スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 012

 学級裁判が始まりました。
 ――またしてもモノミが天井から吊るされていて笑った;

 まずはトワイライトシンドローム殺人事件の登場人物からハッキリさせていくことに。
 あのゲームの登場人物は、A子、B子、C子、D子、E子、F男、最初に殺された女子高生。
 スタッフロールには、罪木、小泉、西園寺、澪田、佐藤、九頭龍の名前があったから、あてはめていけばいい。

 まずは操作キャラのA子から。
 特徴は、オドオドとしているいじめられっ子キャラ。
 とくれば、A子=罪木しか考えられません。

 B子は背が小さくて口の悪い女子だった。
 ゲーム内でも“ゲロブタゴミカス女”という暴言を吐いていた。
 となれば、B子=西園寺で決定。

 C子の特徴は、やたらとハイテンションで独特な口調。
 澪田しか考えられません。

 D子の特徴はいつもカメラを持っていること。
 つまり、殺された小泉真昼。

 F男は、もう九頭龍しか考えられません。男は1人しかいないしね。

 九頭龍の名前が2回も出てくるのは、確かにゲームクリア時はおかしいなと思っていましたが、今なら別におかしくない。
 九頭龍には妹ってのが存在していたはずだから。
 この島にいる仲間の中に、九頭龍の姓を持つ人がいるって解釈じゃないでしょうか。

 選択肢は「妹がいた」です。
 そして、その妹はもちろん、最初に死んだ女子高生。

 残るE子は“サトウ”さん。
 そんな人物は仲間の中にはいませんが……名前を変えてるってのは充分考えられることですし。
 話を進めましょう。

 E子が殺された理由。
 それは、E子が犯人だったから。最初の女子高生を殺した犯人だったから、です。

 続いて、最初に殺された女子高生の話に。
 七海が最初の事件の舞台となった音楽室周辺をMAPにしてくれてました。
 丁寧で分かり易いMAPです。
 そのままゲームの流れを説明してくれました。

 玄関ホールでガラスが割れたような音を聞いた、A子・B子・C子・D子の4人。
 直ぐに2階へ向かって階段を上がっていくと、音楽室の前にはE子がいた。
 E子が、今の音は音楽室の中から聞こえたと証言してくれた。しかし音楽室には鍵がかかっていた。
 D子が職員室まで鍵を取りに行き、ようやく5人は音楽室に入ることができた。
 だが、そこには頭を殴られて殺された女子高生の死体があった。
 音楽室の窓ガラスが割られていたため、犯人はそこから逃げたと考える。E子のスクール水着が盗まれていたから、犯人は変

質者だということにもなった。

 ……これをさっきのキャストに当てはめると見えてくる……?
 妹は、E子=佐藤さんに殺された。
 ……ああ、そうね。最初から詰まった。話を進めよう。

●E子は音楽室の中で女子高生を殺した後、どうしたのか?

 弾丸「割れた花瓶の写真」
 論破するセリフ「窓ガラスの割れる音」

 そもそも皆が聞いたのは、窓ガラスではなく花瓶が割れた音だった。
 E子は音楽室で女子高生を殺し、窓ガラスを割った後、職員室まで音楽室の鍵を取りに行った。
 その鍵で廊下から音楽室に鍵を掛けた彼女は、それをまた職員室に戻し、音楽室の前まで戻ってきた。
 あとは4人が玄関ホールに集まった頃合いを見計らって、隣の教室で花瓶を割ればいいだけ。

 謎は解けましたね! と喜ぶ罪木に待ったをかけるモノクマ。
 凶器がなんだったか判明してないもん! と、ちょっと可愛い。
 凶器はちゃんとゲームに出てきた物だけど、意外な物だよ、と言われました。なんだ?

●凶器は何だったのか?

