探偵撲滅16

――7日目、昼。

外道は鎮痛剤で落ち着き眠っているようです。
この場には専門的な医者もいないし、誰も処置できないのでは。
大丈夫かな、外道。このまま死んだりしないよね。

赤いSPXについて話し合っていると、武装さんが負傷してること判明。
跳び蹴りした一瞬で仕込み刀に傷つけられたらしい。
赤いSPXの武器は武装さんの鎧でも防ぎきれない、という絶望的な状況。

黒いSPXに武装の鎧は有効だったことを考えると、赤いSPXの方が殺傷能力が上ってことになりますね。
起きて来た外道を交えて作戦会議。

科学探偵が「キョロキョロちゃん」を開発しました。
マッピングしながら赤いSPXの動向を監視してくれるアイテムです。
これで赤いSPXに見つからないように進むことができます。
科学ちゃんすげぇ♪

赤いSPXを監視しながら再び通路へ。
かなりの距離を空けて、遭遇しないように進む一行。
途中までは順調にいきました。
だがしかし。
外道探偵がよろけて壁に血を付着させるとSPXの動向が一変。
いきなり加速してきて、追い付かれそうになりました。どうやら狙われてるようです。

やーめーてーくーれー。

全力で逃げる皆の前に、5メートルほどの穴が出現。
石ころ落としても音がしない。しかも熱風が来ていることを考えれば、穴の下は恐らく溶岩。
落ちるわけにはいきません。

向こう側の柱にロープを結び付けることができれば皆が渡れそう。
和都が全力疾走して向こう側にジャンプしました。何とか成功です。凄いよなぁ。

武装さんが科学さんの車椅子を穴の向こう側に投げ飛ばしました。
仲間でキャッチし、車椅子は無事。
でももう時間がない。
赤いSPXに追い付かれ、やっぱり盾になる武装さん。

途中でロープが切れてしまいましたが、それまでには全員が渡り切っていたので、武装さんがロープの切れ端をつかんで、何とか穴の向こうへ渡れました。
赤いSPXが穴を迂回して来ないとも限らないので、なるべく早く先へ進みましょう。

そこで何と、赤いSPXが跳躍。
穴を飛び越えてこちら側に着地。

はぁ?(;・ω・)

皆の理解が追い付きません。私も。

とうとう、赤いSPXの刃は武装さんの胸に深々と埋まりました。
致命傷です。
抜けば出血多量で助からず、抜かなければ切り刻まれ。

武装さんには守りたい誰かがいたけど守れなかったので、だからもうそこで自分は死んでいたようなものだと告白。
そして武装さんは赤いSPXと共に、穴へ落ちていきました。

(ノ_<。)マジかー。
凹むわー。

先に進んだ部屋では既に仕掛けが解かれていたようで、通路が出現してました。
社畜さんの仕業で良いんでしょうか。
そして、こんなときにも透明なSPXが襲ってきているようで……うわぁ。

和都が何かを閃いたようです。
透明なSPXは音。
白いSPXはカメラに映った者。
では、赤いSPXは何に反応していたのか。

えっと――血、かなぁ。

おう思ったところで、何と捜査パートが挿入されました。

0
タイトルとURLをコピーしました