刻のジレンマ 008 バイオラボ

Qパート、一番下の左から二番目のチャートを選択。
エリックのヘタレ具合が凄まじい(笑)
バイオラボらしいです。
今の時間は18:10。

パソコンに豚の腹を裂けという指示が来ました。
探索開始ー。

パソコン類には電源が繋がっていないので無視。
豚のホルマリン漬けは固定されてて動かせません。
反対側に行って、流し台から小さなナイフを入手。

棚の中央に書類。
「つまみをAに合わせるとかくはんして液体を混ぜることができる。
 そしてBに合わせると液体を円心分離させることができる」
棚はそれぐらい。
左に行って、緑と黄色のランプがついた機械。今は何もできないな。
隣へ。
研究員の書いた日誌。
DNAモデルの赤い石を触ったら取れました。
DNAモデルのパーツをゲット。
豚のクッションにナイフを使用して、FanaticBioRのファイルをゲット。発症した場合の致死率は100%。通称FBRウイルス。
顕微鏡のレンズと電源コードをゲット。
顕微鏡にレンズをセットしよう。セットしただけで、見るようなものはなにもなし。
電源コードは最初の方のパソコンの横にある、よく分からない機械に使ってみた。
電源が入っただけ。
開いたカバーを調べると、何か、細長いものがあれば突っ込めるのでは、とのこと。
試しにナイフを刺してみた。
まさかはまるとは( ;´・ω・`)

これは分析器だったみたいですね。
ナイフを抜こうとしたらポッキリ折れてしまいました。
あーあ。
分析器をもう少しチェック。
3つのシャーレに液体を入れると成分の分析ができるようです。

調査に戻りましょう。
そのまま右へ行き、大きな何かチェック。
クリーンベンチと呼ばれるもののよう。コンタミネーションを避けながら作業を行えるよ、とQが説明してくれます。
う、うん。安心して。エリックもついてきてない。

緑の液体のビーカーとピンクの液体のビーカーをゲット。

右へ行き、UV照射装置。固まらせるための機械らしい。
今は意味なし。
右へ行き、標本調査。
植物、タツノオトシゴ、蝶蝶、ペンギン。
一番左にもう一本置けそうな空間があるね。

右へ。扉を叩いて悪態を付き、更に右へ。
一番目を引くカラフルなボタンをチェック。
黄、赤、白、青。
うーん、よく分からないので次へ。

一通り調べました。と思う。
ううん、液体を色々やってみましたがうまくいかない。まだ情報が足りない?
あ、DNAパーツがおいてあった場所の右側の装置。
DNAパーツがレンチの代わりになって、カバーを取り外すことができました。
撹拌分離機のカバーをゲット。

撹拌分離機に緑色のビーカーをセット。
青い液体の試験管、黄色い液体の試験管をゲット。
同じくピンクのビーカーを撹拌。
赤い液体の試験管、白い液体の試験管をゲット。
これで四種類か。

ファイルの研究日誌に従って、顕微鏡を覗いてみる?
青い液体は細胞が二つにくっついて存在。
黄色い液体は細胞が五つに。
赤い液体は細胞が3つ。
白い液体は細胞が1つ。

ああ、これって扉のスイッチのヒントか。
青=2、黄=5、赤=3、白=1。
早速、扉へ。上記色に対応したランプを点灯。
(・∀・)v 開いたー。

ロッカーの中には透明標本。
またパズルですな。
ばつ印のところにばつを持ってこないとダメっぽい。

成功ー。娯楽室のよりは重なりが見えるので楽でした。
カプセル剤をゲット。
5種類の穴あきカプセルー。
穴あき具合が何かのヒントっぽいけど追求しないでおく。

分析器のところに戻ってきました。
適当にやってみたけどダメだった。
色?

