ダンガンロンパ 009 学級裁判

 集合場所は、学校エリア1階にある、赤い扉。
 ああ、あの、モノクマの絵が描かれた、鍵のかかった扉か。

 中に入ると、全員がそろっていました。熱血石丸に怒られました。すいません。
 エレベーターで裁判場へ。
 まるで円卓の騎士だな。

 弁論準備に入るわけですが、ここでようやくスキルの意味を理解。
 冷静沈着。
 照準のブレが少なくなります。ノンストップ議論、閃きアナグラムで有効です、とのこと。
 そして美声は、相手の発言を破壊した際に、相手に与えるダメージが増えます。マシンガントークバトルで有効です、とのこと。
 ノンストップ議論とか、マシンガントークバトルとか、楽しそうですね。

 学級裁判、開廷。
 モノクマが簡単な説明をしてくれました。
 ここにきて石丸、
「みんなで目を閉じよう! そして、犯人は挙手したまえ!」
 と、今までの調査を無にするような小学生発言。
 阿呆!
 案の定、モンドからバカにされました。
 サヤカと江ノ島の遺影も参加。死んだからと仲間外れにはしない、というモノクマの優しさらしい。吐き気がするね。
 そして、空席が1つ。
 その意味を聞くセレスだが、それは特に深い意味はないらしい。単純に、最大16人収容可能な裁判場っていうだけのことらしい。
 でもそれなら拉致するのも16人にしてくれば良かったんじゃないか?
 本当に何の意味もないのかなぁ。

 ノンストップ議論。
 登場人物たちが次々と発言し、議論が自動的に進行。
 誠は嘘や矛盾を見つけ出し、言弾(コトダマ)を使って論破。
 捜査で集めた言弾(コトダマ)のうち、議論に必要なモノのみ、コトダマシリンダーに装填。左スティックで照準を動かし、△ボタンで発射。
 もしくは、セリフを直接タップすることでも可能。
 登場人物の発言セリフに注目をし、当てないといけない。
 タイムがなくなると失敗。

 さ、始まりました。
 弾は、「争った形跡」。
 フジサキの発言、シャワールームにいたところを突然襲われて、そのまま殺されてしまった、というところでタップ。
 2回のタップで論破成功、ブレイク。
 ドキドキするなぁ。
 僕の部屋の状況を思い出してみてよ、と反論する誠。
 争った形跡があった。もちろん、サヤカと犯人が争った。だから、シャワールームにいた所をいきなり襲われた訳ではなく、最初に部屋で襲われ、そのあとシャワールームに逃げ込んだところで、追ってきた犯人に殺されてしまった。
 そんな感じで論破。
 うーん。

 次は凶器の話に。
 弾丸は「厨房の包丁セット」です。
 犯人がナイフでぶっさしやがったんだな、というところで発射。
 ?
 論破できなかった。
 もう一回。
 どうやら文字色が変わっているところを素早くタップしないとダメらしい。
 二回目でできました。
 タイミングが難しいな。
 誠、刃物はナイフなんかじゃなくて、厨房の包丁だったはずだよ、と反論。
 が、結局、凶器がなんだったかはどうでもよく、お前が犯人なんだろ? と詰め寄るレオン。それに乗って、フカワも、現場は苗木の部屋だったんだからこれ以上の根拠はないでしょう、と同意します。
 ちょっとむかっ。レオンが犯人のくせに。

 ここで補足説明。
 Rボタンを押している間、精神集中を行うことができる。
 精神集中を行うと議論の流れが遅くなり、発言をじっくり聞くことが可能になる。照準のブレも抑えられるため、ウィークポイントを狙いやすくなる。が、精神集中は集中力ゲージを消費するため、集中力ゲージがなければ使えない。集中力ゲージは時間と共に回復していく。
 とのこと。
 さ、議論開始。

 次の弾丸は「朝日奈の証言」です。
 論破するセリフは、フカワの「食堂に誰もいない時に」だと分かってはいるんですが、あの文字、動く……! 弾丸が当たらない!
 そんなことありですか!
 もう1度……っ。ちくしょーう。ブレってこういうことか。
 Rの精神集中をして、ようやく当たった感じ。
 うーん。こりゃ大変だな。

