俺の屍を越えてゆけ2 015 三つめの祭具

天衝くどんの奥地でボス:木霊ノ寝太郎を発見。

ようやく次のボスか。
一向に札やら鍵やら見つからないよぅil||li ○| ̄|_ il||l

ボス自体は動かないのだが、「春は来ぬ」とかって周囲に木々を増やし始める引きこもり。全体攻撃していけば楽です。
火属性の3人併せで1000以上のダメージv
さすがです。

「寝ている間に終わってしまった」って捨て台詞吐かれますが、寝てたか、お前……?

ボスの奥に進むと黄色い鍵。
解錠して次MAPに行くと久々の黄川人さん登場。
イベントを全然進めてなかったからなぁ。

とりあえず「鳥居をくぐれ!」ってことですね、はい。
「槌の指南書」をゲット!
ようやく次の職業かー。

……屋敷に戻ったら「歓喜ノ舞」が行方不明になったらしい。
あれ?
歓喜ノ舞って、あのゾウですよね。
一度昇天させなかったっけ?
これって何度も下界に行方不明になるもん?
てか神様にも忠誠度みたいなものがあって、家出されるとか、そういうこと?
神様なんだから他人に迷惑かけないで頂きたい。

うーん。

福招き美也と再戦。
今度は忍者ごっこをするらしい。
が、ここで重要な情報。
天界は昼子派と反対派とで、4対3に分かれている。
他の3割の神様は様子見をしているとか何とか。
そして、美也が味方してくれるかどうかは、これからの勝負次第――それはどうでもいい。

子分を呼ぶ美也ですが……子分たち、一族から大切なものを盗んでいきました。
ええ、金です。
最近は投資してなかったので金が貯まっていたのですが、奴ら、1回に7000両もの大金を盗んでいきました。許せません。

そんな気持ちが伝わったのか、隊長(拳法家)によるクリティカル!
そして二回攻撃!
美也は「明日から本気出す」と、どこかで聞いたセリフを吐きながら去っていきました。盗んだ物は……返ってきません……。

更なる奥へと進み、ちょっぴりトラウマ:赤猫お夏と再戦。
物理攻撃はあまりダメージ入りませんでしたけど、術の4人併せを2回。
今回は回復する暇も与えず勝利!

◆10月
奉納試合に出陣してみました。
全員、体力は500を越えましたし……何とかなるかも?

お相手は南條一族。
剣&踊り&筒の三人パーティ。
相手の体力が見えないから、目安が分からない――でも勝利。
前回よりは希望が見えてきました。

二回戦目は獅子首一族。
4人パーティ。
3人の術併せで1本勝ち! 金一封(100両)が出ました。

さていよいよ決勝戦。
相手は唯一族。
踊り×2&槍の三人パーティ。
4人の術併せで勝利! 1人は回避されて逃したけれども、優勝です!!

トロフィー:奉納試合初勝利をゲット!

うわーい。

◆11月
来月は百鬼祭りがあるので、今月から出発してらっしゃい、とのお言葉。
夜鳥子の準備も、パーティの強さも、充分だと思うので……行ってきます。

遠征で「天衝くどん」へ。
最近冒険したときに黄川人が「惜しい!」と言ってたところがあったので、多分そこ。結構奥地だった気がするなぁ。

途中で寝太郎を撃破。
薙刀士が奥義を創作してくれました。
既に先代から引き継いでいるので2つ目の奥義。でかした!

目的のところに到着~!
と思ったら早すぎたみたいで、神輿のそばにいた黄川人に「12月だよ」と温かい笑みを向けられました。くっ。

その辺りをウロチョロするかな、と外に行って下ってみていたら、大岩の裏側に出ました。こちら側からは触れます。押せます。障害物除去に成功!
おおお、これで次からはショートカットができる。やったね。

そろそろ月が替わるので元の場所へ。

魔方陣の中に入ると直ぐに晴明と対面。
あれー?
赤い灯祭りはー?

祭具を作った父の願いは祭りだったのに神々が独占してしまったから、元の姿に戻したいんだという晴明。
あなた方も見てみたくありませんか?
と言うだけ言って、再び消える晴明。

彼が去ったあとはいつものお祭りが戻ってきました。
ひゃっほう。
奥へ進むと、次は扇の祭具みたいです。

双頭の大蛇。夫婦らしい。
――あんがい、夜鳥子と晴明も前世じゃ男女の仲だったりしてな、と彼の式神が軽口叩きました。

結構範囲攻撃がきつい。
土々呂の4人併せで500ぐらい。
範囲攻撃で120ほど食らうので、HPが200に落ちたら回復しないと辛いかも。

しばらくすると「さて、次は○○さんを狙いますよ」と宣言してきました。
何様だお前。

回復に専念していたら狙い撃ちされ。
しかしそこに「危ない!」といたち姿がコーちんが割って入ってきました。
あんな小さい体で受け止めるコーちん。ちょっと感動。
でもあれって死ぬんじゃ……。

何とか……辛勝ですが、勝てました。
当主と夜鳥子は回避連発でダメージ蓄積少なかったんですが、まだ5、6か月目の子供が……;
結構無茶でしたな。
黄川人がHP450ぐらい、って言ってましたが、確実に500越えてないとキツイと思われます。

「雪見ノ礼拝」を奪還!

続いて、倒された虚と襤褸が夜鳥子と同化。
……この調子で同化してったら夜鳥子がラスボスになるんじゃなかろうか。
前回と同じく倒れる夜鳥子。
そして記憶? が蘇り――夜鳥子と同様、私も叫びましたよ。晴明の超期待する声に(笑

夜鳥子と晴明は前世で夫婦だったのか? と尋ねる夜鳥子。
が。
私は父の顔を知りません、と言う晴明。
ええー、そんな晴明ヤダ。保名さんは結構好きなのに。
てか、この流れで行くと……夜鳥子は葛葉さん確定ってことでしょうか。

鬼頭に爆笑。
シリアスシーンをぶち壊すな。

「おい! 晴明は、恥ずかしそうに『おかあちゃん』って言ったよな?」
こちらに向けて質問してくる鬼頭。
「はい」「いいえ」の選択肢が登場。
……恥ずかしそうに……? ……おかあちゃん……?

これはもう否定するしかっ。
「いいえ」を選択すると鬼頭が目を丸くして引っ込みました。
「はい」を選択してたらどうなったんだろう。

「おかあさん」→「母上」に呼び名を直す晴明がおかしい。
次は、自分が息子だと証言してくれる者を連れてきますよ、と告げて去る晴明。
誰のことだよ。

タイトルとURLをコピーしました