛けで柱が勝手に倒れてくるように設定して、あとは弐大が勝手に押し

潰された、ということか……?

●あの場でオイルがついていたもの
 選択肢「倒れた柱」

 どうやら先ほどの推理で合ってる様子。
 でも弐大ならあの柱を持ち上げられたはずだ! と叫ぶオワリ。誰と張り合ってるんだよ;

 弐大の自殺だったと? と険しい顔をするガンダム。
 が、オワリが猛反発。

 自殺という言葉に、狛枝との会話を思い出す日向。
 うーん。

 持ち上げなくても柱を凶器にする方法ならあります、と真面目な顔でソニアが言ってくれました。

●柱を凶器にする方法
 弾丸「柱の欠片」
 論破するセリフ「柱を倒した」

 柱を倒して弐大にぶつけたにしては、あいつの体の上に破片が散らばってなかったよな? と、私も論破されました;
 あららら。そういえばそうでしたね。

 柱を使って殺す方法なら他にもあるよ、と言う狛枝。
 柱だけではダメで、そこに「ある物」を組み合わせることで、ようやく可能になる、と。
 ……ワイヤー? それに柱を縛って、ワイヤーを振り回して凶器にしたとか?

●ドッキリハウスの秘密
 弾丸「タワー内の違和感」
 論破するセリフ「まったく同じ場所」

 ブドウ回廊からマスカットタワーに入ったとき、弐大の死体はイチゴ回廊の扉の前にあった。
 イチゴ回廊側からストロベリータワーに入ったとき、死体はブドウ回廊の扉の前に移動していた。

 床が180度回転するとか、そういう仕掛けがあっただけだろ、と左右田が言いました。
 あれ。私もそんな感じだと思ってたけど、どうやら違うようです。
 狛枝にまで冷たくあしらわれました;

 ――ソニアの反論が来ました。

 誰かが弐大の死体を移動させたのだ、と。
 無理だろう。

 弾丸「床に広がったオイル」
 論破するセリフ「現場の物はすべて」

 形あるものは可能かもしれないが、床に広がったオイルを持ち運ぶなんて不可能だ、と追い込みます。
 ――あっさり謝罪するソニア。素直だなぁ。

 構造を解き明かすには手がかりが少なすぎる。
 嫌だけど、ここは狛枝に頼るしか、ありませんよねぇ。

 狛枝は「大ヒント」を教えてあげよう! と、あくまで教えない気です。
 けれどそれでは意味がない、と上から目線。ちゃんと学級裁判をやってもらわないと――って、どういう意味だろう。
 これが放送されてるから?
 そんなの気にする狛枝じゃないと思ったんだがなぁ。

 なんでオマエだけがそんな手がかりを知ってるんだ、と逆に責められる狛枝。
 選択肢「命がけのゲーム」

 お前がファイナルデッドルームで命がけのゲームをクリアしたからなんだな? の質問に、素直にうなずく狛枝。
 コンクリートで囲まれた隠し部屋の窓から奇妙な景色を見た。
 彼はしっかりとデジカメで撮ってきていました。

 そこには森が広がっていました。

 ――が、ストロベリーハウスの1階から撮影した、という割には木の背丈が。
 これは2Fとか3Fから撮ったっていう方がしっくりきます。
 というか、そういうことなんだろう、きっと。
 実はストロベリーハウスはマスカットハウスの上に位置している……?

●写真のつじつまが合わない点
 まずは、森。
 どう見ても1階から撮影されたものではない。

 2点目は、丸い建物の端っこをチェック。
 タワーの奥にもう1つのハウスが見えるはずだが、窓からの写真にはそれが見えない。

 狛枝が答え合わせをしてくれます。
 ストロベリーハウスの1階は高所にあり、しかもタワーの奥にはマスカットハウスなどない。
 そこから先は自分たちで考えてよ、と投げられました。

 日向はもう1つのヒントを知っている、と言われますが、なんだっけ。
 狛枝がいきなりマスカットハウスの2階に現れたときのことを言っているようです。

 あのとき、狛枝はどこから来たのか?
 七海が首を傾げながら「上の階からでしょ?」と何の疑問もなく答えます。
 正解、と言いますが、ソニアも疑問。
 マスカットハウスの3階にはモノクマ資料室しかなかったはず。
 じゃあどういうことだろうね? と嬉しそうな狛枝に腹が立ちます。

