9時間9人9の扉 016 海図室

海図室の探索開始。

目の前の大きな棚をクローズアップさせ、引き出しから「航海図の束」ゲット。
視点を左に移動させ。
壁にかかった大きな地図をタッチ。
あ、手に「航海図の束」を持っていると、世界地図と見比べてくれました。
ファイルに「航海図」が登録されました。

海図室で見つけた航海図。

南、西、南西、北西、東、北と一直線に進むようだ。
陸地を結ぶ航路にはそれぞれ、
FULL→HALF→SLOW→FULL→
HALF→DEAD→STOP
と書かれている。

地図は……本当の世界地図ですね。
日本から始まってオーストラリアへ――最後はイギリスの辺りか?

机の上の、壁に打たれた棚の本をタッチ。
ファイルに「航海日誌」が登録されました。

海図室で入手した航海日誌。
最後のページにはこう書かれている。
―――――――――――――――――
この航海ももう終わりだ。
出航してから南へ、西へ。
あるときは大陸を迂回するために南西へと舵を取り、北西へと進む。
陸地にぶつかれば東へとへさきを向け、今は北へと進んでいる。
この船の祖国、英国の港はまもなくだ。

やっぱり最終地点はイギリスか。
今は北に進んでいるってことは、DEAD(フランス)から出港したばかりの頃、か。

……ついでに国名と一緒に照会しておくかな。

ええと。
1:日本からFULLで南のオーストラリアへ
2:オーストラリアからHALFで西のマダガスカルへ
3:マダガスカルからSLOWで南西の南アフリカへ
4:南アフリカからFULLで北西のアメリカへ
5:アメリカからHALFで東のフランスへ
6:フランスからDEADで北のイギリスへ
7:イギリスでSTOP

よし、探索に戻りましょう。

机にクローズアップ。
真ん中の引出しから「懐中時計」ゲット。
10時5分39秒で止まっています。
あ、一宮が出てきました。様子を見に来ただけだ、と言う一宮に。

A:ああ、いけないね!
B:別にいけないってわけじゃないが……

「A」はダメだろ。何様だ、淳平。
ということで「B」を選択。

が、淳平の心の中で「本当は一宮にいてもらうと困る」との呟きが。
ああ、四葉に「次に狙われるのは私」という話を聞きたい、ってことか?
そんな雰囲気を嗅ぎ取ったのか、一宮が淳平と四葉を見比べ。
激しく誤解したまま、操舵室に帰って行きました。淳平には茜がいますから!
一宮が操舵室に戻ったあと、四葉と話。
あ……でも淳平が聞きたかった話は、狙われる云々の話ではなく、この船で9年前に実験が行われた話らしい。なんだよ。
でも四葉は話す気分じゃない、とのこと。
代わりに、誰が犯人だと思う? と聞いてきました。

――仮にセブンの言っていたことが確かだとするなら、犯人は2人以上。
ニルスと共に【3】の扉を開くことができたのは、一体誰か?
3人なのか、4人なのか。
けれど四葉は、犯人は3人や4人はあり得ない、と断言。
うーん。
ひとまず犯人は2人だった、というパターンで考えます。

ニルスのバングルナンバーは【2】。
数字根を「3」にするためには。
眼鏡男の「9」なんて、まったく考えないと。

サンタ(3)+セブン(7)+ニルス(2)=12=3

この組み合わせしかなくなるんだよな~……。
ひとまず、これでヨツバに回答。
でもまだ分からない。犯人は3人か4人かもしれないし。

けれどもヨツバは可能性が低い、と言って8パターンを書き出しました。
A:2+(136)=12
B:2+(145)=12
C:2+(478)=12
D:2+(568)=12
E:2+(1378)=21
F:2+(1468)=21
G:2+(1567)=21
H:2+(3457)=21

淳平を信じるとすると、B、D、G、Hは消える。
四葉が含まれてるパターンも消すと、AとEしか残らない。
A:2+(136)=12
E:2+(1378)=21
しかし、Aには紫が含まれているから、これもあり得ない、と消す。
そうすると、Eのみ。

一宮、サンタ、セブン、八代。
全員が共犯になってしまう。
だから可能性は低い、とのこと。
そうすると最初に言った、サンタとセブンが共犯だという線が濃厚。
あとは動機だが――と言ったところで一宮が再び姿を現しました。
淳平だけが操舵室に連れ出され、そして先ほどの投票のズルがバレマシタ。
ただの好奇心だよ、と一宮は笑いますが、もしかして疑われてる?

