幻想水滸伝 紡がれし百年の時2

トルワドさんのレベルは50。
強いですね。
砦の外にでて、実戦で技を伝承。

伝承システム、いいですね。ディスガイアみたい。
結構簡単に技を覚えることができました。
さっそく現代へ。寄り道してからですが。

百年後に戻ったら砦が復活。砦が朽ち果てないようにトルワドが何か手を打ってくれたらしい。
そんなところにルルサさんが登場。
砦の厨房を預かっているらしい。
……そんなところにまで影響を及ぼすのか。
砦にはジーノの工房まであるとか。いいな。工房に行ったら火炎の魔石を30個手に入れました。いいのか、勝手に。
厨房に寄ったら回復してくれました。やったね。今度からは厨房を使えばいいのか。

里へ行くと、全滅。ジーノ、死亡。
……まさか亡くならないよなと思っていただけに、ちょっと憂鬱。
かと思っていたら時代樹で過去に遡り、変えればいいじゃないかというゼフォン登場。いや、それはまぁ、そうなんだけど。なんかすごく抵抗があるんですけど?
とはいえ手段はそれしかなく、100年前へ。
100年目の怪物は時代樹が嫌いらしいから、里に時代樹を植えれば近づいてこないよねという考え方で、100年前の里に時代樹を植えようと逸る主人公たち。
砦から出たところで自分の時代に戻されてしまいました。
どうやら、時代樹から離れすぎると元の世界に戻されてしまうらしい。
トルワドさんに植樹をお願いし、主人公たちは元の時代へ。
なんと、テルベの里が復活。何事もなかったかのように里の皆も元気。
けれどもやはり矛盾はあるようで。
ゼフォンが100万世界の話をしてくれました。
善デスと被る~。

里の復活を見届けたゼフォンは、意味深なことを言いながら里を離れていきました。敵になんてならないよね。いつか過去を変えたことのしっぺ返しがどかんと来そうで嫌だな。

里の時代樹の苗木をゲット。
……この苗木をまた100年前に植えたら、100年後の現代で、また時代樹が育って、そしてまた苗木が取れて……という循環にならないだろうか。

頭領が帰ってきました。
主人公たちを周囲の村へ派遣する判断をする頭領。
イリアが仲間になりましたv
ようやく、1人目の仲間。ちゃんと戦闘パーティです。薬使いらしい。
ちょっと疲れた。

タイトルとURLをコピーしました