death stranding 001

超久々にプレイ日記投稿。

今は「death stranding(デスストランディング)」というPS4のゲームにどはまり中です。

どういうゲームかと言うと↓こんな感じ。
私の勝手な言葉で紹介。
★世界観
・人々はドームに篭って生活
・ドームは世界に点々とあるが、一般人は外出しない
・外には死者がいてBTと呼ばれている
・BTは「時雨」と呼ばれる雨と共に現れる
・時雨は触れたものの時を奪う
※雨ざらしになっているものは劣化して朽ちる
・BTは生者を見つけると襲ってくる
・生者がBT(キャッチャー)に食われると大爆発を起こす
・大爆発は都市をも吹っ飛ばすほど大規模なもの
主人公は死んでも生還(ニュアンス違うけど)できるが大地にクレーターができる
・人が死ぬとBTになるので必ず火葬する
・カイラル通信というネット通信が発達した世界
・カイラル通信は3Dプリンターの超進化版
設計図と通信があれば、ハシゴや銃を製作できる
・食料は作成できない
・食料、その他もろもろを運搬する必要がある
・主人公は配達人

★操作
・アクションは少なめ
・レベルの概念はない
・配達した量と質と速度で評価される
・評価値が溜まるとステータスが増える
・ステルス要素あり
・途中で武器が出るので倒すことが可
※ステルスより倒した方が楽
・オンライン要素あり
※他人の建設物が自分のマップに出現する
・序盤は徒歩のみ
・荷物をどのように背中に積むかが重要
・荷物の大きさ、量によって重心が変わる
・地は「滑らない」「滑りにくい」「滑りやすい」「無理」という感じ
・川は「浅瀬」「腰の高さ」「流される」という感じ
※無理、流される、以外は通行可
・ひたすら配達
・通常戦闘はBT(霊的)とミュール(盗賊的)のみ
・特殊戦闘は大型BT(体力と体格が通常BTと異なるだけ)と、途中、いきなりマシンガン手にする戦場へ(一瞬だけ)
あとの特殊戦闘は、まだ進んでないので不明
・移動手段
徒歩・バイク・車・ワープ・ジップライン

 

こんな感じ?

ただひたすら配達するだけのゲームなんですが、地形がリアルだし、途中からひたすら国道建設するし、資源が足りなくなればミュールたちから逆簒奪するし、移動が快適になるたびワクワクするし、ただひたすら配達するゲームなんですけどね!(笑)

非常に楽しいです。
最初の導入部分で「BB」という存在の扱われ方とかに、ちょっと引いてしまったんですが、別都市(中継センター)とかできることが増えたりするうちに、次へ次へと、先に進みたくなり、一向にやめどきが分からず徹夜です(笑)

 

 

今はジップラインという移動手段にはまっています。
柱を2本立てて、その間をロープウェイみたいな感じで通れる、走り抜けられる感じの移動手段。アスレチックだね。
300m~350mの距離で建設できるので、今までハシゴをかけてロープ垂らして、崖を登って・・・と配達困難だった場所にも、ほとんど時間をかけずに配達することができるように。
しかもこれを使えば、ミュールとかBTとか素通りできるんですよ。多分。他の人たちの攻略情報見てるとそんな感じ。私はまだそこまでやってない。

地域によって通信量の上限が定められているので、それを超えないように建設計画立てなくてはいけなくて。どういうルートでジップライン建てようかな~、と悩み中。
他の人のを参考にしようとしたんですが、オンライン要素でマップに出現した他の人のジップラインを使うこともできるので、そうすると完全にランダムなんですよね。誰のジップラインが接続されるか分からない。でも他人のジップラインは、自分の通信量には関係ないから、使わないなんて勿体ない。
ちなみに他人が作った建設物を「いいね」することもできるし、荷物を誰かに運んでもらうために預けることもできる。逆に、私が川に流されて消失した荷物とか、私が崖から転げ落ちてどこかに転がっていった荷物も、他のオンラインの人がポストに届けてくれるので、見えないけどいる、という存在を感じられるゲームでもあります。
道がなくて困ってたときに、誰かがかけてくれてたハシゴやロープや橋があると、もう、狂喜乱舞で「いいね」ボタンを乱打してます。

 

 

これから雪山エリアに突入するらしいですが、その前にひたすら、国道の復旧作業とジップライン接続をする予定です。
資源~。資源が足りないのよ。
ミュールたちを襲ってみるんだけど、深刻なセラミック不足。そしてジップラインのための化学物質不足。どこにあるんだ、あれ。
配達作業を繰り返して時々セラミックを融通してもらっているけど、なかなか出てこないんだよね~。

 

このゲームには一応「難易度」というものがありまして。
ベリーイージー、イージー、ノーマル、ハード、の4種類。
私はずっとノーマルでやっていましたが、難易度変えてもトロフィー取得には影響ないらしく。しかも、配達の評価がハードでしか貰えない評価がある、ということで、途中からハードにしました。
難易度によって、主人公の転びやすさ、疲れやすさ、BTの体力、ミュールの体力に差があるらしいです。
ためしにベリーイージーにしてミュールと戦闘してみたんですが、私はあんまり実感しなかった。いつも通り素手でタコ殴り。正面から殴るとミュールは怯まないので、そんな時は「L2」と「R2」を同時押しして殴る。こうすれば「タックル」になるので、相手を怯ませられる。
1対1なら負けなしです。3人に囲まれると、1人を気絶させる前に後ろから殴られてしまうので、ちょっと辛いけど。
相手が攻撃しかけてくる瞬間に「□」を押すと、攻撃を避けてカウンター出せるので、そこからの怯ませ攻撃3回でノックアウト。ノーマルでこれだから、最初逃げ回っていたミュール戦が楽しくなりました。
ミュールが金属や樹脂に見えてくる(笑)

で、ベリーイージーにしてミュールと戦ったんですが、奴らのポストには物資が1つぐらいしか格納されてなかったんですよ。
そこの地域のミュールとは初戦闘だったから、たまたまそこのミュールがため込んでなかったのかもしれませんが。でも、もしかしたら、難易度によっても格納量が違うのかな~、と思って、今はまたノーマルに戻してます。
検証はきっと別の誰かがしてくれるさ。

 

さぁ、みんなも楽しい配達生活を送ってください! おすすめです!

タイトルとURLをコピーしました