ダンガンロンパ 絶対絶望少女 048 CP5

 階段を上がるとイベント挿入。
「いかにもラスボス戦って感じの雰囲気ね」
うん、私もそう思います。
というかBGMがダンガンロンパだ(笑

扉を開けるとクロクマ登場。
あれ、モナカがいない。
「見るからに下品ね」
見るからに……ああ、そうですねー。
どうやらシロクマとは兄弟らしい。AI繋がり?
ここにモナカがいないのは昼寝の時間だから、と教えてくれました。
昼寝は大切ですねー。

赤、緑、青の扉。
「モナカちゃんの安眠を妨害する勇気があるなら、その扉を開けてみな」
クロクマに挑発されたんですが、嫌な予感しかしない。
1つ1つ、またあのロボットと戦わせるとか言わないだろうな。

あ、どの扉にモナカがいるのか当ててみろってことらしい。
間違えた扉を開くと死。
え、これって謎々なんですか?

すんごい単純に緑扉じゃね? とか思ったんだけど、違うのだろうか。
部屋を見回してもヒントなんてないし。
クロクマの向こうの扉に駆け寄ってみましたが開きませんし。

本当に単純に、青扉→渚、赤扉→大門、緑扉→モナカ、と考えたんですけど。
間違えてもいいか、セーブしてきたし。
ということで緑扉へ。
あ……巨大な獣モノクマに一発KOされました。

ちっ。

ロードついでにスキルを見直してみたら、SPが増えてたので選別し直し。
「殺人衝動」と「二人の絆」をセットしました。

赤い扉の前に行って。
緑の扉の前に行って。
はしごを登って。

クロクマは話をしようぜと言いながら、何も話さないし。
どこかに隠し扉でもあったりして?
あ、こんな時のための「観」か?
そうは思ったものの、何も見つからず。

……あてずっぽうで、青扉に行ってみます。

あ、なんと正解でした。
なんで?
さっぱり分からん。
一番上の部屋だから?

勢いよく飛び出してくるモナカ。
「立った! モナカが立ったーッ!」
って、そういえば車いすだったっけ。
やっぱり立てるんだね、と問いかけるコマル。目が怒ってます。
「さてはモナカの秘密の部屋を見たな」
と怒りますが、ああ、なるほど。
梯子を使わないとあの部屋には行けないもんね。

障がい者の方が良かった、と言うモナカ。
ハイジたちに引き取られても、ずば抜けて優秀だから疎まれて虐められたらしい。
そして、かわいそうな子どもになって、同情されればいいんだと思いついた。
うーん、ここまでは普通の子供の発想なんだけどなぁ。
実行しちゃうんだもんなぁ。

クロクマがうるさく口を挟んで来ましたが、モナカの「マナーモード」によってフリーズ。
……だ、誰もツッコまないのか、そこ。

おもむろにモノクマコントローラーを取り出すモナカ。
塔和グループロボット開発部門最高責任者、塔和モナカ。
ずいぶんな肩書ですなぁ。
ハイジ、知ってたのになぁ、あのヘタレめ。

バトルロボットは他のものとは比べ物にならないからね、と言ってクロクマに指示出し。
うーんと、外のギャラリーがうるせぇ(笑

巨大なロボットとの戦闘です。
ひとまず大きな広間を逃げ惑っていると、ヒントを貰いました。
光っているものが怪しい、と。

肘や膝の関節ですね。
青と赤に光ってる丸い宝石。
奴の攻撃の後、大人しくなった隙を狙って「壊」で破壊。
すべて破壊すると敵がダウン。
前方からクロクマが出てくるので、「壊」で攻撃。
しばらく経つとクロクマがロボの中に戻っていくので、先ほどの繰り返し。

背中狙うのが面倒くさいな。照準合わせてる間に振り返ってくるんだもん。

と、何度かクロクマを引きずり出して。
撃破です!

