9時間9人9の扉 046

天王星の扉を開いて、通路の先へ。
海王星の鍵で、更に先へ。そこには焼却炉がありました。

焼却炉の中で、先に進んだサンタたちとようやく再会できました。
まぁ向こうにとっては望んでなかったかもしれないけど。

一宮と八代が「9」と書かれた扉の前に。
サンタは腹を抱えてうずくまっており、紫は壁に背中を預けてぐったりとしている状態。
駆け寄ると、弱々しいながらも意識はあるようです。
いきなり具合が悪くなって倒れたとのこと。

無理矢理現在に意識を繋ぎ止めてる感じなんだろうか。

セブンがサンタに近づき、様子を確認。
銃は一宮に奪われており、今度は八代が人質になってます。

一宮と八代のバングルが認証され、そして鳥の巣頭の男が嵌めていた「9」のバングルを取り出し。
しかし一宮はまだゼロの正体に気づいてないようです。
3つのバングルを認証させ、レバーを下ろす。
けれどもエラーに。

ああ、紫のバングルが9だったから、あの男のバングルは「6」だったとか?

うろたえる一宮の隙をついて飛び掛かるセブン。
八代が解放されました。

セブンの体当たりを受けて倒れている一宮の前に行き、時系列を説明。
虹崎を自分が殺した、という事実に一宮は動揺したみたいです。
しきりになぜ、と呟いてますが、同情の余地はないね。

船長室での動機も、ようやく語ってくれましたが、それでもまだ釈然としない。
いくら麻酔薬を打たれていても、船内を動き回れるような自由を与えていたら、サンタのトリックが無意味になりそうで。

続いてサンタに視線が向けられます。
お前がゼロなんだろう、と言っても頑なに違うと受け入れませんが、セブンがすべての記憶を思い出したことを告げると態度が一変。けれども彼はゼロ自身ではないと断言。ゼロに協力はしていたが、サンタ自身は参謀みたいなものだと。

……ああ、もう。そうしたら茜がゼロだということは確定してしまうじゃないか。

今回のゲームはすべて復讐のためだと言っていたが、それも違うとのこと。
亡くなった妹を救出するため、とのこと。

あー、過去から意識を引っ張り出すとか、そういうことだろうか。
セブンが茜の方を振り返りますが、彼女は消えてました。
そしてセブンはいきなり頭痛に苦しめられ。

――ふと疑問に思ったんだが、こうして淡々と説明をしている間、一宮の体力は回復して襲って来ないんだろうか。
どこか遠くで歯車が動く音がしたようです。
焼却炉がまた稼働するのは本当に嫌なんですけどー。

淳平が色んなことに苦しんでる間、サンタが再び銃を持って、一宮に突き付けていました。

もはや一宮は抵抗する気力もないらしく、サンタに言われるがまま。

どうするつもりだと問いかける淳平に、俺はサンタクロース、って。
妹の願いを叶えてやるのさと。

サンタは一宮を伴ってゲートを出て行きました。
……このゲートって、9のゲート? 焼却炉の入口?

彼らが向こう側に行った直後、扉が閉まってしまいました。

取り残されたのはニルス、四葉、セブン、八代、淳平。
まさか……と四葉とニルスが嫌な予感を募らせます。
まさか、ねぇ。
紫の願いが全員を殺すこととは考えにくいけど……生命の危機に陥らせて送信者と受信者の力を最大限発揮させる、ってことだったら有り得る話ですよね。

淳平が9の扉に向かいました。
さっきサンタが出て行ったのは焼却炉の入口だったようです。
淳平がREDに手を翳そうとしますが、ここにいるメンバーの数字根は8だから、これだけでは開くことができません。

でも四葉は諦めてないみたいです。

手帳とペンを借りて、色んな組合せを試し――破ってグシャグシャに。
セブンが慌てて開くと、そこには唯一9にできる組合せが。

2457=18

これでは八代が脱出できない。
でも八代は既に察していたらしく、諦めムード。
全員が八代を残すことに拒否反応。全員で脱出できる方法を探すことに。

ニルスがぼそりと、開かないんじゃないかな、と呟きました。

一宮が189の組み合わせで認証させたとき、REDはエラーを返していたから、と。
試すだけでも試してみよう、と提案されました。

――認証エラー。

あ~……。
窪田のバングルが実は「9」じゃないんじゃないかと思ってましたが、これは扉の数字の方が違うということか。

どうすることもできず、途方に暮れるメンバー。
……いきなり、視点が変わりました。

右上が「茜ビジョン」に切り替わりました。
なんだそりゃ。

タイトルとURLをコピーしました