 厨房から包丁を持ち出したのはボクじゃない、と反論。
 だって朝日奈が紅茶を飲んでる間に包丁がなくなった。彼女が紅茶を飲んでる間、誠は食堂に来ていない、と朝日奈は証言。
 つまり、包丁を持ち出したのは誠ではない。
 筋道立てて理解できるのって楽しいねぇ。

 だがフカワが新たな可能性を提示。
 朝日奈と誠が共犯関係にあり、嘘の証言をしている、とか。
 共犯者が存在している場合は、共犯者もクロになるのか? とビャクヤがモノクマに問いかけます。
 殺人の際、共犯者を味方につけることは可能だが、卒業できるのは実行犯であるクロ1名のみ、とのこと。殺人を手伝っても共犯者は得しない。クロが卒業したら、それ以外の人は処刑されてしまうんですからねぇ。
 それでも、今回の犯人は共犯者のルールを知らなかったのかも、と疑う皆に、モノクマが面倒くさいなぁと、共犯者がいないことを暴露。いいのかよそれで。

 だったら包丁を持ち出したのは誰なのか?
 食堂にずっといた朝日奈なら可能だろうけど、とセレスが矛先を朝日奈に向けます。もちろん朝日奈は否定。
 証明する人物はいるのか? とヒフミが追及すると、なんとサクラが証明してくれました。食堂で紅茶を飲んでたとき、格闘家サクラがずっと一緒だったとのこと。
 じゃあ二人のうちどちらかが包丁を持ち出したんじゃないのか? と、占い師。
 だがそれはあり得ないらしい。
 サクラは昨晩、朝日奈の部屋に泊まったから、と。
 変な映像を見せられたせいで怖くなったため、朝日奈がサクラに頼み込んだらしい。なるほど。
 それは校則違反じゃないのか? と眉を寄せるフカワですが、フジサキが否定。
 個室以外で寝ることは禁止されていたけど、他人の個室で寝ることまでは禁止されていない。だから問題ない。
 が、石丸……「男女が1つの部屋に泊まるなど不健全だ!」と語気を荒くしますが……お前は地雷を踏んだな。
 サクラ、静かに。
「我は女だが?」
 と否定。
 石丸、直立不動で謝りました。爆笑。
 朝日奈たちが食堂にいる間、一人だけ、食堂に来た人がいるらしい。
 レオンか?
 と思いましたが、違うらしい。すでにここにいない人。つまり、サヤカ。
 ってことは、サヤカが包丁を持って部屋に戻ったってことか?
 選択肢がいきなり登場。
 包丁を持ち出したのは、舞園さやか。
 彼女は食堂に来るなり朝日奈たちに見向きもせず、厨房へ入って行ったらしい。水を飲みに来ただけだと言っていたが、おそらくその時に……と。
 もしかしてサヤカが誰かを殺そうとしてたってことはあり得ないかなー。
 逆に殺されてしまった、というパターン。
 うーん。
 自分で持ち出した包丁を犯人に奪われて殺されたのなら、包丁を持ち出していないからと言って、容疑が晴れたとは言えない訳だ、とビャクヤの矛先が再び誠に。
 もう!

 ここでキョウコが助け舟?
 今回の犯人は、部屋の持ち主ではありえない行動を取っていた、と擁護してくれます。その行動の謎を解明しない限り、誠が犯人だとは言い切れない。
 現場となった部屋には、『あって当然の物』がなかった。
 ……?
 なんだろう。
 ここまで言えばわかるわね、とキョウコに言われますが……分からん。
 ネームプレート?
 ……。
 キョウコが床を調べていたことを思い出し、ああ、髪の毛か? と思い当たりました。でも、あり得ない行動……? につながるかどうかは、分かりませんが。
 あって当然の物は、もう、髪の毛しか思いつきません。

 これから閃きアナグラムが始まります、という説明が入りました。
 なんだよ。
 ここでは、事件に関わる重要なキーワードを完成させることが目的になるらしい。
 飛んでいる文字や、分かっている文字から、キーワードを推理し、正しい順番で文字を撃ち落とし、キーワードを完成させる。
 ……マジですか。
 間違った文字を撃ち落してしまうと、発言力ゲージにダメージを受けてしまうとのこと。発言力ゲージやタイムがなくなると、失敗です。

 頑張るっす。
 左下に文字が現れるので、それを見ながら足りない文字を、画面中央で撃ち落せば大丈夫。
 今回は、髪の毛。
 本当に1文字ずつ撃ち落とす感じですね。
 今回は何とかなりました。良かった。

