俺の屍を越えてゆけ2 007

◆1120年3月
遠征で焔獄道へ。

黄色い鍵がかかった先へ行くと、ボス。
でも体力が677だから楽勝かな?
鍵って、1つでも持っていたら別の迷宮の扉でも開くことはできるんですね。分かりました。

ボス:九尾吊りお紺

奉納点を稼がせてやるよ、と……いいボスなのか?
いやいや、別にいいけど。
戦利品で神様が封じられてるアイテムがありましたけど、スロットは揃いませんでした。何かの条件が未達成なんでしょう。なんだろう。

もう少し時間があったので迷宮の奥へ。
まだ雑魚キャラは普通に倒せますね。次からはもっと奥に進んでもいいのかもしれない。

屋敷へ戻った皆を出迎えたのは、やっぱり……当主様、ご臨終です。
次の当主は宇翠茶々にします。
当初は息子を考えてたんだけどねー、茶々の方がまだ先が長いし、活躍してくれそうだし……ということで。茶々、頑張れ。

最後のお別れをするコーちん。
代々当主の名前を名乗ることになりました。
うん、これは前作で超びっくりして焦ったから、今回は焦らない。
さようなら、初代。

修羅の道を子に強いる決断が正しかったのか、今も分からないわ。
でも、後には戻れない。
生まれたからには、とことん、おやり。
……子供たちよ、私の屍を越えてゆけッ。

と、辞世の句。
さぁ気持ちを切り替えて、新当主の誕生です。
トロフィー「受け継がれる意志」をゲット。

◆4月
先月当主が代替わりしたから、「翡翠様が翡翠様に先月行った、訓練の成果は……!?」なんていう不思議な報告になりました。

新当主は今月から出陣可能になりました。
ばしばし鍛えていきましょう。
兄の熊翠はようやく元服。交神しとかないとな。

熊翠×阿狛・吽狛とを交神。
また土属性ですね。
……いいか。

って、あれ? 今気づいたんですけど、阿吽は女性扱いなのか……?
熊は男性なんですけど……。
「この神様でいい?」と聞かれて熊と並んでるのを見て、超違和感ありました。
不思議だ……。

◆5月
来月は猿山田国の竜宮渡りに「百鬼祭り」の入口が開くとのこと。
今月から遠征に行っておきますかね。
そろそろ次女の寿命もやばそうなので、彼女を置いて――って、彼女の顔にも紋様が現れました……やっぱりこの紋様が広がったときが寿命だよってことか。
三女はまだ大丈夫っぽい。

竜宮渡りに行くと、潮が引いて新たな道ができていました。
先に行くと「名所2番」発見。
そういや名所がどこにあったかの一覧って、ゲーム中で確認できるシステム、ありましたっけ?

ボス:太刀風五郎:体力1000。
一族を鍛えてくれ、と昼子に頼まれたらしい。余計なお世話だ。
焔の併せ4人をやったら、ダメージ約500。
さほど苦労することなく倒せました。良かった。
トロフィー:術4人併せをゲット。

そのまま更に奥へ。
百鬼祭りの魔方陣の中へ入ると、もう直ぐに晴明がいました。
祭具を本来の姿に戻しておきました、とだけ告げて去る晴明。
――強敵接近! とコーちんに忠告されましたが、今更帰るわけにもいきません。
しかし、祭り中の鬼たちが結構強くて。
何とか祭具の近くには来れましたが、多分勝てない――ということで。
帰還しましょう。
次の機会を待ちましょう。
無謀と勇気は別物ってことで。

屋敷に帰ると「倒れた人がいるよ」と悲しそうな顔でコーちんが頭を下げました。
次女でした。
享年1才七ヵ月。

私の額に手を当ててね、「ここにいろ」って、言ったヤツがいたの。
いま思うと、それがきっかけだった。

……ん? 続きがあると思ったが、終わりでした。
早くも二人が逝ってしまったわけですが……もう少し、鍛えないとな……。

巻物「血火弾」「火纏い」「水纏い」ゲット。

◆7月
阿吽の子どもが来ました。男の子です。
やばい、熊の子どもと全く同じベースだ(笑
違うのは目の開き方だけ。見分けがつかなさそう。

親と同じ薙刀士にしておいて……福招き美也様が地上に降りた、と聞かされました。
誰だ。

……と。
真横からコーちんが弓で射殺!
ではないけど、「晴明の矢文」が飛んできました。

6月に猿山田国で夏の百鬼祭りを催します、とのこと。
……ん? 先月の話か? それとも来年の話か?
来年だよね、きっと。

タイトルとURLをコピーしました