はっ。
カプセル剤をボーッと眺めてたら数字になってることに気づいた。
水色=3、ピンク=2、オレンジ=5、黄緑=1
んで。これが分かったから何になるかというと、まだ何もわかりません。

あ、そう言えばレンジみたいな、硬化させる機械はまだ使ってない。
ここに撹拌機のカバーを挿入。文字が浮かびました。
オレンジ、青、白、そしてシャーレ。
おおお、なんて優しいヒントなんだ。

分析器にオレンジを・・・あ、持ってない;
混ぜればいいのか。
黄色と赤を撹拌機に入れて、オレンジの液体のビーカーをゲット。
分析器に戻り。
オレンジ、青、白をセット。
・・・あまり気持ちよくないホルマリンが現れました。
人のシリンダー標本をゲット。と同時に、隣のパソコンに何かが映ったようです。
5つの記号と色。
黄=鳥、ピンク=魚、白=トンボ、赤=花?、青=人
ああ、カプセル剤の色と一緒らしいです。
まずは人の標本をセットしにいきます。

セットしても何もおきませんが、もう一度タッチすると並び替えが発生。
カプセル剤とパソコンの記号の通りに並び替えてみますか。
水色=3、ピンク=2、オレンジ=5、黄緑=1
1=黄=鳥、2=ピンク=魚、3=青=人、4?、5=赤=花
白のトンボが出てこないけど、標本も四本目は動かせないから問題ない。
左から、ペンギン、タツノオトシゴ、人、蝶、植物。
成功です。下から何かの機械が出てきました。指紋認証装置です。
触るとエリックが悲鳴を上げました。
切れたのか?
流し台が何か反応したっぽい。そちらをチェックすると動かせました。
動かしたのち下の引き出しを調べるとメスを入手。
もう一度流し台を調べると、今度は豚の標本がある台座に緑のランプが。
動かしてみたら標本が爆発して豚が飛び出してきましたw
豚のホルマリン漬けをゲット。
メスと組み合わせようとしましたが無理でした。一回下ろしましょうと提案されます。

豚を流し台に置いて。メスを使って腹を裂きました。
そこで探索終了ー。

ゼロが出てきて昔話。
17年前にも1人の女性が腹を裂かれた。
豚と違うのは女性がまだ生きていたこと。彼女は生きながら心臓をつかみ出された。
容疑者の男はタクシーで逃げようとしたが捕まった。
代わりにタクシーに乗ったのは重症患者の手術を控えた天才外科医。
しかし彼が乗ったタクシーはトラックに追突されて大破。彼は死んでしまい、彼を待っていた少年も死んでしまった。
世の中は理不尽だ、と話を締めくくるゼロ。

そしてゲームを提案。
豚の腹から出てきた三本の注射器にはラジカル6と呼ばれるウイルスが入っている。
感染者の自殺衝動を喚起させるウイルスで、致死率は75%。
それともうひとつ、部屋を探索しているときに致死率100%のFBRの資料を見ていたはずだと説明するゼロ。両者は敵対関係にあり、両方投与されると無害化するらしい。

はぁ。と聞いていたところ、指紋認証装置にそのウイルスを仕込んでいた、とか言い出すゼロ。
おい待てやめてくれ。FBRに感染させられたらしい。
いや、まて? ラジカル6に感染していなければFBRに感染する針は仕込んでいなかった、とか言い出すゼロ。
注射するかしないか、選択してくれとのこと。
ええと。
今の私はまだ何も見ていない状態なので、注射しないことにします。

ゼロに予知能力があるかは問題ではない。分からないから。
予知能力がなかった時のことを考えればいい。要するにFBRに感染しているかどうか、それが重要。
QはFBRがあるかどうかも怪しい、と懐疑的。
それはラジカル6も同じでしょうと突っ込まれるけど、ラジカル6の方は間違いなく実在していることを僕は知っている、と頭を抱えるQ。
Qの正体ってなんだっただろう。

扉が開き、閉じ込められたらかなわない、と走り出すエリック。Qも追いかけます。
ミラは、ロジカル6を隠し持って、外へ。
えぇえー。
(  ̄- ̄) 不穏な空気はもういいよー。

ラウンジでくつろぐ三人。ガブがいる。
やっぱり打たなくて正解だった、と笑うエリック。
でも予知能力があったら、と悩むQ。
なぜラジカル6のことを知っているのかと質問されますが、Qは答えられない。
知ってるものは知ってる。なぜ知ってるのかは分からない、とのこと。
でもラジカル6の由来とか内容とかはかなり詳しく話してくれるQ。本当に何者だよ、おまえは。

アナウンスが入りました。
現在の死亡者はCチームが全滅。
よって、3つのパスワードを公開。
FIRE、CRASH、FIVE。

なぜCチームが全滅したのかと疑問に思うエリックに、投票のせいよと答えるミラ。
なんでそんな断言?
ゼロが出てきてお休みの挨拶。
Qたちはそのまま倒れ、眠りにつきました。

タイトルとURLをコピーしました