セーブを求められました。
ひとまず別のセーブデータを作っておいて、ストーリーを進めましょう。

もしかしてこれで終わりかな……?
ちょっと物足りないかも。
でもアクション嫌いだからこれでいっか。

ロボットが爆発。
クロクマの首が吹っ飛びました。
そして外のギャラリーでは「大人の勝利だあぁ!」という実況が(笑
テレビの隅っこで怯えてる子供らが可愛そうだ。

一方フロアでは、モナカが呆然としてます。
「嘘。モナカ、負けちゃったの?」
と。
あら。
これからまた何かひと波乱あるんだろうと思ったけど、終わりかな?
コントローラーを、まぁ、ある程度は抵抗しながらもアッサリと渡すモナカ。
いや……本当にこれで終わりか……?
コントローラーに仕掛けをするくらい、モナカならやりそうだ。

コントローラーを壊せばモノクマの暴走も止まって、洗脳も解ける。
そういう風に理解している2人に、ちょっと待ったをいいたいです。
モナカの目論見が分かった気がする。
精密機器を壊すな。
絶対制御不能になりそうな気がする。

二人を見上げるモナカが笑顔を浮かべてるのを見て、ますます確信。
誰か止めてくれ、とハイジの登場を願っていたら「壊す」「壊さない」の選択肢が!

え。
これ、ハッピーエンドとバッドエンドの分かれ道ってことかな。
ひとまず「壊さない」を選択します。

怪訝そうな腐川に、気になることがあって、と言うコマル。
そしてそこに乱入者。
誰かと思ったらピンク髪の女の子だ。
コントローラーを壊すのは待って下さい、と必死。BGMが不穏です。

助けに来てくれたんだね、と笑顔のモナカ。
が、ピンク髪の子は猛烈に拒否。
コントローラーの秘密を知ってるから止めに来たと思ったら、どうやら彼女は子供たちの洗脳が解ける方に恐怖を抱いている様子。
え、そっち?
せっかくできた友達までいなくなるのは困るんです、と必死の形相。

洗脳でできた友達なんて諦めろ。

モナカとコトコの舌戦展開。
つくづく、モナカは役者で腐ってるなぁと思ってしまうのは私だけだろうか。
腐川まで「あんな連中のことは放っておいて、コントローラを壊せ」と迫ってくるし。
全部が全部、壊す方向に持っていこうとするのはどうなのさ。

ここでモナカが「お願いですから……正しい選択をしてくださいね」と恐ろしい声音でお願いしてきます。
お前、それは脅迫や。
「これって、正しい選択をしない限り、永遠に続く選択肢ですから」
ん?
永遠に続く選択肢?
ってことは本当は「壊す」のが正しいってことか?

再びコントローラーを「壊す」「壊さない」の選択肢。
……うーんと。
ものすごく気にはなるんだけど、もう1回「壊さない」を選択してみますか。
これで後の展開が同じだったら無限ループだ。

あ、でも同じ展開じゃないみたい。
普通にピンク髪の子もいるし。
「お姉ちゃんは、狂ったコドモ達を止めたかったんじゃないの?」
なんて、新しいセリフも出て来た。
そしてさすがに腐川もおかしさに気づいた様子。
「なんでいつの間にかコントローラーを壊させようとしてるのよ!?」
これでもう腐川は大丈夫だろう。コマル側に味方してくれる。

ここでまた「壊す」「壊さない」の選択肢が。
ここまでされて「壊す」とバッドエンド直行みたいだよ、もう。
一貫して「壊さない」と選択。

壊す、壊さない、じゃなくて、そのコントローラーでモノクマを操ったらいいのに。

少なくとも今は壊さない、と言い切ったコマルに安堵です。
信頼できる組織に分析を依頼してモノクマを止める方向のほうがいい。
……モナカは信用できん。

なぜかモナカにお礼を言われました。
あれ。
やっぱりこっちの方がバッドエンド?
キャストが揃う前にエンドロールなのは駄目だよ、とまたそんな自分勝手なことを言うモナカ。
誰の事だ。
狛枝じゃないよね、誠かな。

