逆転検事2 攻略所
戻る

第3話 受け継がれし逆転 前編2

 ▼同日 午後7時30分 コンテスト会場 デリシーの部屋

 =捜査開始 コンテスト会場 デリシーの部屋=
 ・城を調べる
  ・扉の中を調べる=ロジック【くずれやすいお菓子】ゲット
  ・城門の柱を調べる=ロジック【6角形のくぼみ】
  ・扉の中の岩を調べる=ロジック【岩の台座】
  ・扉の中の布を調べる  =ロジック=
 【6角形のくぼみ】+【岩の台座】=
 ・城を調べる
  ・左の岩塩を調べる=ロジック【血痕のついた岩塩ランプ】ゲット
  ・右の岩塩を調べる=「推理」で【コンテストのルール】をつきつける
  ロジック【デリシーのルール違反】ゲット
 ・右上の妖精を調べる=法廷記録【光る布】を記録
 =ロジック=
 【殴り殺された】+【血痕のついたランプ】=法廷記録【凶器の岩塩ランプ】を記録
 ・デリシーと話す
  ・コンテスト中の行動
  ・本当のこと=ロジック【お菓子の研究】ゲット
 ・画面左上の赤いランプを調べる=ロジック【室温が高い】ゲット
 =ロジック=
 【くずれやすいお菓子】+【室温が高い】=ロジック【ニセモノのお菓子】
 【デリシーのルール違反】+【ニセモノのお菓子】=法廷記録【ニセモノのお菓子】を記録
 ・デリシーに話しかける
  ・室温について=ロジック【知識が足りない】ゲット
 =ロジック=
 【お菓子の研究】+【知識が足りない】


 ▼同日 午後8時5分 コンテスト会場 噴水広場

 〜凶器について〜
 ・天海はデリシーに罪を着せるために、岩塩ランプで被害者を殺害した。
 ・そして、凶器をデリシーの部屋に戻しておいたのだ。
 ・殺害現場に凶器を放置すれば、天海自身が疑われるからな。
 ・死体を移動することはできずとも、凶器ならば簡単に持ち出せる。
 ・だから現場には犯人を特定する証拠が残っていなかったのだ。

 =追究開始=
 ・だから現場には犯人を特定する証拠が残っていなかったのだ。⇒光る布をつきつける
 正体不明の証拠品⇒【額縁の指のアト】をつきつける
 作れないという証拠⇒【ニセモノのお菓子】をつきつける

 ▼同日 午後9時 コンテスト会場 氷堂のお菓子部屋