刻のジレンマ 016 製作室

Dチームで新しく追加されたパートへ。
一番右、下から二番目。
ロボットがいる部屋にいる3人。
製作室らしい。

今の時刻は18:10。
探索開始。

ロボットたちの前にある機械をチェック。
高電圧起動プラグと記載あり。
床にメモが2つ。
Alex Betty Charley
ロボットたちの名前かな。

White red blue
こっちは良く分からんから放置で。

ドライバーヘッドをゲット。
スタンガンをゲット。
組み合わせてドライバーをゲット。

メモ。チャーリーを切れ、べティを切れ。
一番左から 右へ4、左へ1、左へ2、右へ4、左へ3
ニッパーをゲット。

高電圧起動プラグにスタンガンを使用。
あ、全部にスタンガン使用したら不正解だった。当たり前か。

あ、一番左から右へ4、と思ったけど、先に一番左側に打ってから?
順番:146325 よし、成功。
ロボットが3体とも起動しました。

青いのがチャーリー。
紫がべティ。タイマーを0秒に変更しろとか言われた。
緑はアレックス。

爆弾と言われてる透明のポールの、ボタンのところをチェック。0秒にセット。
床から起爆ボックスが出現。
べティが起爆タイマーを起動させたらしい。
残り5分で起爆信号が発信する。が、正しいコードを切断すればいいというチャーリー。

まずは左の赤を切断。ネジを外した所、緑のアレックスからメモを貰いました。べティを切れ。もう切ったよ?
次は振り子が中心に当たらないようにネジを取り外していき。
べティが飛び出してきましたが無視。右の青いコードを切断します。
次。べティが爆弾に近づき、いやでも無視して切断へ。あ、間違えた。
青いコードを切ってしまったら爆発エンド。
こ、コンティニューして赤いコードを切断します。成功。
探索終了です!

ラウンジに戻り、ガブはどこだ? と準備室の通気口を見てくるファイ。
シグマとダイアナが残っておしゃべり。
あのロボットたち、あのまま放置していいんだろうか。ちょっと怖いよね。
ここでもまたシグマの年齢話に。67才だと答えると驚愕するダイアナ。まぁそうか。

ガブを探しにいったファイが大声で二人を呼びました。
良いことを思いついた、とのこと。

マップを見ていて思いついたらしい。
除染室の扉の先は外だから、爆弾で壊せばいい、と。
爆弾は先ほどロボットの製作室で見つけたものを使えば良い。

少しでも揺らしてしまえば爆発してしまうから、慎重にしなければいけない。
60年以上は生きていても肉体年齢は20代のシグマが爆弾を運ぶことになりました。
ファイ様は最強です(笑)。

製作室を出るときスタンガンを見て何か考えたようなダイアナが気になります。
そして爆弾って、そんなに規模の小さいものなんだろうか、というのも気になる。
爆発させて地下シェルターごと全部吹っ飛んだらどうするんだろう。

3人はそういったことには気に留めないようで、タイマーを起動させ、除染室を離れました。
ラウンジに戻ると、ここまで来れば大丈夫だろうと安心する皆。本当か?

Cチームが死亡した、とアナウンスが流れました。
パスワードはFIRE CRASH FIVE。

その後ゼロが「ふざけたことをしてくれる、これはルール違反だ」とお怒りモード。
だからゼロもルール違反をすることにしたらしい。
嫌な予感しかしない。
案の定「除染室の扉の向こう側にQチームを寝かせておいた」と。
タイマーを止めなければQチームは全滅。
さぁどうする、とふざけたことを。

除染室に急ぐ3人。
中に入ろうとすると、フッ化水素のシャワーが降り注いでました。
え、なんで今?
とてもじゃないけど中には入れない。

近くのロッカーを開けて、防護服を発見。しかし服は1人分のみ。
今から着ても間に合わない。逃げるぞと促すシグマ。

「逃げる」「逃げない」の選択肢。

ここでは「逃げない」を選択。
シグマとファイをスタンガンで気絶させ、ダイアナが爆弾を止めるために向かいます。
しかし。
あと少しのところで間に合いませんでした。

ゲームオーバー、です。

タイトルとURLをコピーしました