あ、違った。
想像もしてませんでした。
ハイジ。
つか忘れてたって言った方が正解か。
あー、やなヤツが来たなぁ。

モナカを助けに来てくれたんでしょう? と嘘くさい笑顔で話しかけるモナカ。
そしてハイジは狂いました。
ああ、ずいぶんな人間性ですな。後ろからどついてやりたい。

コントローラーを壊せと迫るハイジの後ろで、再び笑顔のモナカ。
そして再び「壊す」「壊さない」の選択肢。
誰が壊すもんか。
「壊さない」を選択します。

……ええと、町中に配信されてるのか、これ。
街の人たちの「壊せ」コールが恐ろしい。
モナカの仕業か? と聞きますが、モナカは知らないらしい。
何となく、これは本当っぽいな。
本当に配信してたら嬉しそうに「そうだよー」って肯定しそう。穿ち過ぎかな。
だとしたらハイジが確信犯なんだけどね。

コマルの足が震えてるのが、芸が細かい。
モナカに近づいて髪をつかみ、お前がやってきたことを全部話せと脅すハイジ。
やめろと言うのに。

最初から少しひねくれてたモナカですが、江ノ島に会って心酔するようになってからは、更に狂ったんですね。
過去を次々と悪びれなく話すモナカに、自分の精神ダメージの方が強いっす(^^;

毒ガスに有効な空気清浄機を開発できたのも、毒ガスを開発したのが塔和グループだったから。
塔和シティーが被害を受けてないのも、塔和自体があの事件に加担してたから。
まぁ、戦争とかだと良く聞く話ですな。
でもそれを煽ってそういう構図を作り上げたのがモナカって、どんだけ黒いんだ、モナカ。

最終的には会長は屈伏して江ノ島のパトロンに。
なんとなく想像できるけどな。
江ノ島の死後も建て直そうとしてたことにビックリ。
会長も会長だよ。
けど未来機関の台頭で、そんな商売も次第にできなくなっていって、会長は潮時を悟って手のひらを返し。
モナカはそれが気に入らなくて復讐を誓う、と。
体よく利用したのが希望の戦士たちってことですね。

江ノ島の遺志を継ぐ2代目になるのは世界を絶望で染め上げること。
だから大きな戦争を起こす。そうすれば世界は絶望に染まる。
そんなことができたら2代目江ノ島盾子を継げる。
と、そんな思考回路でここにまで至ったモナカ。
コントローラーを壊せば戦争が起こるから、と明るい声で告げられ。
またしても「壊す」「壊さない」の選択肢。

だから「壊さない」ってば。

ここでいきなりピンク髪の子が、クロクマとモナカの内緒話を聞いたことを思い出した、と口を挟んできました。
子供達が被っているモノクマヘッドはモノクマの動力と連動していて、モノクマの動力が止まったのを認識すると、爆発する仕組みになっている。
Σ( ̄□ ̄ll)ナンダッテー

モノクマだけ止めたいのに、できないじゃないか。
モナカは知らないふりしますけど、同じくらい最悪なことが起こるのは確かですね。
またしても「壊す」「壊さない」の選択肢。

……壊しません。

もうコマル、それ持って逃げちゃえよ。
迫るハイジが気持ち悪い。
洗脳されてる子供たちがどうなっても知らない、とか言い切りましたヨこの男。

あんたの企みには乗らない、とモナカを指さすフカワ。
『塔和シティーと未来機関の戦争』を起こそうとしてるんでしょ、と。
あ、それっぽい。
本当に子供たちが爆発し、それを未来機関が知ったら。
まず間違いなく生き残った大人たちの仕業だと疑われる。
そして、塔和グループがモノクマの製造やあの事件に、深く関わっていたと知ったら。
未来機関は塔和シティーの大人たちを絶望の残党と見なす。
それが、モナカの筋書?

一拍置いてモナカが「違うよ」と否定。
目が虚ろですけど;

塔和シティと未来機関の戦争だけじゃ終わらない、と物騒なことを呟きます。

塔和シティーの大人たちを絶望の残党だと見るのは未来機関の人たちだけではない。
世界中に散らばる絶望の残党も、そう思うはず。
その勢力は塔和シティに集まってくる。
そうして、江ノ島が起こした絶望が、この街を起点にしてもう1度始まる。
例え腐川が未来機関に説明をしたとしても、『被害者は子供』っていうインパクトは強いから。
子供を被害者にするために、あえて大人たちに復讐させる。
子供のいない大人を選んで生き残らせたのも計算通り。その復讐をやりやすくするために。
コマルを選んだのもモナカ。
大切な人の解体ショーを生中継された人間に“希望”を与えたら、復讐に生きる魔物に進化する。
前向きに頑張ろうと思う訳がない、と。