 弾丸「盗まれた水着」
 論破するセリフ「砂利で殴った」

 なるほどね。
 水着に砂利を詰めて振り回せば、立派な凶器となります。

 本当に大事な話はここからだよ、と水を差す狛枝。
 E子さんには共犯者がいて、それが実はD子さんだった、と言います。
 どこまで知ってるんだこいつは。

 D子=小泉が共犯者だというセリフに西園寺が突っかかりました。

 花瓶の欠片を処分したのがD子だった、と日向が説明します。
 そもそもE子が殺人に及んだ理由は『D子さんを守るため』。
 被害者の女子高生から色んな嫌がらせを受けていたことを知ったE子が止めようとしたが、口論になり、勢いのまま殺してし

まった。
 だが、そのE子もゲームの最終日に何者かに殺された。

 E子を殺したのは誰?
 今のところ「F男」としか考えられません。
 妹の復讐ですね。

 案の定、九頭龍に疑惑の目が向けられました。

 しかしペコが、ゲームと小泉の殺人は関係があるのか? と、当然の疑問を投げかけます。
 E子と小泉の殺人には『金属バット』が凶器という共通点があるから、関係ないと考えるわけにはいかない。

 お前が小泉を殺したんだ、と追い詰める西園寺ですが、ペコが止めました。
 あからさま過ぎる、と。
 まったくもってその通り。
 が、今度は西園寺に矛先が向けられました。
 ペコは堂々と「お前こそが真犯人ではないのか」と糾弾。

●西園寺が真犯人?
 弾丸「砂浜の足跡」
 論破するセリフ「行ってない」

 頑なに「行ってない」を繰り返す西園寺ですが、それは通らない。
 砂浜についてる足跡は西園寺のものですし、西園寺がビーチから青い顔で走り去っていくのを見てましたから。

 ここで明るく「ビーチハウスに行った時の事を思い出したよー!」と笑う西園寺。気持ち悪い。
 日課である朝の散歩の時にビーチハウスに行ったの、と言い逃れようとしますが……そんな日課、初耳すぎますから。

●ビーチハウスに行ったという証拠を見せろ
 弾丸「小泉が持っていた手紙」
 論破するセリフ「朝の散歩の時だけ」

 小泉のポケットに入っていた手紙を見せました。
 ……?
 西園寺は「そんな手紙は知らない」と言い張りますが……なんか、これは本当っぽいです。
 追い詰められての驚愕というより、初耳の驚愕っぽい。

 ここで左右田も思い出しました。
 15時30分ぐらいにダイナーで、西園寺の姿を見ていたことを。
 思い出すのが遅いっちゅうねん。

 14時30分に小泉と待ち合わせをして殺したなら、15時30分に見かけたのは妥当な時間だ、と納得するペコ。
 続いて、九頭龍もダイナーの前を通ったよな? と言う左右田。
 てっきりお前も容疑者だという方向かと思ったら、お前も西園寺を見たんじゃないのか? と賛同を求める結果に。
 しかし九頭龍は「見なかった」とのこと。
 九頭龍がダイナーの近くを通ったのはたまたまだと言いますが「ビーチハウスなんぞ気にも留めてなかったな」なんて強調さ

れてしまうと、しっかり意識してるんじゃないか、と思ってしまふ。
 彼は左右田と会った後、直ぐにホテルに戻ったようです。その間、誰とも会っていない。
 ……ちょっと怪しい証言ですが。まぁ後回し。

 ペコが「西園寺はビーチハウスで小泉と会っていた」と話を巻き戻します。

 ――スポットセレクト
 クローゼットをチェック。

 西園寺はクローゼットに隠れていたのだ、と指摘。
 そこに落ちていたグミが証拠だ、と。
 そんな物食べたことないよ、と言い逃れようとする西園寺ですが、それはあからさまに嘘だろう。
 これはお面のヤツの罠だ、と矛先を何とか変えようとします――なんとソニアが賛同してしまいました。
 あのお面は西園寺のものではなく「キラキラちゃん」のものです、と。

 キラキラちゃんこそが小泉さんを殺した犯人なのです、と別方向に話を持っていこうとします。
 やめて。

 弐大猫丸がソニアの話をガン無視して「往生際が悪いぞ!」と矛先を戻してくれました。
 さすがだ。

 日向が「何か腑に落ちない」と疑問に思ってくれました。
 そうなんだよなぁ。
「まるで誰かに誘導させられているような……」
 というセリフで、また狛枝か!? と思ってしまっても罪はない。

●西園寺への追及
 弾丸「グミの袋」
 論破するセリフ「グミを落とした」

 なんか納得できない日向がようやく論破したのは、西園寺が落としたと思われるグミについて。
 確かに、グミを西園寺が好んで食べていたからと言って、彼女が落としたという証明にはならない。
 西園寺がここで反論。彼女が食べてるグミに、黄色いグミはないらしい。やっぱり罠だったんだ、と半泣き。

 しかし九頭龍は諦めず。

●九頭龍の追及
 弾丸「罪木の検死報告」
 論破するセリフ「最後の力を振り絞って」

 小泉は即死だったから、あのドアを塞いだのは小泉じゃない。犯人が小泉の死体でドアを塞いだんだ。
 死体を引きずったせいで床には血痕が残った。
 犯人が西園寺だとすると、ドアを塞いだのも彼女だということになる。しかし西園寺の着物は血で汚れていなかった。

 私の無実は証明された! と大喜びする西園寺。
 が、ここで反論が来ました。

●九頭龍の反論

 弾丸「シャワールーム」
 論破するセリフ「シャワーで洗い流せばいい」

 シャワールームは故障していたから、そのようなことはできない。
 なら汚れてもいいように服を脱いだのかもしれない。死体を運んだ後に、また服を着たんだ。
 などと、九頭龍の反論は歯切れが悪くなり。
 西園寺が「1人で服を着られない」ことを突き付けると、ついに論破できました。

 そもそもビーチハウスは、中での着替えは禁止されている。
 ルール違反していたら、モノクマが黙っていなかっただろう。

 今度は左右田が「逆に言えば血まみれだった奴が怪しいってことか?」と頭を働かせました。
 ――彼の脳裏に、待ち合わせ時のオワリが血まみれだった姿が浮かびました。
 弐大のオッサンにボコられたせいだ、とすぐさま反論。
 弐大も保障してくれました。
 短い舞台だったな、左右田。

 私はもう犯人じゃないってことでいいんだよね? と念押しする西園寺に、これ以上の追究もできず、そうだね、と同意する

七海。

 納得していない九頭龍に、日向もおかしいと感じ。
 他の思惑を探します。

 それを追究する前に狛枝が口を開きました。
 西園寺は犯人じゃないかもしれないけど、確実にビーチハウスに行っている。その内容を教えて欲しい、と。

 西園寺はしぶしぶ話してくれました。
 今日の朝、小泉から声を掛けられた。後で集まれないかと。
 断る理由はなかったから、いいよ、と答えた。
 その時は14時ぐらいに集まろうという話になったが、お昼過ぎくらいにコテージのポストに手紙が入っていた。
 それは、西園寺から小泉に宛てたと思われた手紙と、文面がほとんど同じ。
 時間は同じ14時だが、集合場所をビーチハウスに変更する旨の手紙だった。
「西園寺が持っていた手紙」を記録。

 これは「小泉が持っていた手紙」と矛盾。

 小泉が持っていた手紙には、14時30分の待ち合わせ。
 西園寺が持っていた手紙には、14時の待ち合わせ。

 両方とも、犯人がねつ造した手紙だったのでしょう。
 筆跡がほぼ同じらしい。

 ――狛枝、犯人がボクになんの相談もしてくれなかった、と嘆きます。

 大事なのはその続き。
 西園寺はビーチハウスに行ったあと、どうしていたのか?

「寝ちゃった」
 と、サラッと。
 おい! と思いましたが、どうやら薬を嗅がされたようです。
 起きたらいつの間にか狭いクローゼットの中に押し込まれていて、外に出たら小泉の死体があった。取り乱してビーチハウス

から逃げ出した姿を、左右田たちが目撃した、ということに。

 改めて、小泉を殺した犯人を見つけることに――裁判中断。

 おお、裁判中断は毎回入るんでしょうかねぇ。
 セーブして、話を進めます。

タイトルとURLをコピーしました