9時間9人9の扉 030

実験室を出て、次の扉を開こうとしたところで紫に遭遇。
他のグループと合流です。
船内マップも手に入れ、再び大病室へと戻ってきました。
一宮とも合流です。

セブンから木星の鍵を受け取り、状況整理。
先に進む前に四葉から「3」の扉を調べたいと提案があり、セブンたちが同行しました。
ここら辺は前と一緒ですな。

四葉たちが扉向こうを調べている間、サンタたちで他の部屋を探索。
大階段の前で「意味がないだろ?」と言われましたが、ここは前と同じように「意味ならある」を選択。

ず~っと進んで。
紫とエレベーターに乗る場面に。
ここで選択肢。

A:密室で2人きりになってしまうこと
B:下向きのボタンしか存在しないこと

前は真面目に「B」を選択したんですが、紫の反応を見たくて「A」を選択。
結果、淳平の暴走妄想が展開されました。阿呆。
“(-“”-)”

二人でEデッキに向かい、「6」のナンバリングドアを確認し、再びCデッキへ。
大病院へ戻るとニルスが死んでいると聞かされ、確認に。

≪ゼロが船内にいるという話を……≫
A:疑問に思う
B:当然だと思う

もう一度、ここでは「A」を選択。

≪何か、何か言わないと……≫
A:「確かに……そうかもしれないな』
B:そんなバカな! ありえない!

前は「A」を選択していたんですが……もしかしてその選択が、四葉がこのメンバーの中にゼロがいると確定して斧のENDに繋がったんだろうか。
今回は「B」を選択。

あと数時間でこの船は沈むのに、そんな危険を冒してまで俺たちの中に紛れ込んでる理由がない。
そう反論すると、四葉は切なそうに「信じてくれないんだね」と落胆したようです。
あら……信頼を失った?

淳平の代わりに一宮が四葉を慰めに入りましたが、四葉の心には届かない。
3時を告げる、時計の音。

タイトルとURLをコピーしました