俺の屍を越えてゆけ2 004 月見ノ宝鈴

6月に入った瞬間、コーちんの雰囲気が銀色から茶色に変わりました。
……衣替え?

「投資のおかげで街が発展したっぽい」と嬉しそうに報告してくれました。
武器屋の品ぞろえが変わったらしい。
そして、武器屋&防具屋&薬屋が夏の大売り出し!

武器屋が発展したから武器職人を呼べるらしい。
どの武器職人をお迎えする? と言われ、「剣福」「弓部」「神薙ぎ」の三種類のうち、どれかを選択できるらしい。
当主の職業が薙刀なんで、「神薙ぎ」を選択。
来月から職人が来てくれるようです。投資し続けると更に呼べるようになるのかな。

そろそろ交神しとかないと、と助言を受けました。

◆交神
交神の基本。
・男性は女神、女性は男神が相手。
・8ヶ月で元服。適齢期は1才2ヶ月前後。
・3~4ヶ月おきに必ず行う。
・3~4ヶ月で貯まる奉納点を使う。
・短所を補うか長所が伸びる相手を探す。
・子供の来訪は、翌々月だよ。

ということで。
防具屋に1区画投資したあとは交神です。
この時点で奉納点が11535。
まぁ、引継ぎ特典があったからね。
いつも悩みますが……やっぱり熊さんで。
熊祖権現さん、奉納点は225点です。土属性。

そういや遺伝子見てなかった; まぁ、顔だよね、顔。

◆7月っす。
透閃(次女)が元服しました。
防具屋の品ぞろえが変わり、武器職人の神薙ぎさんが到着。
防具屋の職人も「薙左近」をお迎えしましょう。

ここで「黄川人様の紹介とかいう女の子と大きい男が来たよ」と報告が入りました。
おお。
夜鳥子かな? と思ったけど、違った。
帝の孫娘、田鶴姫さんと警護の力丸さん。
どうやら一族を生贄にしたことを悲しんでくれる人らしい。この国の未来のため「晴明、討つべし!」と炎を燃やしてます。
でもこの人、黄川人さんの紹介で来たんだよな? そんな想いがあるなら黄川人さん経由じゃなく1人でおいで、と思ってしまった。
全国に散らばった一族を結集して力を貸してくれ、と頼まれました。
その代わりに船を調達してくれるらしい。
こちらの返事も何も聞かず、一方的に宣言して帰っていきました。しかも力丸さんには敵意を向けられて。なんなんだお前ら。

祭具のひとつも取り戻してみれば少しは認めてやる、と超上から目線。
別に、お前のために取り戻そうと思うわけじゃないけどな。
コーちんが「嵐みたいに自分の都合だけ勝手にしゃべって、もう帰った!」と目を丸くしました。爆笑。超同意!

船、ねぇ……。

二人が帰った後、大事な話として、次の9月に根の子参りで百鬼祭りがある、と教えてくれました。特別報酬がもらえるんでしたっけ。

今月はどこに行こうかねぇ。
新たな術の巻物を探すという方針で、ねうねう亭へレッツゴー。
あ、そういえば今月は投資をしてなかったけれども、その場合は「いっしょに決める」の時に投資先を決めてくれるんですね。
「雑貨屋に2区画投資」です。

気を取り直してねうねう亭へレッツゴー。
黄川人さんの「わからニャーよ」が超可愛い。

あ……入って直ぐの火鉢が「名所31番」でした。
宝箱から「鍵(黄)」をゲット。
大切な物が入ってる宝箱は色も違うっぽい。

迷宮の奥へ行けた――と思ったら1か月経過。
ご帰還です。ふぅ。

「お焔」「地鳴り」「お地母」をゲット。

◆8月っす。
お、男の子を授かりました。
おかっぱ黄色い頭の男の子。鼻の頭の赤い紋様が特徴です。
名前は――熊翠にしました。
職業は翡翠と同じ、薙刀士。

街には新しい雑貨屋ができて、防具職人の薙左近さんが到着。
そして、養子・結魂の候補に人が追加されたらしい。
懐かしい感じがする人だよ、と言うコーちん。前作のセーブデータ?

