9時間9人9の扉 006

A:このまま「4」の扉でかまわない
B:やはり「5」の扉に入ろう
――きっとフローチャートが分かれる選択肢。

本当は「5」に入って、「9」のバングルを回収しておきたいんですがね。
でもまずは周囲に促されるまま「4」に行ってみますかね。

淳平と共に進むのは、
八代・サンタ・紫 です。
倉敷茜の傍にいてやれるんだ、って、男らしい発言(言ってないけど)が。

先に「5」のメンバーが先に進みます。
一宮、ニルス、四葉、セブン。
無事にまた合流できればいいけどな。

閉まった扉の向こうから、認証装置を見つけたらしいセブンの声が響き、ほどなくして電子カウント音が消えました。
声はこっちに通るんですね。

淳平が呼びかけると、四葉が応えてくれました。
DEADはREDと同じデザインをしているが、色だけが青色になっている、と。
一宮が先に進むから、キミ達も気を付けてくれ、とサヨナラを交わし。
……誰か、「9」のバングルを取った様子はないようですね。
残念。

さて。続いて「4」の扉の番ですね。
ゲートをくぐった瞬間、バングルにドクロマークが浮かびました。悪趣味だな。
背後の扉も閉まり、ますます嫌な感じ。
DEAD認証も何とか済ませ、次の進路を探します。

通路正面の両開きの扉には、鍵穴と火星のマーク。
……太陽系ってあと何個のマークがあるんだろう。
てか、大階段フロアにあのマークがあったってことは、いつかあそこに戻ってくるってことかな。

太陽と土星、地球のマーク。
4の扉の向こうには「火星」のマーク。

茜と淳平がマークを調べている間、サンタが他のドアを確認してくれていました。
他のドアは、全部開かない、と。
あとは、両開きの扉の脇に設置された2枚の扉のみ。
左手「B92」と右手「B93」。

淳平と紫でB92を調べることになりました。
ようやく探索パート開始です。

タイトルとURLをコピーしました