刻のジレンマ 026 カルロスによる救出

グローバルチャートに行ってみると、ツリーが変わってました。
今まで投票が三チームとも横並びだったのに、縦並びになってます。
バングルの時刻のずれを指摘されたからでしょうかね。

ここからジャンプできそうなところはなかったので、断片パートの選択画面に。
Cチームに新しい断片が登場してました。
真ん中の、上から2番目。
あら、エリックに銃を向けられてます;

同じ区画で行動していたことは分かった。
時刻はバラバラで、同時刻に行動していないことも分かった。
ならば余計に、眠ってるミラを殺せる、と容疑を深めるエリック。

エリックがうざい。
シフトを見せろと言う彼に、カルロスが応じました。
彼にとっては願ったり叶ったりな状況ですね。
トランスポートの起動方法を教わり、危機的状況を作り出すためエリックを挑発するカルロス。
案の定、エリックは簡単に引き金を引き、パートは終了。
続けてカルロスパートを選択します。

3人でダイスを振り、別人Qに襲われてる歴史にジャンプ。
Qが壁に突っ込み、ディスプレイが破壊。

カルロスは二人を連れてトランスポートの部屋へ。

転送先はどうするか。
悩んだところでゼロのホログラムが出現しました。
この世界のゼロはカルロスによって処刑されてしまったから、もうこの歴史にはいないとのこと。
Qチームのことか?
私に聞きたいことがあるなら生存している歴史にくるがいい、と言われました。
しかしその歴史ではカルロスたちの方が命を失っているらしい。
トランスポートするしか手段がない。
処刑されて肉体を失っていれば、シフトはできないから。

さぁトランスポートを起動させようとしたところで赤目のQが入ってきました。
だから怖いってば( ;´・ω・`)
カルロスが前に出ました。
茜と淳平が転送されます。

Qはカルロスの拘束を逃れ、サンドバッグのようにひたすら殴る。
このままではやばい、と意識を薄れさせるカルロスに神様降臨(笑)
マリアに励まされて火事場の馬鹿力を発揮。
Qを振り飛ばすとトランスポートのスイッチに激突し、大破してしまいました。
どうやったら茜たちの待つ歴史には行けるのかと悩むカルロス。
トランスポートが暴走し、爆発。
カルロス、どこにシフトしたのか。

断片チャートでCチームとQチームに新しいパートが出現してました。
Cチームからいきます。
月の画像のパート。

茜と淳平がトランスポートの前でカルロスを待っているようです。
そうか、二人は10ヶ月後になることを知らないのか。
淳平はラウンジの様子を見てくる、と部屋を出ていきました。
ラウンジはD区画のもので、除染室が破壊されてる。
ああ、爆弾で吹っ飛ばしたあとの世界か。

モニターにゼロが映りました。
茜が存在している歴史はあの歴史だ、と伝えられると茜の顔色が変わりました。
ラジカル6の感染者はすでに外に出ている。
ゼロはブラザー。教祖として活動。
80億の人類が殺されるより60億の人類が殺される方を選んだ。

信奉する神を見せてやろうと言い出すゼロ。
バーカウンターにある服を着て、2029年4月12日の夜に、フリーザソウルの儀式に参加すれば、この世界の秘密を教えてやろう、と。
ゼロはここで生まれたが、トランスポーターによって1904年の4月に飛ばされた。
その日付に淳平が何か思い当たったようですが、それは脇に置いといて。
ゼロには弟がいるがその弟は育ての親の息子で、血の繋がりはない。一緒に飛ばされたのは妹。

最後にパンドラの箱を開くための呪文として、Vive hodie、今を生きよというラテン語を教えてもらいました。
Cチームの強制終了箱の話かな。あとで試してみよう。

ガブが歩いてきました。
どこにいたんだ、こいつ。
ガブの首輪のケースに、アナグラムという文字が。
C区画のラウンジにあった文章をアナグラムできないか考える茜。

作れた文章はTogether with me, we are ten.だけど、これだとLDAETの文字が余ってしまう。
文章の意味は、我々と一緒になれば10人だ。
淳平がいきなり走り出し、死亡者が載った掲示板の前へ。
なぜかQの名前がない。

Qが生きていて、我々は10人だという言葉に、何かが分かった様子の淳平。
そしてカルロスが壁をぶっ壊して助けに来てくれました~!
スタッフロール。
その後、顛末を確認するカルロス。

必死の思いで助けに来たカルロスですが、めっちゃ責められました。
いやいや、このパートの結末もめっちゃ理不尽。
茜の決意はいいけど、淳平とカルロスが。
特に淳平が。
ここから善人シボウデスに繋がると思うと(;ω;)
CーEND:1

タイトルとURLをコピーしました