スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 013

 学級裁判再開。
 犯人の目的が西園寺を罠にはめることなら、そこで使われた物が手がかりになるはず。
 七海が冷静に分析してくれました。
 信頼できる人になりましたねー、七海。

 西園寺が目を覚ましたときグミはなかったという。
 犯人は西園寺がビーチハウスを出たあとでグミを置いたということになる。
 現場にわざわざ戻ってこなくても、ビーチハウスに隠れていればいい――が、ビーチハウスに隠れる場所などない、と西園寺

が反論します。逃げるときにシャワールームを少し覗いたが、誰もいなかったらしい。
 ――鉄格子の窓……から屋根にのぼって西園寺をやり過ごし、それから中に入った、ってことは考えられないかな……。

 新要素が増えました。
 ロジカルダイブ。

 1:犯人がビーチハウスに来たのは西園寺の前?→西園寺の前
 2:犯人がビーチハウスから出たのは、西園寺の前?→西園寺の後
 3:西園寺が眠っている間、犯人はどこに隠れていた?→ビーチハウス

 隠れる場所ならあったはず。
 西園寺がちゃんと見ていない場所――クローゼットに。
 西園寺は目覚めたあと慌てて飛び出したと言っているから、クローゼットの中はちゃんと見ていないはず。
 あんな狭い場所に二人も入れるのか? と言うペコに、七海が頷きました。

 だからこそ犯人は隠れ場所を無理やり作ったのだと。
 右の棚、下から3段目の、サーフボードケース。
 あの場所はすごくごちゃごちゃしていたけど、犯人が自分の隠れ場所を確保するため、わざとそうしたのではないか、と推理

する七海。

 ボクもその意見には賛成だな!
 といきなりにこやかに賛成する狛枝。

 が、ちょっと気になったことがある様子。
 死体発見アナウンスが流れる条件には『3人以上の人間が死体を発見』とあった。
 3人以上には、犯人自身も含めるか否か?
 モノクマはものすごく言いたくないような感じで渋々、今回は犯人を含んでいない、と教えてくれました。
 つまり、今回は『犯人以外の3人』が小泉の死体を発見している。

 それがどうかしたのか? と聞く日向に、なんとなく気になっただけだよ、と笑顔で首を振る狛枝。もうっ。

●犯人は死体でドアを塞いだはずだが、結局、その時についた血をどうしたのか?
 弾丸「シャワー以外の物」
 論破するセリフ「洗い流すのは無理」

 返り血を洗い流すだけならシャワーを使わなくてもできた。
 冷蔵庫のドリンクを使えばいい。
 ゴミ箱にもいっぱい捨てられてたし。

 ――ペコの反論が来ました。
 弾丸「ゴミ箱」
 論破するセリフ「水の類はなかった」

 ペコの反論、素早くて見切れない; が、なんとかクリア。
 事件後には確かに水はなかったが、事件前には確かにあった。その水をすべて使って、犯人は自分の体の血を洗い流した。
 証拠はゴミ箱の中に残っている。
 大量に捨てられた同じ種類のペットボトルがそうだ。

 論破しておき、気づいた日向。
 大量のペットボトルを全身に浴びていたら、そいつは――と。

 指名は――辺古山ペコ。

 黙ってしまったペコですが、冷静に口を開いてくれました。
 なぜ私が犯人だと思うのだ? と。

 ダイナーに来たペコは、ひと泳ぎしてきた後だと言って、全身濡れていた。

 お前が犯人なんじゃないのか? と問い詰める皆に、なぜか九頭龍が猛反論してきました。
 ダイナーでペコを見ただけで、ビーチハウスから来たのを見た訳じゃないんだろう? 本当に泳いできたのかもしれないじゃ

ないか、と。
 泳いでいるのを見たヤツもいないだろう、と左右田が反論。
 それには、オレが見てるぞ、と九頭龍が証言しました。

 ……あからさまに嘘くさいんだけど。

 ダイナーで左右田たちと会ったあと、ホテルに帰る途中ですれ違ったらしい。
 だから間違いなく、ビーチハウスとは逆の方向からダイナーに来たはずだ、と譲りません。

 けれど日向が反論。
 先ほど九頭龍は、すぐホテルに戻ったけど誰とも会ってない、と言っていた。
 良く覚えてるなぁ、日向。
 動揺する九頭龍。

 ペコが妹だったとか?

