記事一覧

シュタインズゲート

 最近はシュタインズゲートにはまっています。
 タイムトラベルもののノベルゲーで、マルチエンディング。すべてのエンディングを見て、ようやく物語の全景をつかめるという、私の大好きなパターンです。
 善人シボウデスは謎解きがメインだったけど、こちらはほぼ読むだけ。主人公は厨二病でうざい(笑)そして周囲も類友ばかり。でも後半はそんな厨二病設定なんて忘れるくらいスピードがあって、楽しかったです。
 時間軸が変動する系が好きな人にはオススメ。
 最初はvitaで発売されたシュタインズゲートをプレイし。その世界観のまま別の世界軸を妄想する「比翼恋理のダ~リン」をプレイして、もっとプレイしたくなり。
 小説の「負荷領域のデジャヴ」を読んではまりました。負荷領域のデジャヴはゲームの純粋な続きで、あの後どうなったのか、という補完。こういうの大好きです。
 原作は小説かと思ったらゲームが原作みたいですね。
 今はPS3で発売された「線形拘束のフェノグラム」をプレイ中。最初から主人公がタイムリープを繰り返してる設定のもよう。まだ全然進めてないので詳細は語れませんが;
 小説以外にも映画とかアニメとかにもなってるらしく。
 .hack以来久しくなかったドはまりの予感です。
 これで音楽が梶浦さんだったら即大人買いなのになぁ(笑)