記事一覧

テイルズオブエクシリア2 17 カナンの地

カナンの地へやって参りました。
瘴気が酷くて生身のままでは先に進めず、四大の力で全身を覆いながら先に進むことになりました。しかし、そうすると先に進めるのは4人のみだと言います。
また4人なのか! 最後くらい全員で臨みたい。
さて最後パーティはどうするか。まずセーブしてから選ぼうかね、と思ったら、セーブポイントにネコがいました。こんなところにも入り込んでるのね(笑
ひとまず、パーティはルドガー・エリーゼ・ジュード・ミラで決定。代わり映えしませんね。
どうやらこのマップ、見えている道がいきなり消える、というマップのようです。しかも消えたその道はマップに反映されないもんだから、毎回騙される;
せめて反映して欲しかったな。
現在のレベルは74。
充分、勝てると思います。
複雑な迷路ダンジョンを抜けて、ようやく最深部へ!
社長とエル、クロノスに再会しました。
そこにルドガーたちも登場です。
その一瞬の間を突いて、クロノスに社長とエルが隔離されてしまいました。
エルは右目までがタイムファクター化していたので、早く助けないと;
ミラとクロノスが会話するんですが、もしミラが戦闘メンバーじゃなければ、誰が会話してたんだろうか。後で試してみよう。
そのままクロノスと戦闘になりますが・・・何度やっても、時を戻されているようで、勝てません; 一体何戦目だ。
「何か方法があるはずだ」
「ユリウスの懐中時計にヒントが・・・」
というヒントが出るのでアイテム欄を見てみると、何とユリウスの懐中時計を発見。イツの間に入手してたんだ。
時計の説明欄を見ると「時を巻き戻す針はお前の槍で止めろ」と書かれていました。
ルドガーの変身で止めろということですね。
分かった!
と臨んでみたのですが、なかなかタイミングが図れず、それからまた何戦も繰り返しました;
「そうだ・・・変身だ!」
とルドガー君も気付いてくれました。
ごめん、私も気付いてたんだけどタイミング合わせられなかったんだよ。
画面が全体的に白くなって、時計らしきものが無数に浮かぶ画面になったときにR1+L1で変身すれば、上手くいきました。ラスボスでタイミング図るのって、エターニア以来だ。リッドの極光剣。あれはタイミングがなかなかシビアでしたが、こっちはそれを思えば楽だ。


ようやくクロノスを撃破しました!
まだあがくクロノスでしたが、その時、社長が隔離結界をぶち破って乱入。
おお、さすが社長。
とは思いましたが、なんと、エルごとクロノスを槍で貫きました。
なんってことをしてくれるんだ社長!
エルの体を媒介にしたためクロノスに致命傷を与えることに成功。だがしかし。倒れるエルに駆け寄るルドガー。
タイムファクター化寸前のエルが、超痛々しいです。
ここで究極の選択が登場。
エルを助けてくれとオリジンに願うか、分史世界を消してくれとオリジンに願うか。
迷った末に「ビズリー、お前の願いを叶えさせるわけにはいかない!」を選択。
精霊を道具にできる世界なんて、まずは止めさせないと、という優先順位です。
エルを放して社長に挑みかかるルドガー。
オリジンとは私が話をする、と言ってくれるミラ。やっぱりミラがいなかったら違う結末なのかな。
社長が変身し、戦闘に突入!
途中、社長の秘奥義が来た! と思った瞬間、強制的に戦闘解除。
ユリウスの時計を踏み潰され、壊されました。
「ユリウスで魂の橋を架けたか。お前の判断ミスがこのような悲劇を生んだんだ」
みたいなことを言われ、ちょっとムカッ。
まだ大丈夫。まだ正しい判断だったと思われる。バッドエンドじゃないし。
時計を壊されたせいか、エルの元にパパの時計が戻りました。
その時計を持ってルドガーに走り寄るエル。ルドガーも気付いてエルに駆け寄り、二人で手を伸ばしあって。
ルドガーの変身が四段階目に入りました。全身を黒い鎧で覆ったような姿です。ちょっとFF4の暗黒騎士を思い出した。
ていうかエルの傷は大丈夫なのか? 背中から胸を見事に貫通されていたと思ったんですけど。普通は即死で、駆け寄るなんて、到底できないと思うんですけど;
まぁいいか。
四段階目の変身をしたまま、再び社長との戦闘に戻りました。見事に勝利!
経験値などは入りませんでしたが、森羅万象の環珠を手に入れました。スキルはほとんど覚えきってしまったから、高性能環珠を手に入れても、あまり意味がないなぁ。


変身が解けて倒れる社長。
真っ先にエルに駆け寄るルドガー。
これ、エルが助かる道ってあるのか?
なんとか起き上がった社長がルドガーたちを背後から襲撃。
なんで仲間の誰も気付かないんだよ、と思いましたが、ルドガーが変身して槍を突きつけました。何とかセーフ。
「その骸殻はもう使うな」
と警告する社長。強すぎるから、直ぐにタイムファクター化してしまうらしい。
負けを認める社長。時計と直接契約したルドガーは、タイムファクター化のリスクを負ったらしい。


ここで全員が到着しました。
どうやって来たんだよ。来れるんなら最初から来いよ。
色々喋って、とうとう社長が果てました。


エルと一緒にオリジンの扉の前に立ちました。
オリジン登場。
白い影で、人間の子どものような感じ。なんかいい奴です。
願いを叶える権利はルドガーたちにある、というオリジン。
ここでもやっぱり究極の選択肢が登場。
「エルを助けてくれ」
「分史世界をすべて消してくれ」
・・・ここって、ユリウスを魂の橋にしたのと同じように分岐するんだろうか。エルを助けてくれ、っていうのはバッドエンドしかないような気がします。世界のことを考えれば分史世界を消してくれ、だし。
正しい選択をすればエルも助かるっていうことは、ないんだろうか。
うーん。うーん。
迷った末に「エルを助けてくれ」を選択することにしました。
バッドエンドだったらまたクロノスたちと戦えばいいだけだし。
そうしたらクロノスがちょっと呆れたようで、世界よりその子を選ぶの? と聞いてきました。
「分史世界は、俺が全部消す!」
「やっぱり願いで分史世界を消すしかない。エルは・・・」
の選択肢が。
ここはもちろん「俺が全部消す」でしょう。
しかしその選択肢を選らんだところ、ガイアスから待ったがかかりました。
ルドガーと残った骸殻能力者だけで何とかなると思っているのか、と。
「俺が、なんとかしてみせる」
「やっぱり願いで分史世界を消すしかない。エルは・・・」
さっきと同じような選択肢。
ここももちろん、「俺がなんとかしてみせる」です。
ていうかこの流れ、バッドエンドっぽいな;
ミラからも待ったがかかりました。
誰も救えない選択ではないのか? と。
でも、だって、それでも頑張るしかないじゃないか。エルが消滅するよりはいいよ。頑張ってみるよ。
しかしここでエルから、無理はしなくていいよ、と言われちゃいました。しかも、分史世界を消してください、とオリジンに願うエル。それを叶えるオリジン。
えええええ。私の選択は無意味かっ?
瘴気はオリジンとクロノスで引き受けてくれることになりました。
扉が閉まり、タイムファクター化の数値がリセットされました。
と思ったがエルがタイムファクター化がカウントされたもよう。
気付いたらエルがいなくなってました(涙
そしてそのままスタッフロールに。
ええええ、もうちょっと何か、イベント的な何か・・・説明が欲しいよ!
スタッフロール後にアニメ挿入。
ルドガーが社長になってました。
秘書ヴェルから、今日の面会人の説明をされるルドガー。
なんと今日は「ラル・メル・マータ」さんとの面会。
驚くルドガー。エルの母親ですよ!
全速力で社長室に戻ったルドガーを待っていたのは、エルと同じ髪色をした、優しそうな女性。
頑張って口説くんだ、ルドガー!(笑
・・・これでFINでした。
「ヴィクトル」の衣装をゲット。
絶技の書「双針乱舞」青年用をゲット。
想影の連環をゲット。
そして、クリアおめでとうございます! のアナウンス。
あー、これで本当に終わりか。
ミラとかジュードとかガイアスとか、そっちのその後は何もなしか。
あのとき、直ぐに「分史世界を消して」と願ったら、また別のエンディングだったんだろうか。
オーバーフォームとリアルアビリティのスキルを習得しました。
セーブデータに星をつけて、ロードします。