神社に1区画だけ投資。
養子・結魂の欄を見ると、土宮さんがいました。
ええと、顔がちょっと違う気がするけど……前作セーブデータの一族……かな(覚えてない;
傭兵として迎え入れることができるらしい。
謝礼として217両よこせと言われました。おまえ……。
まぁいいか。

根の子参りへレッツゴー。
今月はこのまま討伐続行。
……傭兵の健康度が50に下がりましたけどね。

◆百鬼祭り
「百鬼祭り」は鬼たちのお祭り。
盗まれた祭具と晴明が関係してるっぽい。
迷宮に妙な「みこし」があったら、それが入口。
百鬼祭りは、春夏秋冬の4つがあって、それぞれ1年に1回、開催期間は1ヶ月。
百鬼祭りの入口が迷宮の奥に現れたときは開催の前月から討伐に出かけるのが吉。

という説明書きがバァーンと出ました。
……コーちんが前月から迷宮に入ってた方がいいよ、と言ってたから討伐続行で入ったんだけど、みこしの意味が分からない。
あ、ってかこの説明が出た時点で画面の向こう側に魔方陣ぽいものが出てました。
あれが「みこし」らしい。

魔方陣の上で○ボタン押すと神輿を担いで踊る鬼たちの映像が。
そしてそれを追いかける私。
敵がゾロゾロいます。
なるほど、こういうことか。
神輿行列の敵たちは普通の敵たちとは違って、特別な報奨品を抱えてます。もちろん緑アイテムも。
チャンスですね。

名所45番を発見。

更に奥に進むと晴明が出てきました。
御所から消えた祭具「月見ノ宝鈴」があるとのこと。
戦闘になりました;

報奨品は「速瀬」と「月見ノ宝鈴」。
必ず止まるようになってました。勝てるかなー……。

傭兵は戦力外になってしまいましたが、何とか勝利。
辛勝です。
ていうか晴明、自害したみたいに思えたのは気のせい?

祭具:月見ノ宝鈴を奪還しました!
晴明のアニメーション挿入。
炎の中から蘇り、自分は死んでも何度も生き返るとのこと。そして晴明を倒さない限り、呪いは解けないと。
さぁどうやって倒しましょうね? と笑いながら消えていきました。

そのまま屋敷へ帰還します。
巻物「速瀬」「火祭り」「水祭り」「風祭り」をゲット。
月見ノ宝鈴を奪還したからお祭りが1つ復活するよ、と目を星にするコーちん。
またイベントあるのかな。

◆10月。
秋祭りの『狂夜月見祭り』が復活した、と教えてくれるコーちん。
街に行けば山車や神輿が見られるらしい。
神様の力も少し解放され、更には神社で奉納試合が開催されるとのこと。
今月だけは交神に使う奉納点が1割引らしい。でも試合に参加したら交神できないよな。どっちか選ばないといけないってことか。

そういや子供が今月から戦闘に参加できます。
ようやくですね。
やるときはやる子だから大丈夫のスケ、とよく分からない後押しをコーちんからされました。
そして深緑(三女)が元服!
交神しておかないとパーティーが増えないよなぁ……。

と思っていたらコーちんが「大変大変!」と大声出しました。
何事だ。

大勢の神様が天界から一斉に姿を消して、地上に降りて、敵に回ったっぽい、と……って、なんだそれ。
え、意味が分かんない。

そしてコーちんは素晴らしい切替で「神社が街に建った」といつもの報告に戻りました。
えー、えー、なんだろう。

田鶴姫さんと力丸さんが再登場しました。
船を手に入れたから猿山田国に向かってください、とのこと。
一族にゆかりある者たちが隠れ住んでいるらしい。
なんでそんな情報をお前が知ってるんだ。
「晴明調査書」を貰いました。笑える。

お前らのために朝廷から船を盗んだんだ、と力丸には更に恨まれました。
え、納得いかない。
勝手にやるさ。

トロフィー「祭り解放其の1」をゲット。

薬屋に1区画だけ投資。

タイトルとURLをコピーしました