ダンガンロンパ 006

 朝食は全員一緒に摂ることになったので、食堂へ向かいます。
 ……集まってる人数が少ない気がする。
 今日は熱血石丸が一番乗りだったんだ、と笑顔で話しかけてくる石丸。
 そりゃ良かったねぇ。
 チヒロとアオイ、サクラも普段通り。ここら辺はさほど心配ないのかな。
 最初からそろっている彼らは『規則正しい高校生』に分類される面々。
 ……誠の考え、酷いよ。
 で、少し遅れて来たのが。
 ヤンキーのモンド。ギャルのジュンコ。同人作家のヒフミ。
 で、人を散々待たせた挙句に来るのが。
 クールなキョウコ。ゴスロリのセレス。ミュージシャン希望のレオン。文学少女の腐川。占い師のヤスヒロ。
 時間はおろか、他人のことさえ気にしない、マイペースな連中。
 ……誠……。
 あれ? 御曹司が来ない。サヤカもか。
 と思っていたら、御曹司ビャクヤが来ました。
 サヤカが心配になり、食堂を飛び出す誠。
 自分の部屋は、すっかり様変わりしていました。
 というか超荒らされた跡があるんですけど。

 模擬刀は鞘から抜かれて床に放置され。鞘も放置。ルームキーも床に投げっぱなし。そして床と壁、寝台には刀傷。テープクリーナーはなぜかかなり減った跡があるとのこと。
 なぜ?
 なんとなく、サヤカが真犯人だったらどうしようかねぇとか疑ってしまった。
 シャワールームを覗き込み、そこにサヤカ発見。
 ピンクのペンキ……?
 彼女の腹には包丁が刺さっており。
 でも血は、ないんだよね……?

 誠は叫び、そこで暗転。
 ……死んだのか? それとも、模しただけなのか。

タイトルとURLをコピーしました