 僕の部屋には髪の毛が一本も落ちてなかったんだ! と閃く誠。
 もし自分が犯人なら、どうして自分の部屋の髪の毛を、そこまで徹底的に掃除する必要がある? 自分の部屋に自分の髪の毛が落ちてても、おかしくはない。
 犯人が掃除し、自分がその部屋を訪れたという痕跡を消すために、髪の毛が落ちていなかった、と考えるべき。
 誠が犯人ではない根拠は他にもある、と言ってくれるキョウコ。
 おお、いいぞー。
 現場となったシャワールーム周辺の状況。
 最初に部屋で襲われ、そのあと、シャワールームに逃げ込んだ。
 犯人はその後を追って、シャワールームに入った。
 そこで、刺殺した。
 そのとき、犯人はすんなりとシャワールームに入れなかった。そのことを示す証拠。
 シャワールームのドアノブを選択。
 うう、焦るなぁ。
 壊されていたんだよ、と教える誠。
 犯人が鍵を壊そうとしてドアノブごと外した、と補足するキョウコ。
 これが、誠が犯人と考えられない根拠。
 自分の部屋のドアを壊すはずねーって? と、あきれるレオン。
 部屋の持ち主ではあり得ない行動の、意味。

 ノンストップ議論の補足説明。
 この議論からウィークポイントを増やすらしい。なんてことをしてくれるんだ。
 ウィークポイントが複数あっても、議論の中の嘘や矛盾は、基本的に1つ。
 つまり、偽物のウィークポイントが混ざってくるらしい。
 偽物のウィークポイントを論破しようとすると信用が損なわれ、発言力ゲージにダメージ。もちろん、ゲージがなくなると失敗です。
 が、頑張る……。

 今回の弾丸は、シャワールームの建付け。
 矛盾のセリフは……シャワールームには鍵がかかってたからな。
 レオンのセリフです。
 意外にダミーが沢山あって、ちょっと惑わされた。
 論破成功です。
 モノクマも、誠の部屋のドアの建付けが悪かった、と証言してくれました。

 犯人は鍵のせいだと勘違いしたからドアノブごと鍵を壊そうとした。

 では、なぜ犯人は鍵がかかっていると勘違いをしたのか?
 セレスの言い分ももっともです。
 つまり、現場が苗木の部屋だと知らなかったとしか考えられない。
 ということで、ようやく誠が犯人ではないことを信用してくれました。
 長かったな。

 じゃあ犯人は誰?
 とりあえず多数決で決めようという馬鹿石丸は無視することにして。

 朝日奈の疑問。
 そもそも、犯人はどうやって誠の部屋に入ったのか?
 うん、それは、私も知りたい。
 次の議論はそこになりそうだ。
 訪問者に成りすまして部屋に入ったんだよ、というヒフミの言葉は否定。
 理由の選択では「部屋の交換について」。
 自分から鍵を開けたとは考えられない。
 が、彼女が怯えていたこと自体が嘘だったとしたら? と、キョウコさんから意外な発言が。
 う……。
 それは、ちょっと、考えたんだけれども。
 キョウコさんが出したのは、新たな証拠。
 どうやら部屋にあったメモの炙り出しらしい。
「2人きりで話したいことがあります。5分後に、私の部屋に来てください。部屋を間違えないように、ちゃんと部屋のネームプレートを確認してくださいね」
 という言葉が。
 これでネームプレートが入れ替わっていた訳が分かりました。
 サヤカ自身が取り換えたってことですか。

 そのメモを、呼び出したい人物の部屋に滑り込ませれば、呼び出しができる。

 論破開始。
 弾丸は「個室のネームプレート」
 論破するセリフは「苗木君がいた舞園さんがいた部屋」です。

 二人のネームプレートは交換されていたから、そうはならない。
 じゃあ、それをやったのは誰か? もちろん誠ではない。
 ネームプレートの交換が可能だった人物は「舞園さやか」しかいない。

 なぜそんなことを?
 部屋の交換を隠した上で、ある人物を呼び出したかったから。
 ……朝日奈の言う通り、そんなことをして何の意味が?
 彼女がその人物を招き入れたあと、そこで何が起きたのか。答えはそこにある。

