ダンガンロンパ 絶対絶望少女 001

本日アマゾンから届きました。
二、三日遅れるだろうと思っていたから嬉しい誤算。ひゃっほう。

事前情報がほとんど何もないまま進めるんですが、アクションなんですよねぇ。
最後まで行けるかな……というのが目下の心配です。

パッケージを開くと一枚物の説明書が。
ジェノサイダーモードにすると腐川さんが張り切りすぎて、ゲームが簡単になるらしい。
凄いな、腐川(爆笑。

早速プレイ開始~♪
選べるモードは3つ。
・ジェノサイダーモード
・こまるモード
・ゼツボウモード
まぁ、ジェノサイダーモードが一般的にイージーで、こまるが普通、絶望が難しいって感じですかね。

ジェノサイダーモード、とってもとっても魅力的なんですが、最初は「こまるモード」で臨みたいと思います。
最初の手ごたえを感じてから考え直そう。

ということで、こまるモード。
普通の少女で普通に頑張るモード(笑)です。

モード選択が終わるとカメラ設定。
オートカメラで追尾してもらうのがいいか、マニュアルカメラで自由操作するのがいいか。
……3D酔いしやすい私としては……オートにしてみようかな。
これはゲーム内オプションでも変更できるようです。
じゃあ遠慮なくオートで。

続いて本編開始。
こまるらしき声で地球は丸いらしいとか何とか言ってアニメーション開始。

なんだか平和な朝で安心します。
と思っていたらいきなり、この部屋に監禁されているということらしい。
制服に着替えてから「出せー!」と玄関の扉を叩き。
何の反応もないことに飽きて、部屋に戻って汗を拭きながら雑誌を読む、と。
どんな豪胆な性格だ(笑

どうやら監禁されてから1年半。
朝ごはんは毎朝アパート扉から差し出され、普通に日常を過ごし。
ツッコミどころが多くて困る^^

さ、事件勃発。
玄関から入って来たのはメタルモノクマ。
こいつが監禁してたんじゃないのかなぁ。

ここまでがアニメーションで。
あとは3Dっぽいです。

いきなりですが操作開始。
リビングで、食卓を挟んだ向こう側にはモノクマ。近づいたら絶対に殺されるよねぇ。
食卓を壁にしながらモノクマから離れようとしますが――ストップ。
カメラ、オートじゃなくてマニュアルが良かった、と初っ端から思いました。
オートにすると少女の背面から前を映すだけなので、逃げている間、モノクマがどこにいるのか分からなくなる。敵にズームしてくれるわけではないようなので、マニュアルがいい。オートは心臓に悪いと痛感しました。

ひとまずスタートボタンでオプション変更しようとしたら……どうやらレベルの概念があるらしいことに気づきました。現在のレベルは当然ながら1です。
そしてモノクマメダルもあるようですね、0でした(笑

カメラをマニュアルにし、玄関から脱出!
アパートの廊下。
真っ直ぐ行ったら炎に邪魔されて通れませんでした。
「なんで燃えてんの?」
とうろたえる少女ですが、それはこっちも聞きたい。

振り返っても、まだモノクマは家から出てない様子。
今のうちに戻って逆方向へ。
少し進んだらモノクマが家から出てきました。

走ってエレベーターへ。
……いやいや、この非常事態にエレベーターはダメでしょう。
まぁ、途中経過してきた階段は燃えてたから使えませんが、せめて非常階段を探そうよ。

けれどもコマルにそんな思いは伝わらず、ひたすらエレベーターの到着を待ちます。
背後からはモノクマが迫り。
あわや、というところでエレベーターが10階で静止。
お、到着? と思ったら何と、エレベーターには十神とSPらしき人物たちの姿が。

おおおお、初っ端から出てくれるんですね、十神。
手に持ってるメガホンが恐ろしく似合いませんが、それでも、会えて嬉しいですよ。

トガミ、メガホンから青いエクトプラズム(違)を発射してモノクマを対峙。
「未来機関14支部の十神白夜だ」と自己紹介。
相変わらず偉そうな声だ^^

ダンガンロンパ1と2の間? それとも2の後?
どっちだろう。

彼はコマルが誠の妹だと知ってるようで、助けにきてやったんだ、と教えてくれます。
はいはい、ありがとう。

なんだか知りませんが、コマルは「要救助員」らしい。
コマルに説明することなく、倒したモノクマに近づく十神。
モノクマ、完全に機械部分を晒してます;

このモノクマは何だ? タイミングが良すぎる、と独り言を呟いてますが、何の事だかサッパリ。
状況把握のためコマルが質問したら、馬鹿にされました。さすが十神様です。
そして何も説明してくれないまま次のイベント発生。

モノクマに代目……と思ったら数匹のモノクマが乱入してきました。
青くなるコマルに、格好良くメガホンを渡す十神。

未来機関が開発した拳銃型武器でハッキングコードを念波で飛ばすことができるとか何とか。

ファミレスに未来機関の人間が待機しているらしいからここから逃げて、そこへ行け、と言われました。

外に出るとモノクマによって暴動が起きていて。
ファミレス内に逃げるコマルですが、店内はいたって平穏――と思っていたらモノクマ乱入で、一瞬にして阿鼻叫喚になりました。

未来機関の人間はどうした。

ようやく、コマルが戦う決意。
Lボタンでハッキング銃を構え、右スティックで照準を合わせ、構えたままのRボタンでコトダマ発射。□ボタンでコトダマメニューが開き、コトダマを切り替えることができるようです。
「壊」の他に「噴」や「踊」とか、色々あります。
「接」ってどんなコトダマだ。

ひとまず一戦目なので簡単です。
モノクマに照準を合わせ、「壊」コトダマを発射。
体を狙ったんですが何も起こらず。どうやら頭を狙わないとダメなようです。

続いてジュースのところにいたモノクマに「動」を発射したらガードされました。
ちっ。
「壊」に戻して発射。一発退場。

拡声器を構えながら何匹か倒したところでイベント挿入。

テレビに映る子ども3人組。
モノクマによって殺されたキャスターを動かして遊ぶ子どもたち。
と、そこにもう1人登場。
そして更にもう1人、車いすの少女が登場。
彼らは希望の戦士。モノクマのご主人らしい。

子供たちの子供たちによる子供たちのための楽園を建設することにしたから大人の皆さんサヨウナラ、ということらしい。
笑顔で凄いこと言うな。

OP挿入。

途中、ハードボイルドなクロクマ登場。
なんだこいつ、と思っていたら続いてシロクマが登場。
どう見てもモノミなんですけど(笑

子どもたちのスナップが入りましたが全員頭に入りません;
おいおい覚えて行こう。

ひとまず終了です。

プロローグ、希望の妹と希望の戦士(笑
ラジオの「希望の緒方」を思い出した。

タイトルとURLをコピーしました