記事一覧

善人シボウデス121

 善人シボウデスの攻略サイトができました。


 IDパスを正しく入れたら、なんと、老婆のホログラムが起動しました。
 あー、所長室のホログラムがゼロボスだったから、こっちは老婆なんですかね。
 共犯者だから。
 対になってるんですね、きっと。

 思わず、といったように天明寺が「茜……」と漏らします。
 やっぱり天明寺の初恋の相手が、この倉敷茜?
 とすると四葉たちを2回目のノナリーゲームに参加させた犯人って、この人?
 なんか年齢が合わない気もするんですけど……やっぱ分からんや。話を進めましょう。

 あ、漢字が違ってた。
 正しくは「倉式茜」ですね。

 茜さんが喋りだしました。前回と同じく事前に記録された映像なので、こちらからの質問は一切できません。天明寺、可愛そうに。

 まず、私たちがこの施設に閉じ込められた理由は?
「計画のため」
 ひとこと過ぎるわ!
「AB計画のため」
 意味不明です。
 ともかく、シグマたちがここに集められたのは、AB計画を実行するためだとか。
 ノナリーゲームをさせられたのも、同じ理由からだとか。
 さっぱりです。
 AB計画とは何なのか?
 シグマとファイ、2人の意識を過去に飛ばすこと。それを目的とした計画のこと。

 ……なんで二人限定なの?

 この部屋の意味を教えてくれた茜。
 QとはQuantumで、量子のこと。つまりこの部屋は、量子の部屋。
 この施設のすべての機能を司るメインコンピューターがここにあるらしい。
 そこから繋げて計画を説明してくれる茜。
 回りくどいけど、まぁ、分かりやすい。

 人間もゼロ兎と同じで、実体は目の前にあるが、本体(思考)は別のところにあるのかもしれない、とか。難しいこと考えるなぁ。でもそんなこと言ってたら、ずっと横たわったまま何かゲームとかのサングラスかけて、オンラインゲームしてるのと同じことですよね。

 自分たちは3次元的な現象でしか見れないが、もしかしたらもう一次元高いレベルから見れば……と、ゼロボスと同じようなことを言う茜。
 基本的に二人の考え方は同じなんですね。
 あ、クォークの言葉を思い出した。この建物を脱出するために肉体を捨てて、魂だけとなる、とか。
 宗教みたい。
 私たちは個別の物体だけど、1次元高いところから見たらすべて繋がりあって、1つの個として存在しているのではないかということ。それこそがまさに「人間の意識」だと、考えているとか。
 まぁ誰にも答えは見つからない分野ですよね。
 素敵な考え方だとは思いますが、実際に人間が3次元的な物体である限り、誰かが1次元高いところから確認することはできないんですから。

 天明寺が「形態形成場仮説」と、ポツリと漏らしました。
 この考え方って、そんな名前で表現できるんですね。超シンプル。

 ここで核心。

 4次元的に繋がりあっているとすれば、意識を過去や未来に飛ばすことも可能ではないか? そんな仮説を元に立案されたのが、AB計画。
 A=After
 B=Before
 あー、過去と未来、ね。

 シグマとファイだけかと思いましたが、天明寺にも茜は語り掛けました。
「あなたも今から半世紀ほど前に、似たような現象を経験していますね?」
 つまり茜はここに天明寺がいることも予想してた……?
 驚き。天明寺は過去に行って、少女(茜)と出会い、命を救ったとか。
 もっと詳しく聞きたいと思ったのですが、あっさりと説明は終わってしまいました。

 老婆は準備のために行かないといけない。詳しい話は私のところへ来たらお教えしましょう。待っていますよ。
 と言ってくれましたけれど、貴方、死にましたよね?
 それとも、それも想定内で、意識だけを過去に飛ばしたとか……あ。
 そういやKの素顔がシグマだったのって、シグマ=Kで、シグマが体から意識を過去に飛ばしたから、Kは記憶喪失になったとか、そういう話……? で、老婆も同じような、Kのような本体がどこかにある……?
 いかん。分からなくなってきた。