イース セルセタの樹海 023 太陽神殿

 とうとう太陽神殿に到着。
 MAPが99.5%で止まってしまうのは、どこに見落としがあるんだろうか。
 そして太陽の石は2つまで見つけたけど、他はどこにあるんだろう・・・早く装備品強化に努めたい。

 太陽神殿に入ると、エルディール黒に遭遇。
 やっぱり、というか何というか。
 そしてそのままエルディール戦。ここで戦うのか! と思いましたが、普通に倒せちゃいました。
 エルディール白の意識が残っていたらしく、彼が食い止めてくれて。
 今のうちに月の仮面を・・・! と言われて渡すアドルですが、やっぱりエルディール、似合わない(笑
 つけると分かっていたならもっと格好良く作ったのに、とぼやくエルディール。
 本当にね。
 つけた瞬間のガッカリさと言ったら、もう。

 が、このままではやっぱり終わらず。
 奥からグルーダ登場。
 エルディールの代わりに世界を破壊してみる、的な発言。
 生命の書へ向かった彼を追いかけて、アドルたちも生命の書へ――。

 それぞれ三つの道を通り、次のマップへ。
 太陽神殿に太陽の石の三つめがありました。やったねー。
 ぐるぐる回すパズルは楽しいです。

 次のマップからラスボスまでは一直線なんですが、途中途中に出てくる雑魚敵が結構強い。さっき三つの道で戦ったボスと同じ形態のボスで、攻撃力も強い。
 ので、何度か敗退しました;

 それでも頑張って先に進み、ついに最終決戦へ。
 生命の書の前にいたのはグルーダ。人間を必死になって働かせるために俺は闇になる、的な発言をして、生命の書の力を強制発現。
 馬鹿でかい機械になりました……。
 グルーダの面影がないよ。

 頭上から降り注ぐ奴の攻撃をよけながら周囲の柱を壊し、壊したあとはひたすら逃げる。そうすると奴が体を屈めてくるので、そのタイミングで奴の胸めがけて必殺技! スキル連発! で、何とか辛勝。
 最後まで辛勝だな(笑

 倒すと遠くに太陽の仮面が転がっていて。
 グルーダは跡形もなく消滅。
 ・・・なんかちょっとあっけない感じでしたが・・・本当にこれで終わりなのか?
 結局、フリーダの恋人には最後まで会えませんでしたね。消息も不明。
 なんかもうちょっと絡んでくれたらよかったのに、と思った。
 全員に話しかけ、太陽の仮面を手に入れたら崩壊が始まりました。
 中枢区画から抜け出し、太陽神殿へ。
 グルーダが行った操作によって記憶に矛盾が生じてしまったのだろう、というエルディール。止めるには太陽の仮面を壊す必要があるらしい。が、そう簡単に壊れないのが太陽の仮面。
 火山口に投げ入れることに。
 そこに行くまでに仲間たちが次々とその場に残ってアドルたちを先に進ませてくれるんですが。
 ちょっとだけウルっときた。この展開は無性に好き。
 無尽蔵に湧いては邪魔する敵たちが超邪魔で、しかも何気に強いのでアイテム消費が激しくて。
 それでもなんとか火山口にたどり着きました。
 ここに来るまでに仲間たちが身を挺して敵をとどめてくれているので、アドル一人。
 そんな中、グルーダの執念とも言える影と、1対1の戦闘です。

 なんですとっ?
 と緊張したのもつかの間、他のボスと違ってザックザク体力を削れるので、あまり苦労しませんでした。良かった。とはいえ、やっぱりアイテムがないと辛くはありましたが。

 太陽の仮面を火山の噴火口に投げ入れるアドル。
 足元が崩れ、アドルも噴火口に転落――間一髪でリーザのソルが助けに来てくれました。まぁ、あのタイミングってアドルがもう助からないだろうというタイミングでしたが、そこは置いといて。
 アドルの脳裏によみがえる、最後の記憶。
 エルディールが与えたとされる知恵。
 それは東と西を繋ぐ道を見つけるという知恵。しかしアドルは断っていて、自分の力で見つけたい、と意欲を見せる。18歳だというのに・・・。
 が、せっかく招いておいて知恵を受け取ってくれないのなら、せめて称号を与えたい、とエルディールが与えてくれたのは、冒険家の称号。
 うん、いや、まぁ、冒険家ですけれども。なんとも、平凡な称号でびっくりしました;
 ともあれ、これで1周クリアです。
 MAPが99.5%のまま止まっているので、今度はそっちを埋めつつ色んなトロフィーを埋めていきますかね。
 の前に、まずは最強装備を整えますか。

タイトルとURLをコピーしました