 ムキになって「まだ決めつけるのは早いぞ」と反論します。

 まずは犯人の脱出経路を特定します。
 シャワールームの小窓しか考えられません。

 が、あの窓の高さじゃ辺古山に届くような高さじゃない、と九頭龍が勝ち誇りました。

 犯人が窓から出るために道具を使ったとしたら、処分などできなかっただろうから、隠し持っているしかない。

●閃きアナグラム――しない

 辺古山は背中の竹刀をいつも肌身離さず持ち歩いている。
 待ち合わせのダイナーに来たときもそうだった。
 辺古山は竹刀を踏み台にして窓から出た。

 竹刀を踏み台にしたら、その竹刀が残されてしまうだろう、と九頭龍から最後の反論。

●パニックトークアクション開始
 「しないぶくろ」

 回収する方法は、竹刀袋を使えばいい。
 切り返すと見事に言葉に詰まりました。

 再び証拠の話に。
 証拠がなければ認めない、と怒鳴る九頭龍ですが、ついにペコが折れました。

 これ以上は何を言ってもただの悪あがきだ、と。
 そのまま投票タイムへ移行しようとしますが、七海が止めました。

 1つだけ確認。
 辺古山の動機について。

 ペコはトワイライトシンドローム殺人事件とは無関係だった。
 ならば、なぜ小泉を殺したのか?
 その理由は、大義のため――と答えてくれましたが、意味が、良く分かりません。
 この世の正義を守るため、と歪んだ笑顔で。
 私が人を殺す理由はただ1つ、正義を守る為だ、と。

 あれ? この流れって、ペコがキラキラちゃんだったという流れですかね?
 狛枝に一種つながるような異常者っぷりを披露してくれました。
 必死に止める九頭龍ですが、止まらないペコ。
 ――お面を被っての決め台詞に超爆笑。

 皆がドン引きの中、七海は冷静に「で、殺した理由は?」と問いかけます。
 が、ペコは「悪・即・惨・殺!」と再びきめ台詞。やめろ。

 なんだかまだ釈然としない感は残るんですが、クライマックス推理に突入。

 ペコの正義っぷりにドン引きしながら早く投票させろと訴える皆に応えて、モノクマが投票開始。
 ええええ、やっぱりまだ何かあるよ、と思いましたが、投票は行われ、ペコがクロに決定。
 本当か?
 ドキドキしていると、なんとソニアが割り込んできました。
 もう少しだけ話し合いを続けたい、と。

 犯人がペコであることは疑ってはいないようですが、ペコがキラキラちゃんであることには疑問を持っているようです。
 そこかい。

 ソニアが知るキラキラちゃんとは決定的な相違があるらしい。
 それは「国籍」。
 ソニアが読んでいたキラキラちゃんの雑誌は、スペイン語の雑誌。
 つまりキラキラちゃんは日本人ではない。

 騙されたΣ( ̄□ ̄ll)

 ジェノサイダー翔に惑わされた。完璧に騙されました。
 ちくしょう、悔しいなぁ。

 ペコもそれを認めました。
 この仮面はもう必要のない物で、今事気づいたところでお前たちは手遅れだ、と意味深な言葉。
 ペコは、道具としての私の役割はもうすべて完了しているのだから、と。
 意味が分かりません。

 ――すでに投票を終えた今となっては……という意味では……?

 選択を間違えたってことか……?
 狛枝が教えてくれます。

 ビーチハウスには、辺古山と西園寺の他にも人がいた。
 それを裏付ける根拠は、「死体発見アナウンス」。
 犯人を含まない3人以上が死体を発見すると流される。
 今回発見したのは「西園寺」「左右田」の二人。そうすると1人足りないから、必然的にもう1人が現場にいたことになる。

 それは「九頭龍冬彦」。
 さっきペコが「私は“あのお方”に使われる道具でしかない」って言ってたから、ペコは組員ってことでしょうか。

 ゲームで起きた事件が現実でも起きていた根拠は「クリア特典」

 自分の妹の死体写真を見せつけられたら、ゲームの中の事件が現実だったと、信じるしかない。
 妹の復讐をペコに命じた、ということか……?

 投票を終えてしまったぞと騒ぐ皆。
 そんな皆を見ながら、私は犯人ではないということだ! と断言するペコ。
 いや、いやいや、でも、手を下したのはペコで間違いない。
 いくら首謀者が九頭龍だからといって、殺人を犯したのはペコだから、間違えていないはず……だよな?

 辺古山は、自分はただの道具だから、実際の犯人は九頭龍だと断言。
 それがペコの主張ってことですね。
 人間ではなく凶器として扱えば、自分は犯人枠から外れる、と。
 ……いやぁ、それって、通るのかなぁ……?

 気になる裁判結果は。
 なぜか迷い中だと言うモノクマ。
 お前のさじ加減で決められたら迷惑だ……!

 ペコを本当に道具として認めているのか? と問い詰められ、動揺する九頭龍。
 最後にはちゃんと本音を言ってくれました。
 だからこそペコが犯人に確定されたわけですが。

 モノクマもペコが犯人だと断定し、話は処刑へ。
 公園のオブジェが不気味に稼働。
 ようやく気づいた。
 あと15の後の文字、今まで「二手」と読んでましたが、「ニチ」ですね、たぶん。
 あと15ニチ。
 ああもう、なんだろうなぁ。

 せっかく用意した希望の欠片もすべて集めることができなくなった、と。
 今回はハッピーエンドがあるのかな……? あってほしいなぁ。

タイトルとURLをコピーしました