●狛枝が3階から現れた理由――ロジカルダイブ

 ①どちらも存在する?→存在する
 ②別の建物?→同じ建物
 ③位置関係は?→縦並び

 ここは私も分かったんだが――エレベーターの「揺れない」と180度回転を加えると、また考えが破たんするんだよなぁ。

 ストロベリーハウスからは見えない位置にあった。
 つまり、二つの建物は同じ建物の中の別の階に存在していた。
 実は6階建ての1つの建物だった。

●ストロベリーハウスがあったのは、マスカットハウスの上の階

 そのため、ストロベリーハウスから撮った写真が高所からの写真になっていた。
 ストロベリーハウスは4角形で、マスカットハウスが6角形だったことはどう説明するんだ? という左右田ですが、あっさ

り論破。まさにそんな先入観を利用した建物だ、と。

 そんな特殊な建物だったからこそ連れていかれるときに眠らせ、外観を見せないようにしていた。
 ドッキリ大成功! とモノクマが嬉しそうにガッツポーズしました。黙っててくれ。

 タワーも同様に、マスカットタワーの上にストロベリータワーがあったはず。
 床は移動式だった、ということですね。


 弾丸「タワー内の違和感」
 論破するセリフ「ダミーの死体」

 超苦し紛れなセリフだなぁ。
 マスカットタワーで弐大の体を分解していた。どう分解されるか分からないのに、それと同じダミーを用意しておけるはずが

ない。

●閃きアナグラム――エレベーター

 タワー自体が丸ごとエレベーターになっており、内側の部屋が上下する仕組みだったと考える。
 それなら、イチゴ側から入ってもブドウ側から入っても、同じ部屋にたどり着ける。

 ソニアが混乱してます。
 もしエレベーターなら、奥の扉にあったマークが変わっていたのはなぜか?
 ソニア、犯人っていうオチは……ありうるな……。

 変わってなかったものを見つけてみようと、と七海に提案され、考えてみました。
 選択肢「すべて床にあった物」

 エレベーターの特徴は、
 選択肢「床だけが動く」

 扉はどこに繋がっていたのか? というオワリの質問ですが、あれはただの飾り。どこにも繋がっておりません。
 その扉が、マークの示す場所に繋がっていると勘違いをさせるために。

 ちなみに、扉に巻き付けてあったチェーンにはどんな意味があったのか?
 左右田の質問に、狛枝が答えてくれました。
 皆をストロベリータワーから遠ざけるために。チェーンが巻いてあれば、ストロベリータワーには入れないと思い込むという

算段です。ストロベリータワーに入れば、死体がそのまま移動してくるわけだから、違和感に気づく。
 そうすると建物の構造も分かってしまうかもしれない。
 そのため、遠ざけていた。

 田中が重要な質問を。
 両ハウス間を移動するための連絡エレベーターはどうなっていたのか?
 うん、私もそれを知りたい。

 あー、皆さんの疑問はそことは少しずれるようです。
 もう180度回転前提で話を聞いていたので……私としては、上下に移動するにもかかわらず、移動していないかのように静

かだ、というところを突っ込みたかった。単純に高性能なエレベーターだったということで片づけよう。

●エレベーターから出たとき、タワーは同じ方向になかった。その訳は?
 弾丸「左右田の証言」
 論破するセリフ「縦に動いているはずだ」

 あの連絡エレベーターは、ただ縦に動いているだけではなく180度回転していた。
 あー、てっきり垂直落下のエレベーターがそのまま180度回っているのかと思ったけど、外周を滑り降りてたのかー。

●オクタゴンの言葉の意味
 選択肢「8角形」

 では、その8角形はどこにあるのか?
 スポットセレクトですが――これ分からなかった。
 適当にバシバシやってたら適当に当たっただけで;
 マスカットより上にある青い廊下です。

 6角形から4角形を切り抜くと角が8つ。8角形になる。
 へぇ、そう(棒読み

 極上の凶器はそこにあったのか? と尋ねるオワリに、狛枝は首を振ります。
 極上の凶器の正体を「知った」のだと。
 それは、ドッキリハウスそのもの。

 犯人は、あの建物の構造を凶器にして、弐大を殺した。
 素晴らしいよ、と笑う狛枝の声で、前半は終了―――。

ページ移動