イース セルセタの樹海 004 霧ヶ峰

 2人の探検家に出会いました。
 というか2人はこちらのことガン無視でしたけど。
 どうやら無限ループMAPのようです。
 2人の探検家をつける、変な人とかもいたけど、ひとまず私は私の道を行きます。
 ――迷うたびに探検家たちの言葉も変わるから、一見、正しいMAPを通ってきたのかと錯覚してしまいますが、見事に迷ってるらしいです。
 ぐるぐるぐるぐる。
 会話も尽きたのか、早く進めとばかりに「下り坂が正解だよ」と教えてくれる探検家。わぁ親切設計ー(棒読み
 けれども。
 下り坂と言っても、明らかな下り坂がなくて。
 これは最終的に上り坂になるのか? いや、ここで下るから下り坂か? でも起伏がある――という騙され方をされたりもして。そしてここで出てくる魔物が、上り坂に誘導するかのように逃げて。追いかけて倒そうとすると上り坂マップに突撃して無限ループにコンニチハ状態でした。
 それでも何とか、抜けて。
 精霊樹の苗を発見。テント張って眠ったら、今度の記憶は――聖獣?スパーダに乗って、海を泳いでました。
 目覚め、デュレンに夢の内容を「大河で獣に乗っていた」と説明。

 さてさて。
 テントを抜けて先に進むと、お次はアルゴン大河流域。
 まさに大河じゃないか(笑)

 進むと集落発見。
 樹海の中なのに集落が?
 と驚いていると、集落の前にいた男が「大変だー!」と叫んで集落に向かい。
 あっという間に集落の人たちに囲まれてしまいました。
 どうやらあちらはアドルのことを知っているらしい。
 しかしこちらは意味不明。
 どの面下げて戻ってきやがった? と言われたって、ねぇ。
「身に覚えがない」
 を選択するしかありませぬ。

 場面転換、どこかに閉じ込められる二人。
 どうやらアドルは毒を流した疑いをかけられているらしい。
 知らんがな。
 トロフィー:樹海に住まう人々、をゲット。
 光に触れて、オズマの記憶をゲット。
「聖獣について知りたい」を選択すると、親切に教えてくれました。
 現実に戻ってもオズマは親切で。
 真犯人捜しに協力してくれました――と思っていたら、なんとオズマは真犯人を知っており。それでもそれは村人に明かせないとのこと。
 なら毒を止めに、行きますか。

 なんと、オズマが仲間になってくれました。
 彼の武器は槍です。
 集落で装備を整えて行きましょうということになりましたが、お金がないから後回し。そろそろ武器も鍛えてみたいんだが……どうやって貯めるかな。

 オズマの指示に従って遺跡に行くことになるんですが、途中、寄り道をしようとすると引き留められました。オズマがいれば樹海の巨大魔物も倒せるかもしれない、と思ったのにな。
 遺跡にたどり着き――敵はカエルばっかりだ;
 オズマの特殊で遺跡を破壊しながら進みます(笑
 遺跡に溜まった水の水位を上げて、上を目指す感じのようですが、途中、ボスが登場。
 あっさりと負けました。
 何度やっても。
 いつもいつも、あと3撃くらいで倒せるのに! ってところで全滅します。
 レベルが足りないんでしょうか。
 オズマLv11に対し、主人公たちはLv8。
 確かに少ないけども。
 仕方なく、ちょっとストーリー中断して、装備揃えとレベル上げに奔走してきます。

タイトルとURLをコピーしました