凄いこと考えるな、この子。
……勝手に2代目名乗って自己満足の世界に浸って下さい。

コマルが大人の希望を煽ったりするから、あの人たちはあんな魔物になっちゃったんだよ? と、ここに至ってもコマルを追い詰めるモナカ。
全部計算づくなんだよなぁ。

それで、コマルは結局どうするのか。
子供の命を奪って大人から祝福されるか。
子供の命を助け、大人の虐殺を続けさせるか。
これは、どっちを殺してどっちを助けるのか、そういう選択肢なんだよ、と突き付けるモナカ。

いや、強迫観念に駆られた選択肢を突き付られても困るんですけど。
委縮してるコマルにはもう無理か。
新しい人物が乱入してくれないだろうか。
そうすれば別の選択肢――まぁ選択肢を作るっていう考えがまた変なんだけど、とりあえず、最悪な結末にならない努力を怠らない、という選択肢で行ってください。

これが最後の選択肢?
「壊す」か「壊さない」か。
「壊さない」よ。

と何度も言ってるのに。
モナカは淡々と「ううん、お姉ちゃんはそのコントローラーを壊すよ」と揺るぎない。
やらないって言ってるのに。

ピンク髪の女の子に2代目の器じゃない! と罵声浴びせられても動じずに。
あろうことか、「モナカが2代目になるって、いつ言った?」って……。
あ、コマルにならせる、とか言いそう。
とか思ってたら本当に言いましたよ、この子供。
「“2代目江ノ島盾子”になるのは、モナカじゃなくて、苗木こまるさんだよ」
と。
モナカよりも苗木誠の妹が2代目になった方が絶望的でしょ?
まぁ、別の意味で絶望的ですな。

だから、子供達を大量殺戮するのはお姉ちゃん自身じゃなきゃ駄目なんだよー、と嬉しそうなモナカ。
コマルがコントローラーを破壊すれば、その映像はちゃんと録画されて、未来機関に映像が送られる手はずになってるらしい。
モナカのビデオメッセージ付で。
悪夢だ……。

ん?
「苗木こまるさんが“2代目江ノ島盾子”を襲名するって前もってモナカが宣言しておいたのだー!」
……前もって?
どういう意味だ。
ハイジはそろそろ黙った方がいいと思います。

モナカが最後の後押しとして用意したのはコマルの両親。
モナカの合図で用意されたのは大きなモニタ。
映ったのは拷問部屋。
そして首を吊っていたのはコマルの両親。

うわ……生きて交渉の材料にされるのかと思ってたけど、もう“済”か……。
……“最中”の映像を見せられないだけマシか。
いや、そんな、どっちがマシとか比べるようなもんじゃないけども。
「あいつらを人間と思うな!」
ハイジがいい加減ウルサイです。モナカよりも彼を黙らせたい。

そして自暴自棄になるコマル。
気持ちは分かるけど嵌めたモナカの思い通りにコントローラー壊すよりモナカを足蹴にしてやってくれ。
コントローラーを、壊すために振り上げるコマル。
そしてここでまた選択肢……って、待て。
壊すの選択肢しかないんですけどっ?
隠しコマンドがないもんかと思ったけど、なし。
えー。
えー。
乱入者によって結局壊されなかった、という展開を望みたい。

……右側の「壊す」を選択。意味ないと思うけど。
選択した瞬間、腐川を操作できるように。
あ、なるほど。
腐川を操作してコマルに激突です。
コントローラーを奪いました。

腐川カッコいいぞ。

白夜が閉じ込められてる倉庫の鍵と、コントローラーとを交換しよう、と迫るモナカ。
腐川、完全拒否。
腐川がカッコいい。
そして乱入者。
ビッグバンモノクマ。
えええ。
こんな乱入者は望んでなかったなぁ(笑

最終的に、ビッグバンモノクマの下敷きになるモナカ?
いや、でも普通に生きてそうで怖い。
そして最後に見せた笑顔が怖い。
ビッグバンモノクマが江ノ島の遺志で動いてた、とか言いそうだ。

屋上で友情を確かめ合う二人の背後にビッグバンモノクマ登場。
うわ、こいつと戦うのか。
というか腐川はどこにコントローラーを持ってるのか。
てっきり置いてきたと思ったけど、コントローラーを持ってる私たちを狙って来たのか、っていう言葉があったので、持ってるんでしょうねぇ。
結構大き目のコントローラーだったんだけど……。

早速戦闘開始。
どうすればいいんだろうか。
ひとまずモノクマのギザギザ目を狙ってみた。
一応ダメージは通るみたい。
でもヤツの攻撃の避け方が分からない。

というか視界が固定されてて分かりにくい!

