逆転検事2 攻略所
戻る

第5話 大いなる逆転 中編2

 ▼同日 午後4時51分 タワー裏・空き地

 〜SS−5号事件の真相〜
 ・大統領が施設に行ったのはまちがいない。
 ・ぬいぐるみがその証拠だ。相沢アミと会うつもりだったのさ。
 ・だが、大統領は誘拐されてしまった。それを偶然見ていたのが、亀井だ。
 ・亀井がいなければ、殺人は起こらず誘拐だけで終わっていただろう。
 ・そのあと死体は花壇に移動され、ニセの目撃写真が撮影された。

 捜査手帳【SS−5号事件の資料】の情報を書き換え
 =追究開始=
 ・亀井がいなければ⇒つきつける【ナゾの血痕】
 何があったのかを示している!⇒【子供の絵】
 立っている人物は……⇒鳳院坊了賢
 存在する可能性とは?⇒ホンモノと影武者
 ないだろうか?⇒SS−5号事件の資料
 証拠品……それは……!⇒亀井の写真
 ここに存在したのだ!⇒怪獣の足跡
 捜査手帳【怪獣の足跡】の情報を書き換え
 理由を示すのは?⇒被害者のクツ
 捜査手帳【SS−5号事件の資料】の情報を書き換え

 〜了賢を助けた者〜
 ・たしかに、王大統領を殺したのはセッソウよ。
 ・しかし、あのとき命をねらわれたおったのはセッソウも同じ。
 ・影武者の男、バンサイ、マリーは、セッソウの口も封じるつもりだった。
 ・あのとき、コゾウと再会しなければ、危ないところだったわい。
 ・コゾウが今どうしているのかは、セッソウも知らんがのう……。

 =追究開始=
 ・あのとき、コゾウと再会しなければ⇒ゆさぶる
 ・気になる点はないだろうか?⇒ある
 ・気になるのは⇒日付
 日付が意味するものとは?⇒IS−7号事件の資料

 〜了賢と“コゾウ”のその後〜
 ・セッソウが獄中に入ってからもコゾウとの交流は続いておった。
 ・それが、ここに来てぱったりと止まったのが気がかりでな。
 ・しかも、12年前の事件の関係者がたてつづけに事件に巻き込まれた。
 ・気になってのう。ちょっと脱獄してきたというわけよ。

 =追究開始=
 ・セッソウが獄中に入ってからも⇒ゆさぶる
 捜査手帳【通信チェスの紙】を記録
 ・つなげる証拠はないだろうか?⇒内藤の遺品
 ・調べるべきなのは?⇒指輪
 捜査手帳【内藤の遺品】の情報を書き換え
 ・気になってのう。⇒ゆさぶる
 ・点字で手紙を書くというのも、なかなか楽しいものだったのじゃが。⇒つきつける【通信チェスの紙】
 捜査手帳【通信チェスの紙】の情報を書き換え
 ≪黒幕≫の正体は……!⇒猿代草太
 映っていないだろうか?⇒左上を拡大、つきつける