ダンガンロンパ 010

 チャプター2。
 シャワールームに入ると、きれいな状態にされていました。
 まるで最初から何も存在しなかったかのように、消えた。

 学級裁判が終わった直後、邪魔な死体は綺麗に掃除しておいたから、とはモノクマの言葉。理不尽だらけの校内で、果たしてそのまま生きてくことなんてできるのでしょうか。
 食堂に行くと、現在生き残っている全員が集合していました。
 空気の読めない石丸に殺意が。
 朝日奈が明るく、みんなで協力して脱出しよう、と励ましてくれました。いい子だなぁ、朝日奈。が、水を差したのはビャクヤ。もーう。
 協力しないならしないでいいから和を乱す発言をしないでくれないかなぁ。
 次からはもっと簡単に裏切り者が出るぞと脅されました。
 フカワまで苦々しく毒づきます。
 そしてセレスも。
 黒幕は、私たちが考えていたよりも強力な力を持っているようだから、逆らうのは危険すぎる、と。
 ではどうするのだ、と尋ねるサクラに、ここでのルールに従うまでだと諦めるビャクヤ。似合わないなぁ。
 どうしても出たいのなら、他の奴らを騙して勝て、と。
 桑田は全員が投票して死んだんだから、全員が殺したも同然だよとチヒロが泣きますが、あれはもうどうしようもないからなぁ。
 みんなの心がバラバラなまま、夜時間のチャイム。
 いつも通り、モノクマの放送が始まりました。今回は余計な発言もひっさげての放送。本当、いちいち腹が立つ言動ですねぇ。

 翌朝、体育館へ呼び出された皆。
 始まったのはラジオ体操。
 石丸だけがセンターで頑張ってます。

 むろん、それだけではなく。
 学級裁判を乗り越えるたびに新しい世界が広がるようになっております、と発表するクマ。つまり、今まで行けなかった場所にも行けるようになったってことですね。
 再びみんなで手分けして調査です。

 体育館前ホールの監視カメラを調査。メダル獲得。
 今まで調査したところ、すべて刷新されてるのかな。
 ホールを出たら案の定、2Fへの階段に降りてた鉄格子が消えていました。
 ……行きますか。
 一番近くの教室2-A。
 時計を調査。メダルゲット。
 窓の鉄板からメダルゲット。

 少し離れたところにある2-B。
 監視カメラからメダルゲット。

 図書室。
 机からメダルゲット。
 一番右の本棚からメダルゲット。
 ヒフミの隣の本棚からメダルゲット。
 小さな本棚の上に手紙を発見。希望ヶ峰学園事務局。ずいぶんと埃をかぶっているようです。
 中を確認してみましょう、というキョウコに戸惑いますが、手がかりを得るためには必要です。ということで、読みます。

 希望ヶ峰学園事務局からのお知らせ。
 希望ヶ峰学園は長年にわたり、世界に通じる人材の育成に専心してきました。
 長い歴史を刻む中で、本校は、政府特別認可の伝統ある教育機関として……
 数多くの卒業生を社会に送り出し、今や各界で、多数の卒業生が活躍しております。
 ですが、このたび、我が希望ヶ峰学園は、その栄光の歴史にいったん幕を下ろす事となりました。
 苦渋の決断ではありましたが、深刻な問題の発生により、これを余儀なくされました。
 しかし、希望ヶ峰学園は、これで終わりではありません。
 近い将来、先に述べた問題が改善され次第、すぐにでも活動を再開させる所存です。
 最後となりましたが……長年にわたりご支援、ご助力を賜りました関係者のみなさまに心より感謝を申し上げます。
 なお、希望ヶ峰学園の廃止は、政府当該機関の認可を待って行われることを申し添えます。

 という内容。
 ……既に、希望ヶ峰学園は学校としての役割を終えていたもよう。下手をすれば、一年以上も前に。
 が、黒幕が無人と化したこの学園を乗っ取り、舞台を作り上げたのだろう。
 閉鎖されている雰囲気はどこにもなかったし、ネットでも取り上げられていなかったのに、と反論する誠。つまり、それが黒幕の手。そうやっておびき出されたんだ、とちょっと悔しそうなビャクヤ。
 学園内に、処刑場や裁判場を造るようなヤツなんだ。
 何をやったとしても不思議じゃない……。
 その意見には賛成です。
 この手紙が本物だとすると、この学園に生徒がいないのは、すでに閉鎖されていたからだと納得できる。
 しかし……手紙に書かれてる『深刻な問題』って、なんだろうか……。

 一番左の机の上に、ノートパソコンを発見。
 電源を入れても起動しないようです。残念。
 ……いや、待て。壊れていても、プログラマーがいるじゃないか。彼女なら直せる?
 って、誰もその可能性に気づかないのか。
 後で話しかけてみよう。

 図書室の向こう側の扉から、書庫へ……と思ったけど、ビャクヤに止められました。本が大量に積まれている以外は何もなかった、と。
 ……自分の目で確かめてもいいじゃないか。
 でも素直に諦める誠さん。うう。物足りない。

 図書室から出て、次は紫扉の水練場。
 プール? 朝日奈が喜びそうだな。
 中に入ると、案の定、奥にプールがあるのよ! と訴えてくる朝日奈。しかも更衣室にはトレーニング機器が勢ぞろいらしい。目がマジです。
 が……天井に、更に怖いものがぶら下がってるんですけど。
 マシンガン?
 ビート版が並んでいる棚を調べると、メダルゲット。
 浮き輪を調べるとメダルゲット。

 どうやら青い扉が男子更衣室。赤い扉が女子更衣室のもよう。
 中に入るには電子生徒手帳が必要らしい。
 と、ここでモノクマ登場。
 うっわ、こっわ。
 更衣室に入るには、扉の横にあるカードリーダーに電子生徒手帳を重ねてください、とのこと。男子更衣室には男子の電子生徒手帳で。逆もまたしかり。もし誰かが開けたところに別の人が入ろうとしたら、天井からぶら下がっているガトリングガンで撃たれるらしい。
 ……あ、そう。
 生徒手帳の貸し借りはどうなの? と尋ねるセレスに、考えてなかった! と目を瞠るモノクマ。校則に、電子生徒手帳の他人への貸与禁止、という項目を追加されました。
 ちっ、余計なことを。

 これでひととおり調査が終了しました。
 食堂に戻ります。

 新たな発見があったか? と聞く石丸に、鼻息荒くしたヒフミと朝日奈が、図書館とプールの報告をします。ずいぶん嬉しかったんだな、二人とも。
 が、やはり脱出できるような何かは見つかりません。
 そこで石丸が、なんと、この1階にある倉庫と大浴場に入れるようになっていた報告をしてくれました。風呂と倉庫かー。
 しかも、倉庫には食料や衣料などが大量に保管されていたらしい。
 夜時間の出歩きは禁止ですよ、と釘を刺すセレス。

 今日はこれで終了です。

タイトルとURLをコピーしました