……何度かやっててパターン把握。
モノクマが遠くに距離を取って突進してくる時は屋上の端っこに逃げてた方がいい感じ。
攻撃もあんまり当たらない。
でも吹き飛ばされるときは吹き飛ばされるけど。
「はじき返すのよ!」
と言われるときは、モノクマ杖のボールが飛んでくるので「噴」で吹き飛ばします。
そうすると必ずモノクマの目に当たるので、ダメージが入る。
「コマル、私に任せて!」
と言われたらモノクマがダウンしてる時なのでジェノサイダーに変身。
するとモノクマの鼻に腐川が飛び乗るので、集中攻撃。

目が青く光ったら屋上にデンジャーゾーンが出現する。
そしてモノクマの攻撃はそこに来る。
ま、そんなこと分かっても固定視点だからあんまり避けられないんだけどね!

目が黄色に光ったら、屋上全体が痺れる状態。
その前に、どこかにサークルが出現するので、そこにいれば攻撃を受けない。

モノクマ杖の宝石が回った時の攻撃の避け方が分からない;

ハートが残り2個になったら屋上のどこかにハートが出現してくれるので、必ず探すべし。

そうして。
とうとう倒しましたよ、巨大モノクマ!
最後には腐川がコマルを抱えて空飛びましたよ!
そしてコマルは「希」の弾丸をモノクマに撃ち込んで破壊!
なんて人間離れした奴らなんでしょう! ギャグですかこれは!

まぁ、ともかく。
これでボスは終了かな?
巨大モノクマが倒れた後に、なぜか頭上から降って来たシロクマの頭が気になります。
まさか巨大モノクマを操ってたのがシロクマだとか、言わないよね……?

巨大モノクマを倒され、呆然とするハイジ。
モナカは崩れた天井の下敷きになりながら、それでも生きてました。
良かった。
……いや、ハイジ、気付くな。モニカ逃げて。

そう思っていたら先に腐川とコマルがモニカの前に立ちました。
良かった。
これで身動き取れないモニカにハイジが暴行を加えることもない。

こんなの結論を先送りにしただけだから、何も終わってない、と泣くモナカ。
これは演技とかじゃなくて本当に悔しそうだな。

白夜が閉じ込められている倉庫の鍵を手に入れましたーv
あ、モナカを助けるのかと思ったらそのままにして去るのか。
どうやらこの建物はもう保たない模様。
天井が崩れてきました。
うわ……生き埋め?
ピンク髪の子がパニックになって走り回ってます。
……最終的にモナカを助けるのかと思いきや、永遠にさよなら、とピンク髪の子まで去っていきました。
みんなひどい。
そして最後はハイジか。
が、彼は見向きもせずに通り過ぎただけ。
モナカが「お兄ちゃん」と声をかけて「お兄ちゃんの手でモナカを殺したくない!?」と懇願。
どんな仕向け方だ、それ。
ハイジ、どうやら壊れてしまったようです。
虚ろなまま去って行きました。
えー、えー、ちょっと、なぁ……。

落下するヘリコプター。
モナカ、死んだな……。

そしてコマルは、「この街に残るよ!」と宣言。
……そりゃ、腐川じゃなくても「は?」ってなるわ。

ここまでの成績発表のお時間です。
総合成績300点、「優」です。
わーい。
あ……最後までこの妄想は続くのか。
「さぁ出発だ……俺たちの未来にテイクオフ」
超爆笑した。
爽やかな笑顔で何て馬鹿なセリフを……!

スキル『自家発電』ゲット。
モノクマメダル500枚ゲット。

タイトルとURLをコピーしました