逆転検事2 攻略所
戻る

第3話 受け継がれし逆転 後編3

 ▼同日 午後3時11分 12星座美術館 噴水広場

 〜検事審査会の意向〜
 ・狩魔検事さまが死体の情報をねつ造していたことは認めましょう。
 ・ですが、彼は天海さまを犯人の共犯者として有罪にしています。
 ・わたくしは、その犯人こそが館長さまだと考えております。
 ・風見さまに罪を着せるため、殺害しようとしたのでしょう。

 =追究開始=
 ・わたくしは、その犯人こそが⇒ゆさぶる
 ・罪を着せるため、風見さまを殺害しようとしたのでしょう⇒ゆさぶる
 ・IS−7号事件も、有毒ガス事件も、もう十分証拠がそろっています。⇒【ふたご座の成分結果】をつきつける

 ロジック【殺害動機】ゲット
 ロジック【協力関係が壊れた?】ゲット
 ロジック【究極のレシピが目的?】ゲット
 ロジック【フィルムの残数】ゲット

 =ロジック=
 【殺害の動機】+【協力関係が壊れた?】=ロジック【氷堂殺害のタイミング】ゲット
 【フィルムの残数】+【究極のレシピが目的?】=ロジック【アフタヌーンティー】ゲット
 【アフタヌーンティー】+【氷堂殺害のタイミング】

 =ロジックチェス=
 ・なぜ氷堂と協力していたのか?
  ・まだ様子を見る
  ・起きたまえ!
 ・称号以外に目的があるのでは?
  ・まだ様子を見る
  ・まだ様子を見る
  ・レシピにも興味があったのでは?
 ・菓子作りの参考にするのか?
  ・ずいぶんレシピに詳しいな?
 ・レシピの価値を知っているのか?
  ・レシピの正体を知っているだろう!
  ・新薬が必要だったのか?
 ・どんな息子なのだ?
  ・まだ様子を見る
  ・病気にしては元気だったのだな?
 ・レシピがないと治らないほどの病気だったのだろうか?
  ・天海氏の菓子に興味があるはずだ!
 ・病名は何なのだ?
  ・死に関わる病気ではないのだろう?
  ・味覚障害だろうか?
  ・あなたも病気だったのでは?
  ・氷堂氏と協力していたではないか!

 〜決勝戦のお菓子〜
 ・ワシは味、氷堂どのはデザインを担当して決勝戦まで協力していた。
 ・だが、ワシは決勝戦だけは実力で天海どのと戦いたかったのだ。
 ・氷堂どののお菓子作りには協力し、自分のお菓子は1人で作ったのだ。
 ・決勝戦で味の評価が低かったのは、ひとえにワシの修行不足ゆえ。

 =追究開始=
 ・決勝戦で味の評価が低かったのは⇒ゆさぶる
 質問を変えるべきか?⇒準決勝戦について
 ・準決勝戦では氷堂どのとの協力以外、決勝戦と大きな違いはない。⇒ゆさぶる
 ・決勝戦で味の評価が低かったのは⇒ゆさぶる
 質問を変えるべきか?⇒氷堂について
 ・氷堂どのの息子とワシの息子は、当時同じ小学校に通っておったな⇒ゆさぶる
 ・決勝戦で味の評価が低かったのは⇒ゆさぶる
 質問を変えるべきか?⇒準決勝戦について
 ・準決勝戦では氷堂どのとの協力以外⇒つきつける【家族の写真】
 何ができるというのですかな?⇒お菓子の味見をさせた

 塩分の正体⇒凶器の岩塩ランプ
 凍らせる必要があったのですか⇒死亡推定時刻をずらすため

 〜風見を逮捕できない理由〜
 ・ワシが氷堂を殺害したのは、いまから18年も前のことなのだ。
 ・この国の殺人罪は、15年で時効になるのだろう?
 ・つまり、ワシを逮捕することは不可能だと言うことだ!
 ・時効が過ぎているからこそ、罪を認めてやったのだ!

 =追究開始=
 ・この国の殺人罪は、15年で時効になるのだろう?⇒ゆさぶる
 気になる情報があっただろうか?⇒西鳳民国での修行について
 ・その後、ワシは西鳳民国で修行して世界一の菓子職人の地位を得た⇒つきつける【公訴時効の本】
 異議をとなえるべきだろうか⇒異議をとなえる
 ミカガミ裁判官に示す⇒IS−7号事件の資料
 どのページを見ればよいのですか?⇒容疑者のデータ

 ▼同日 午後4時56分 留置所 面会室

 キズナの証⇒チョコレート

 ▼同日 某時刻 御剣法律事務所