オリジンの前で願いを言う場面で「分史世界をすべて消して欲しい」を選択。
すると、エルのことはいいんだね?
と、さっきのエンドとは真逆のことを言うオリジン。
「・・・仕方ない」
「エルは・・・俺が助ける!」
という選択肢が登場しました。
おお、こっちの選択肢の方が、エルを助けられるっぽい?
・・・代わりにルドガーがタイムファクター化しそうな予感だけど。
「俺が助ける」を選択します。
ああ、やっぱり。
変身するルドガー。先にタイムファクター化するようです。
消滅が怖くないのかい? と聞かれました。
消滅より怖いことがあるんだ、とカッコいいことを言ってみました。
オリジンは納得してくれたようです。
エルに時計を返し、タイムファクター化しようとするルドガー。
なんか、仲間全員、諦めモードです。ちょっと、止めてあげてよ、と思ったりして。でもこちらの方が全員のボーナスシーンをみられていいのかもしれない。
分史世界を消去するオリジン。
そして、全員がルドガーと決別の挨拶。
・・・皆さん、あっさり納得し過ぎです。そんなにルドガーに思い込みがなかったのか? と思ったりして。
さよならを告げるオリジン。
ミラとミュゼもまた、無言でその場を立ち去りました。
うわぁ、これは痛い。冒険が終わったから精霊界に帰ったんでしょう。せめてジュードにオリジン研究のこととか言って欲しかった。頑張れとか何とか。でもジュードは気配でミラの帰還を知ってたっぽいですけどね。
とうとうタイムファクター化して消滅するルドガー。その代わり、エルからはタイムファクター化の要素がなくなりました。
ありがとう、というエルですが、えーと。これはこれでまた・・・。
そしてスタッフロールに突入。
あ、こちらはスタッフロールに写真(イラスト)がつきました。
てことは、こっとの方が良いエンドなんだろうか?
確かにエンディングシーンは長かったけど・・・。
スタッフロールの最後には、全員の記念写真が。きっとガイアスが貰ったカメラで撮ったんですね(笑
スタッフロールが終わったあとはアニメ挿入です。
大きく成長したエルが、端末でニュースを読んでるシーン。
ジュードがハオ賞を受賞したようです♪
頑張ったね、ジュード。
そしてその記事を書いたのは、レイア編集長。レイアも頑張った。
アルヴィンから電話がかかってきて、仕事を貰うエル。
エル、色んなところから助けられてるようですね。
そして、エルが歩き出すシーンでFIN。
もっと他キャラの情報も見たかったけども。
トロフィー:審判を超えし者をゲット。ゴールドだ。やっぱりこっちの方が良いエンドか。納得できないなぁ。
だってエルって元々は分史世界の人間で、正史世界には本当のエルがいたはずで・・・ああ、だからルドガーは消えるしかなかったのか。ルドガーが生きて、そのままエル母と結婚して子どもを生んだら、分史世界エルは消える・・・いや、正史エルはそもそも生まれることができないのか。分史ミラがいたから正史ミラが出て来れなかったように。
そう考えると、エルを助けた世界にルドガーはいない、ということもまぁ、納得はできますが・・・でも私的にはエル消滅の方が、納得エンドなんですけどね・・・世界を正しい状態に戻したわけだから。
ああ、スッキリしない。