 部屋には模擬刀があったが、あれは何だ? と聞かれ、理由を話す誠。
 犯人はきっとあの模擬刀でサヤカの右手首を骨折させた。
 が、レオンが反論。
 なぜ骨折が模擬刀のせいだと分かるのか?
 「舞園の手首」を選択。
 右手首の腫れている部分についているキラキラしたもの。模擬刀の金箔です。
 つまり、そこに模擬刀の打撃を受けたから、金箔が右手首に付着した。

 あの部屋で起きた事件。
 再びノンストップ議論の補足説明。
 次の議論からは複数の言霊(コトダマ)を装填。が、ウィークポイント同様に、議論を論破できるコトダマは1つだけ。
 なんって面倒くさいんだ。
 正しい組み合わせを選ばなければいけないって訳ですね。
 Lボタンで言霊を変更できるらしい。

 議論開始。
 弾丸は
 ・金箔の模擬刀(鞘)
 ・厨房の包丁セット
 ・金箔の模擬刀(抜き身)
  ……抜身と鞘なんて、どっちがどっちなんだよ。
 ひとまず。論破するセリフは、「模擬刀の先制攻撃だべ」で、論破材料は「金箔の模擬刀(鞘)」。
 先制攻撃するなら鞘に入ったままじゃなく、抜いて、抜身の刀で襲い掛かるはずだから。だから、模擬刀の鞘に傷がつくとは考えにくい。
 鞘には刃物で切り付けられたような傷がある。つまり、さやかが持っていた包丁……?
 あー、なんとなくつながりました。
 包丁で襲い掛かり、犯人は咄嗟に模擬刀でそれを防ぎ。続いて鞘から刀を抜いて、さやかに襲い掛かった? のかな。
 サヤカが模擬刀で防御を行った、という推理をする皆ですが、それはキョウコによって否定。彼女が模擬刀を手にしていないのは、彼女の体のある部分を見れば分かる、と。
 それは……。
「手のひら」
 です。
 金箔が手のひらについてないから。
 シャワールームに逃げ込んだときに洗い流したかもしれないじゃない、と言われますが、夜時間のときは水が出ないと言ってましたよね。
 選択は、「水が出ない」。
 サヤカの死亡時刻が午前1時半頃だったため、水が出ないのです。
 ということで、包丁を持っていたのは「舞園さやか」で決まりです。

 サヤカは被害者どころか、自らが殺人を行おうとしていた。
 そして、お人好しの誠に殺人の罪をなすりつけようとして部屋の交換を持ち掛けた。更には、彼女は超高校級のアイドル。誠と彼女と、どちらの主張を信じるかは一目瞭然。
 ……みんな酷いよ。次々と誠を追い詰めていく(笑

 弾丸は「ダイイングメッセージ」
 論破するセリフは「新しい手がかりがない」
 論破成功!

 ようやくダイイングメッセージまで行きましたね。
 そもそも、あのダイイングメッセージがさやかのものだという証拠は? という問いには、「左手の人差し指」を選択。
 その指で血文字を書いたからです。
 右手を骨折していたから、左手で書いた。

 さ、肝心の、ダイイングメッセージの意味。
 誰も気づいてないのかと思ってましたが、キョウコがあっさりと「数字じゃないもの」とばらしました。なんだ、気づいてるんじゃないか。
 ヒフミも、アルファベットに見えませんか? と。
 犯人の名前は。
「クワタ レオン」
 を選択。

 なんとか言い逃れようとするレオンですが、皆の攻撃はすさまじく。
 彼が処分しようとした証拠は、ワイシャツの燃えカス。
 刺殺した際に返り血を浴びた。その返り血を浴びたワイシャツを処分するために、焼却炉に放り込んだ。その際に、燃えカスを残してしまった。
 犯人を割り出すために注目すべきなのは、この証拠品の、処分した方法。
 掃除当番以外でも、証拠隠滅する方法はある。

 弾丸は「割れたガラス玉」
 セリフは「焼却炉に近づかなきゃ」。

 犯人はこのガラス玉を「投げて」、焼却炉のスイッチを操作した。
 焼却炉の火をつけたところで、丸めたワイシャツを投げ込んだ。
 現場に残っていたのは、割れたガラス玉、付けっぱなしの焼却炉の火、燃えカス。
 掃除当番が犯人なら、もっと丁寧に証拠を隠滅しているはず。
 ごもっともです。
 焼却炉は鉄格子から10メートル以上離れていたからできないはずでは?
 でも、犯人は超高校級の野球選手。だから、難しいかもしれないけど、不可能ではなかった。

