俺の屍を越えてゆけ2 017

12月の祭りが終わり、立て続けに一番の古株と当主がお亡くなりになり。
交神をやっていたらあっという間に2月。

次の祭りは3月ということなので、もう間に合わないよ。
戦力を保ってる間に殴り込みに行くのがベストなんだろうか?
でも、例えそれで勝てたとしても、そのあとは主力たちが他界して一族断絶になりそうな気がしましたので、やはり今回も見送り。2年計画にしよう。

他国の七色温泉に入ろうと思ったら晴明登場。
黄川人といい、こいつといい、気軽に現れ過ぎだと思います。
「両親と一緒に過ごすことが私の望み」
そんなことを告げて去りました。
他人を巻き込まないで欲しい。

……オフライン他国の七色温泉に入ったのですが、入浴のワープ場所とかMAPが少し違いました。なんで?
そういえば前に入った七色温泉は、オンラインの他国にあったっけ。
これって、ユーザーごとにMAPが違うってことか?
うわ、面倒くさ。

ボス:土公ノ八雲 という蜘蛛でした。
最初からのMAP覚えに悪戦苦闘しながら、ようやくたどり着いたボス。
そこで時間切れっす。

 

3月の祭りを無視したので4月は恒例の矢文。
コーちんももう分かってる感じです。
「いちいち矢を射るくらいなら、手で渡してくれりゃあいいのに」
ごもっともです。
さっき迷宮入口で会ったばっかりなのにね。

コーちんにひたすら温泉行こうよと薦められるので、はいはい分かったよ、と目標をそっちに定めた後に、他国の根の子参りに行ってきました。
迷宮に入るとき、こっちを優先していいの? と聞かれて心が痛んだ。

が、そんな痛みを飛び越える出来事が!
なんと、この迷宮に、開いてない青宝箱があったんですよ!
しかも、中からは緑の蝋燭!

うわーい、うわーい。
これで緑廊下を手探り状態で進まなくても済む~♪

……ふと思った。
他国のねうねう亭にも行ったことありますが、そこはもう宝箱が開かれてたんですよね。だから、自分が一度開けたことのある貴重品の宝箱は、他国にいってもフラグが立ちっぱなしで二回目のGETはないんだなぁと、勝手に思っていたんですが……それがもし、他国の本当のユーザが「まだ開いてない」状態なんだったとしたら。
……まさかね。そこまで鬼畜じゃないよね。
もし逆の立場だったらきっと私「まだ来たことのない迷宮なのに宝箱が勝手に開かれている……っ!?」と盗賊説を疑うと思います。

あとは赤の蝋燭だけか……。
どこにあるんだろうな……。

そうこうしてたら初陣の弓使いが2つ目の奥義を創作してくれました。
よっし。

そういえば、最近は投資をしてないので所持金が254939両と、結構貯まっています。
ということで、今まで目を向けていなかった武器防具雑貨屋などでアイテムを買ってみましょう。

折よく2割引ですしね!

一度も入手したことがないアイテムは橙色になっているので分かりやすい。
全種類入手を目指すかな。

……炎の種。
ずっと気になっていたんですが、2割引とはいえ、まだ109012両と、バカ高いアイテム。
思い切って購入!
……貴重品袋に入りました。
何の効果があるのか……いまいち分からない。

富士見ヶ原へレッツゴー。
初迷宮です。
まんま、富士の樹海だなぁと思っていたら、1戦目で弓使いが奥義創作。
これで奥義は3つですよ。
すごいな。

そう思っていたら次の戦闘では当主が薙刀を振るった瞬間、先代の加護とか何とかで、先代との連携攻撃。おおお、久しぶりの熊さん(涙
富士の樹海だからか?

奥に進んだら「不帰の森」だと教えてくれました。
季節ごとに道も変わって侵入者を迷わせる――なんてはた迷惑な森だ。

いまいち迷宮の概要がつかめないまま1ヶ月。
屋敷に戻ったら地震が発生してました。
でもうちには熊公を祀っているから大丈夫――と思ったら、今回は例外だったらしく、しっかり被害を受けてました。しかも、武器職人の剣福さんがこの国を離れていきました。
うおぉい、最近は神社にお供えも投資もしてなかったから、ご加護が切れたのか?
そんなにアテにするなということか?
熊よ……次はよろしくお願いします……酒をお供えさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました