記事一覧

イース セルセタの樹海 006 迷いの森

 レベル上げも兼ねながら適当に樹海を散策していたら、いきなり迷いの森へ足を踏み入れました。どうやら霧ヶ峰と同様にさまようMAPらしい。
 霧ヶ峰でお馴染みの探検家二人が再登場です。
 花が怪しい的なことを探検家が呟いていたので、とりあえず分岐点では花が咲いてる方へ進むことにします。花を見つけた瞬間、うちの相方くんが走り寄って散らしてくれるんですがね;

 花が咲いている方に進んでいくと、あっさり抜けられました。
 しまった。
 少し迷って、探検家二人の掛け合いをもう少し見守るんだった;
 まぁいいけど。
 抜けた先は暁の森。精霊樹の苗が生えているので、さっそくお休み。


 今度の記憶は吟遊詩人。
 800年前に、この樹海に栄えていた王国の話をしてくれました。
 次はこの人が仲間かな?
 翌朝、またデュレンに夢の内容をせがまれたので、
「昔、樹海に国があったらしい」
 を選択。
 前進してるぜと、なんだかよくわかりませんが喜んでくれました。
 一番近い記憶のところへレッツゴー。
 夢か?
 今回の記憶は、なんと、誰も出てこない; いいのかこれで。
 見覚えのある場所だなぁというだけで、終了。
 先に進みましょう。