 が、まだ認めないレオン。
 クライマックス推理が始まるとかって……何、クライマックス推理って。
 事件の総まとめを行うとのこと。
 事件の流れをマンガ形式で再現。
 しかし、ところどころ抜けているコマがあるため、与えられた推理コマを、抜けているコマにはめ込んでいき、マンガを完成させる。

 ……これ、結構難しいです。
 漫画のコマはL+Rボタンで選択することができ。
 肝心の漫画は十字キーでページ送り。
 全部埋めると△ボタンで再現開始。
 ここで間違えていなければそのまま行きますが、途中、間違えていたらそのコマだけやり直し。
 時間はたっぷりあるので、ゆっくり考えれば大丈夫だと思われる。

 再現が終わったわけですが……まだ認めないレオン。
 あくまでも今のは推理で、証拠が何もない。
 彼が犯人だという、その証拠。
 誠が持っているらしい。
 え……何?

 今度はマシンガントークバトルが始まるらしい。
 忙しいな。
 相手が誠の意見を全く聞き入れようとしない場面が訪れたとき発生するのが、誠と犯人との1対1の口論バトル。
 現れる相手の発言を、リズムに合わせて破壊していくのが目的。
 画面下を流れるテンポマーカーが真ん中に来た時に、タイミングを合わせてボタンを押すか、タップ。相手の発言をロックオン。そして△ボタンで発言を破壊。
 うーん……?
 面倒くさそうだなぁ。

 ドアノブからネジを外すのに使われた彼自身の物。
 それは――
 と、マシンガントークが始まりましたが……全然分からん。
 わけがわからんまま、負けてしまいました。
 うう、やり直しだ。

 最後のマシンガントークは、画面をタップするより、テンポ刻みながら○ボタンを押し、そして△ボタンを押す、という方が簡単にいきました。
 相手の言葉がなくてもとりあえずテンポだけは守って○ボタンを押しておき、そして△ボタン。これで簡単に行きました。
 最後のとどめだけは画面タップで。

 シャワールームに入る際に、犯人はどんな道具を使ったんだろうね? と問いかける誠。
 黒いよ。
 誠の部屋にあった工具セットには、使われた形跡はなかった。
 では、犯人が使った工具セットは、誰の工具セットだったんだろうね?
 もう、罵詈雑言しか言えなくなっている犯人。
 犯人はきっと、自分に配られた工具セットを使ったはずだよ、と説明する誠。
 ついに、反論をしなくなった桑田。
 でもなぁ。
 今回は悪意があって、最初から殺したくて殺したんじゃなくて、サヤカの方から殺そうとして、いうなれば自己防衛でサヤカを殺した形だから……すっきりしない。
 裁判結果は優。983ポイントです。
 微妙なポイントだな。
 1000とか、キリのいい数字じゃないのか。
 メダルを79個もゲットしました!
 おおおお、びっくり。いきなり貰いすぎだろう、メダル。

 さ、その後です。
 議論の結論が出たので投票タイム。
 投票の結果、クロとなったのは……もちろん、桑田。
 ふざけた演出ですな。
 大正解! 今回、舞園さやかを殺したクロは、桑田怜恩クンでしたー! と。
 一歩間違えれば殺されてたのは俺だったんだ、仕方なかったんだ、と叫ぶ桑田。
 ……ならせめて、サヤカの攻撃をよけたあと、追撃しないで逃げてればよかったのに。言ってもどうにもならないけれども。

 見事にクロを暴いたので、クロである桑田怜恩クンのお仕置きを行いますと明るく宣言するモノクマ。
 正当防衛を叫ぶレオンに、どこが? と返すセレス。
 シャワールームに閉じこもったあと、一度わざわざ自室に帰り、ドライバーで鍵を怖し、とどめを刺した。何度も立ち止まるチャンスはあったはずなのに、と。
 でも、でもなぁ。
 止める誠。一番悪いのはモノクマだ、と。

 いきなりCG。
 ――引きずられ、磔にされたあと、千本ノック。
 なんていうか……具合悪くなってくるストーリーだな。
 あれで生きていられるとは思わないけど、はっきりした描写がないだけ、いいけど……。
 最後、ハッピーエンドで終わるんだろうか、これ。
 ここでやめようかと思いましたが、一応、最後まで……やるか。

タイトルとURLをコピーしました