俺の屍を越えてゆけ2 020

迷宮入口で再び黄川人と遭遇。
「神の言葉を鵜呑みにしちゃいけないよ」
天界で何があった。

虫寄せ花乱が天界に戻りました。
隊長が術:花蓮火(花乱火だっけかな?)を覚えていることが条件。
――その直後に苗場ノ白雪姫様が天界から消えました――そのサイクルやめれ。

 

他国の迷宮に入ることが多くなってきましたが、ふと「鬼神」一覧を見ていて、疑問に思いました。
……富士見ヶ原に「印虎ひかる」さんがいる。
他にも、七色温泉に「土公ノ八雲」さんがいたり、「七枝タケル」さんや「荒吐鬼ペコ」さんがいたり。
自国の「ねうねう亭」や他国の「竜宮渡り」に登場した神様ですが、他国は他国で別の迷宮に住んでるってことですかね。うーん、ややこしい。
3度倒しても最終的には神様たち、下界に下りていくような気がするので……目当ての神様を見つけるのは大変かもしれない。
……今のところ、熊さんが出て行かなきゃ私は満足です。と思うことにしておく。素質低いけど。

 

訓練の関係で出撃メンバーが3人になってしまったので、初めて、他国の人を傭兵に雇ってみました。
以前は勝手に屋敷へきてくれた前作セーブデーター(だと思う)の人でしたが、今回は自分で選択~。
他家の人たち、美男美女ばっかりで羨ましい。

さっそく活躍してもらったんですが……やっぱり自分の一族に比べて愛着が持てない。
そのうえ、彼らは雇った時が最強で、それ以上の成長はしないんですね。
経験値が上昇しない。
それでも経験値は人数分で均等割りされるから、雇った分、経験値がもったいない事態に。これなら3人パーティで頑張れば良かったかな、なんて。

でも自国にはない職業を仮に雇い入れることができるから、それは楽しいかな。

当主の歴史を読み上げる時、「タケルとペコ討伐」と、神様の名前が省略されてたことにちょっと笑った。
そして、氏神様にどうですか? という打診が来たー!
いぇい!

遠慮なく祀り上げます。

 

次代の当主を任命するとき、どう考えても今回一緒に他界するな、という従兄弟を次の当主に指名してみた。当主になった瞬間に亡くなるのかなぁ、と酷い実験です。
しかしその新当主、気力で死の淵を越えました!
顔の模様から確実に今月亡くなると思っていたのに!
あああ、ありがとう当主!
これで貴方が最後に残した子どもに父親の顔を見せられるよ! 訓練できるよ!

当主パワーすげぇ。

 

何気なく「一族成長録」を見てみました。
これって確実に人数に比例してるような気がするよ。

冒険が始まった当初は順調に右肩上がりだったのに、世代交代が行われたあたりに戦力2000から400に激減し、来月にはまた2000へ復活。
そこからは今まで1600に減ることはありましたが持ち直し、ずっと2000くらいをキープ。全員の戦闘力のこと測ってるのかなー?

まぁ、月別表示にすると上がり下がりが半端ないグラフですが、年別表示にすると、ゆっくりとではありますが右肩上がりなので、ゆっくり確実に強くなってるなぁと実感できて、いい感じ。

もうちょっと底上げ図りたいなぁと、夜鳥子は放っておいて、続けますよ。
富士見ヶ原にて歓喜ノ舞と対立。

夜鳥子の見張り番だったのに、勝手に解放して許せん! と向かってきました。
解放したの昼子だから。
夜鳥子の裁きは夕子様の決定だったらしい。
夕子様と昼子様が対立してどうするのだ、と言われますが……それこそそっちの勝手じゃ。
うちらはただ呪いを解いて静かに暮らしたいだけじゃ。

ゾウのくせに結構強く、一撃で踊り子が倒されました。
防御力が紙だったのかな……。

今までの体感ですが、やっぱり薙刀&剣&弓のパーティが一番使いやすかった気がする。防御力&攻撃力&攻撃範囲から考えて。
他の職業を試してないので何とも言えませんが――個人的な好みです。

そういや、遠征地はちゃんとお気に入り登録しておかないとダメですね。
更新されてしまうと別の遠征地探さないといけなくて、ちょっと面倒。
ストーリー進行に合わせた遠征地も出て来てくれますが、これも、ストーリーが進むと消えてしまうので、やっぱりお気に入りに入れておけば良かったなぁと思った。

タイトルとURLをコピーしました