刻のジレンマ 019 分岐回収

Cチーム、酸素マスクの選択。
選択したロッカーは1番目。
前の時と同じく、他のロッカーを開くというアナウンス。
そして開かなかったロッカーは9番目。これも前と同じ。
今回は9番目のロッカーを選択してみます。
結果は、正解。開きました~。
だがしかし。入ってたマスクは1人分だけ。
使い回せばいいと言う淳平ですが、使い回す場合は扉が開く20分までもたないというカルロス。
二人とも、茜に被せることで即決。かっこいいな。
助かった茜は絶望のまま脱出用扉から外へ。
ゲームオーバー。
問題には正解したのに後味悪いなぁ。

次はQチームの、ラジカル6を打つか打たないかの選択肢。
前回は打たなかったので、今回は打ちます。
「注射する」を選択。

結局、ゼロに予知能力があるかないかは重要じゃない。
それぞれのウイルスの致死率が重要だ、と説明するQ。

全員で注射を打ち、ラウンジへ。
結局どうなったんだと尋ねるエリック。
ラボの扉が開いたんだから、あれで正解なんじゃないかと肩を竦めるミラ。
Qが体調に変化はないかと尋ねたとき、エリックが変な笑い方し出しました。
感染したんかコイツ。と思ったけど別にそうじゃない。
家庭環境が原因だ、とエリックが自分の過去話をし始めました。

家族構成は「母親」「父親」「エリック」「クリス」の4人。
母はとても優しい人。
笑顔でいれば周りがみんな笑顔になるよと教えてくれた。
だから笑顔でいたけど、母親が亡くなると父は酒浸りになり、暴力も振るうようになった。
泣くと更に怒られるから、無理やり笑顔を作って来た。

母に言われた笑顔と、父に強制された笑顔がごちゃ混ぜになり、そして、最初のような奇妙な笑顔になってしまった、と。
自覚はあるんですね。
「こんな俺だけど変わらずに愛してくれるかな、ミラ」
「何を言ってるの」

笑い飛ばされたエリックは安堵。
いや、気づけよ、愛するとかは言ってないんだよ、笑い飛ばされただけなんだよエリック。
自己補完したエリック。彼は満足らしいです。
二人の会話を聞いていたQも笑顔で柔らかい声音。
疑問に思ってないらしい。まぁ、まだ子供だし。

エリックには弟がいたんだね、と無邪気に尋ねるQ。
ああ、地雷踏んだな。
でもその地雷が発動する前にミラの様子がおかしくなりました。

エリックの悲しい過去話を明るい話だと言って、私は昔から鈍感なのよね、と歩きながら話、エリックの元へ。
抱き着き、そして持っていたメスでグサリ。
(;´・ω・)

怖い怖い怖い。
恐怖で動けないQも、グサリと刺して、笑い出すミラ。
これはラジカル6のせいなのか。
修了してしまいました。

続いての補完はDチームの、押しちゃ駄目ボタン。
壁紙が変わる部屋、ヒーリングルームですね。
前回は押さなかったので、今回は押します。

ダイアナのその行動に絶句するファイ。
その瞬間、何かでっかい爆発がおこって、なんの状況説明もないままゲームオーバーになりました。
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
早っ。なんか笑える。

次はQチーム。書斎の、三竦み状態のところからいきます。
ここは分岐がたくさんあるなぁ。

= 誰を殺すか =

ここは選択肢じゃなくて名前の投入をするんでしたっけ。
「ミラ」と投入。

叫びながらボウガンを撃つQの前に飛び出すエリック。
ミラに対してだけは男前~。
エリックに庇われたミラは無事でしたが、エリックはそのままこと切れてしまいました。

ああ、勿体ない、なんてことするの、と怒りの方向性が違うけど。
激昂したミラに殺されるQ。
死亡者アナウンスでは、茜とミラ以外の死亡を告げられました。

パスワードの発表はなく、そのままゲームオーバー。
ここは他にも分岐がありますが、他に投入できる名前が思いつかないので、後回しにしたいと思います。

次はDチーム。
ロボットの、製作室クリアした直後の、爆弾設置したやつです。
「逃げる」か「逃げない」か。
前回は逃げなかったけど、今回は「逃げる」を選択。

ダイアナとファイが先に部屋を出ますがシグマが出てこない。
それどころか部屋の中から施錠されました。

こうするしかなかった。言えば反対されるから、最初からこうするつもりだった。

かっこいいぞシグマ。
死ぬつもりはないけど念のため遠くに離れておくんだと言われましたが、扉の前から離れないダイアナとファイ。
そして少しして、爆発が起こりました。
うーわ。
扉前から吹っ飛ぶダイアナとファイ。でも、防護服を着たシグマが出てきました。
おお、生存パターン!
。・゚・(ノ∀`)・゚・。
と思いましたが。

シグマは両腕を失い、右目にガラスの破片も突き刺さり、そしてそのまま倒れてしまった。
慌てて手当て。
どうだろう。持ちこたえるかな。
ファイが爆発の先を偵察。扉はなくなっていて、抜けられそうだとのこと。

しかしその先にQチームが転がってます。
エリックはすでに事切れている様子。Qはまだ分からない。ミラは微かに呻きました。
助け起こしていたファイに対して恨み言を吐き出すミラ。
どうやら彼女はゼロに爆弾のことを聞いていた模様。
お返しに、とファイにラジカル6を注射。

ラジカル6を打たれたと知ったファイとシグマが驚愕。
もう、どうしようもない。
二人は施設に留まろうとしましたが、ダイアナは何としても二人を助けようと、外へ。
ファイをスタンガンで気絶させ、シグマはそもそも両腕を失くしているので抵抗もされず、その場にいた全員をエレベーターに乗せて外へ。

ラジカル6の拡散。

空を見上げたシグマが、次のシグマに期待をする、と呟きました。
ダイアナを責めることはしない。
あんた男前だよ。
(o;д;)o

ゲームオーバーかと思ったらスタッフロールが流れました。
D-END:1

さて、続いては。
Dチームの拳銃と火炎放射、廃棄物処理室。焼却炉のパート。
拳銃を撃たない選択してたので、撃ってこようと思います。

今度こそ、撃ちました。
銃声により扉が開放され、飛び出してくるファイ。
そしてシグマは。
ドキドキしながら結果を待つ私。これは条件分岐が分からんからなー。
ファイの呼び掛けに応えるシグマ。
鼓膜が痛いとのたまいますが、生きてたよ。やった、空包だったんだ。

ラウンジに戻って責められるダイアナですが、でもまぁ助かってよかった。
助けてくれなんて言ってない、と可愛くないこと言われました。

死亡者はのアナウンス。Qチームが全滅です。
パスワードはEYE KILL FOOL
なんでQまで? と首をかしげるシグマ。
Qは重度のハンディを負っていた。恐らく何も知らずに、とファイも言葉を濁す。
やっぱり違和感。
Qは周囲を認知して自発的な行動もして会話もできているのに。皆の認識が違うことに違和感。
あそこにいるQはシグマたちの知ってるQじゃないのか?

ダイアナが別の歴史かなにか分からんが、Qチームの苦しむ姿をフラッシュバック。
苦しんで倒れてしまった。
続いてファイも何故か苦しんで倒れ、そしてシグマも。
Why?
恐らく眠ってる間に毒を盛られたんだと言うファイ。
よくそんな考えがとっさに浮かぶな。
どうやら次の分岐点が現れたようです。

何とかしなければと周囲を見回すとガブが来てくれました。
そういえばCチームでガブに解毒剤を託してましたっけ。
すがるようにガブの首輪から解毒剤を受けとる皆。
茜なら信用できる、と言うシグマですが、カルロスに脅されて書いたのかもしれないと疑うファイ。
ここでまた選択肢。
飲むか飲まないか。

えー。飲みますー。
だってカルロスパートで託してるの見てますからね。

解毒剤を飲む皆。
おかげで助かったダイアナたち。
解せぬ、と悩むファイ。
人の本質なんて分からない、と溢します。
自分にも隠していることがある、と言うファイ。
私は本当は赤毛なんだ、と深刻な表情で告白。
ダイアナに失礼だと突っ込むシグマですが、ダイアナは似合っているからいいんだと反論するファイ。
しかしファイも似合うよと二人から猛プッシュ。シグマなんて「断然魅力的だ」と力説。可笑しい。超笑える。
ここはネタバレ知ってるので顔がにまります。

ゼロがディスプレイに登場しました。
無事なようで何よりだがこの先には暗澹たる未来が待ち受けているだろう、と嫌な言葉。
おやすみなさい、と90分の活動停止です。

パート選択に戻り、先程の解毒剤を飲まない選択肢を回収しておきましょうか。
飲まない、を選択。
ダイアナが皆の解毒剤を割ってしまいました。
ゲームオーバー。

Cチームの、食料庫をクリアした直後の分岐を回収しよう。
淳平を殺した犯人は? という手投入画面。
アカネ、と投入。
ここ、分岐が2つしかないけど、他にも真犯人の名前を入れたら新しい分岐が現れたりしないのかなぁ。
茜さんを犯人だと決めつけ、チェーンソーをかわすカルロス。
左手首をチェーンソーに持っていかれ、斧を茜に振り下ろす。
正当防衛ではありますが致命傷を負った茜はそのまま死亡。
自分が人を殺めた、という事実に打ちのめされたカルロスは呆然自失と膝をつき、その場で咆哮。
場面転換しました。

チャートを見るとロック中。
この先に進むにはフラグが足りないようです。

Cチームの娯楽室、三つのダイスに行ってみます。
特に条件が変わった覚えはないけど。
サイコロを手にして。これは時間制限ないんだよなー。
とりあえず振ってみます。
結果は変わりませんでした。全員射殺。
ここは条件分からんー。
結末が変わらなかったので、またあとで挑戦します。

Dチーム、トランスポートに入るか入らないかの選択肢。
前は入りましたが、今回は入らない。
ダイアナ、トランスポートを物理的にぶっ壊しました。
な、なんてことしてくれたんだお前。
トランスポートが暴走して爆発。茜の帰還を待つことに。
ゲームオーバーです。

Qチームでエリックの激昂。
ポッドルームのあとの、ミラを殺した犯人についての分岐。
確か1回目はエリックの名前を入力して殺されてしまったんですよね。
時間制限ありの入力。
何も思い付かず未入力のままだとQは「分からない」と泣いて蹲りました。
子どもの声で、超悲痛な声で。うー、胸が痛い。エリックめ。

さすがにエリックも正気に戻ったようで、舌打ちしてソファへ。
高嶺の花だと思ってたミラと付き合うことができて、なけなしの給料で買った結婚指輪も引き出しの奥にある、と溢すエリック。

エリックの話を聞きながら落ち着いたQが、ミラを殺した犯人を一緒に探そうと持ち掛けます。
そこでふと、床の汚れに気付き。
そして。
何か条件が足りなかったのかフェードアウトし、パート選択画面に戻されてしまいました。

細かい選択肢、できるところは全部選択したはず。
次回は大筋に戻ります。

タイトルとURLをコピーしました