俺の屍を越えてゆけ2 013

ねうねう亭にて「おぼろ夢子」と「おぼろ幻八」を撃破。 前回までは「おぼろ夢子」だけだったのに、なんでいきなり2人になってるんだ。
夢子によって命中が250近く低下したり。
幻八の回避が250増加したり。
蜻蛉のくせに。

けれども体力は2人とも800ぐらいしかなかったので、術の併せで楽々でした。
撃破したのが3回目ということで、二人とも天界へ戻ってくれました。
夢子だけ戻るのかなと思いましたが、幻八も。良かった。

屋敷に戻るとトロフィー「究極の一撃」をゲット。
何の条件だ?
よく分からない。

一族にはまた新たな赤子が加わり、特注の武具も届き。
陰でコッソリ泣いてたと報告するコーちん。
防具も届くと、今度は興奮して眠れないと報告してくれるコーちん。
お前はスパイ活動豊富過ぎだ。

「何柱か神様が一度に戻ったらしい」と聞かされて、目が点になりました。
何で? 何もしていないはずなのに。何が条件だったのか、さっぱりわかりません。そして、神様一覧を見ても、誰が戻って来たのか、さっぱりわかりません。戻ってきてないんじゃないんでしょうか。

ふと気づけば夜鳥子の健康が63になってました。
その次の日、とうとう夜鳥子がご臨終。
一族の他の人と同じようにエンドロールが流れ、辞世の句。
その涙は一族のため取っておけ、とか何とか。

享年、1才7ヵ月でした。

跡継ぎ残してないけどいいんだよね……? てか交神ができないわけだから、残せないわけだけれども。

パーティが3人になってしまったので、交神することにしました。
これ、交神してる間も別のメンバーは迷宮に出かけるとかできればいいのに。
時間が勿体ないなぁ。

 

初めて自分の意志で他国を訪れました。
コーちんは無視して自分で「出撃」。
自国にはない「七色温泉」にレッツゴー。

鬼の湯治場。
お湯に浸かるとワープできました。
自分の立ち位置がどこなのか、一気に分からなくなること請け合いです。
全体MAPが欲しいよ……。

タイトルとURLをコピーしました