そのまま探索続行です。

場所は操舵室に移りまして。どうせだったらこのまま調べますか。
舵輪がある視界には何もなかったので、右に視点移動。
左の扉に何か爆弾みたいなプレートが掛かってますが……。
扉をタッチすると、クローズアップ。
プレートをタッチすると、「LOCK」と書かれていました。
図は、爆弾じゃなくて……なんだろう。
懐中時計?
あ、ちょうど手に懐中時計を持ったままだったので、嵌め込んでみました。
……何の変化もありませんでした。
でも行為は問題ないみたい。
時計に何かの細工をしなければいけない……?
何時に合わせるか、とかかな。

アイテム欄に行って時計を調べてみると、針だけなら動かすことができるようです。
どうしようかな、と思いましたが、それだけ。
自分で今動かせるわけじゃないみたい。なんだ。

ひとまず扉前から離れて、換気扇みたいなものにタッチすると、電光掲示板だと教えてくれました。
これも仕掛けを動かしてからじゃないと意味ないみたい。
視界を戻して、奥の扉をタッチ。
あ、四葉がいる部屋に戻ってきました。

左視点に移動させ、入って来た扉をタッチ。意味なし。
更に左視点に異動させ、先ほど探索した場所に戻ってきました。

操舵室に行きましょう。

視点を左に移動。
また大きな舵輪がありました。
タッチするとクローズアップ。
……どこをタッチしても、イベントなし。
戻ります。

左の、大きな丸いやつをタッチ。テレグラフというらしい。
船の速度を調整するための装置。
本来はこの上にハンドルがついてるらしいが、今はありません。
まずはそれを探せってことか?
……さっきの舵輪を外してここにつける、なんて馬鹿なことないよね。でかすぎや。

念のため、先ほどの舵輪に戻って、もう一度タッチ。
あ、イベントが進んだ。
カラカラと音を立てて舵輪が回ります。
同時に、羅針盤も動くらしい。
船の操作画面に移りました。

うーん?
とりあえず、この船が辿った航路通りに合わせてみますか?
南、西、南西、北西、東、北なので。
羅針盤をS→W→SWの間→NWの間→E→Nに回した後に。
……取っ手が取れました。
ああ、舵輪じゃなくて取っ手か。ああ、びっくりした。
テレグラフに必要なのはハンドルだと言ってたから、取っ手じゃないと思うんだけど――取っ手を持ちながらテレグラフを調べてみると、あろうことか嵌りました。
ハンドルじゃないじゃん!!

ふぅ。

あ、次は速度を嵌め込めば良さそうです。
FULL→HALF→SLOW→FULL→
HALF→DEADSLOW→STOP
この通りにタッチすればいいだけ。
壁に変化が現れたようです。

電光掲示板があるところに視点を移動させ、電光掲示板をタッチ。
左側にだけ文字が浮かんでます。
どうやら世界各地の港の名前みたいです。
――国名じゃなくて港かよ。そこまで知らんよ。

最終的に3時0分10秒に到着すればいい、という解釈みたいです。

あ、次は港を調べるのかと思ったけど、違うみたい。
時間だけの確認か。
――今なら懐中時計の針を動かせるのかと思ったけど、アイテム欄で調べてもダメでした。
けれども。
そっか。
さっきは手に何も持っていない状態で調べたんですが、今は懐中時計を持っている状態。
そのまま電光掲示板を再タッチすると、一宮が針を合わせてくれました。

3時0分10分

この状態の懐中時計を手に持ったまま、LOCKされた扉へ。
プレートにはめ込みます。
OPENになって、開きました。よし。

四葉を呼び寄せ、扉を開いたら脱出完了~。

 

幾つかの部屋を通り過ぎ、その中で機関室だろうか。
モールス信号を打つ電鍵を発見。
SOSの打ち方しか分からん。
あ、機関室じゃなくて通信室のようです。一宮さん物知り。
船長室にも繋がってるみたいです。
そういやゼロは船長だと言ってたっけ。まぁ、この部屋にいるわけないけどね。

が。

船長室にいたのは、倒れた男。
なんだこいつ。
まじで?

斧で刺されたようです。
知らない顔。
けど、手に「0」のバングルが。
ゼロ?
いや、偽装だろう。最初から死んでたよ、きっと。

タイトルとURLをコピーしました