善人シボウデス1

極限脱出ADV=ノベル×脱出×サスペンス!
裏切りか? 協力か? 運命を変える選択。
生死をかけた「裏切りゲーム」で、あなたは「裏切り」を選ぶのか、それとも「協力」を選ぶのか?

こんなあおり文句でした。

体験版をプレイしてみて、面白そうだなと思ったので、購入してみました。
謎解きをしたあとパートナーと扉の前に立ち、協力するか裏切りするか、選択。二人とも協力を選んでいたらいいけど、どちらかが協力を選んで、もう片方が裏切るを選ぶと、もう最悪。皆さん腕輪で管理されており、裏切られて、とある条件を満たした方は腕輪から注射針を打ち込まれて死亡。そんなゲームです。

さっそくプレイ開始♪
四方をコンクリートに囲まれた、薄暗い部屋で目覚めた主人公。
エレベーターらしいことに気付いて壁のスイッチを見ますが、そこにウサギのアイコンがv 体験版では今回のゲームのオーナー的位置にいたウサギ。愛らしいってより、ちょっと鬼気迫って恐ろしい相貌をしています。
そして少女が一人。かなり無愛想な感じですが。
主人公以外はフルボイスっぽいです。黒幕ウサギ【ゼロ3世】が、ちびまる子ちゃんの声で、超違和感v 場にそぐわない、明るい声。
「しばらくしたら、そのエレベーターは墜落するからv」
と、かるーい勢いで告げられました。

ここから脱出パートへ移行。
画面を実際に自分で触りながら、怪しいところを調べて、金庫のパスワードを集めていく感じです。このゲーム、DS3と同時発売なんだけど、操作性とか画質はPSvitaが断然良さそうです。まぁ元々私はPS派なんですが。

左に目を向けると、まずはポスターが目に入りました。
剥がしてカバンの中へ。詳細を見ると「赤ん坊の数と老人の数を数えてみよう」と、挑戦的な文章が。赤ん坊でも老人でもない人もいるんですが。
赤ん坊=4人  老人=8人
ま、後で役立つんでしょう。
続いて、ボタンが横並びのところを拡大選択。
「ジジイとババアを見かけなかったか?」
口の悪い少女だv
さっきのポスターが早くも役に立つ日でしょうか。
たしか、老人は8人だったので、8のスイッチを押してみましょうか。
……特に何もなし。まだフラグが足りないのかな。ひとまず8を押したまま別のところを調べましょう。
手すりの端っこを調べると、工具のハンドル(黄)をゲット。反対側も調査をし、工具のハンドル(緑)をゲット。
視界を回してエレベーターのドアを真正面に。操作盤を拡大。相変わらず恐ろしい形相のウサギだ。ボタンは押しても反応なし。ひとまず9でも押しておきましょうか。さっき墜落するとか何とか言ってたから、何となく。高い方を押しておけば保険になるかなー、なんて。
操作盤の下の方を調べると、赤青黄緑のボルトを発見。通風孔? 工具はここで使えそうですね。
さて、視界を回して反対側へ。同じ手すりと横並びのスイッチ発見。
こっちは赤ちゃんのプレートがかかってました。
まずは手すりを調べて工具のハンドル(赤)と(青)をゲット。
続いて赤ん坊の数は4だと思ったので、4をポチッと。
……まだ何も起こらない。
消火器の上にあるプレートを調べたら、なんだか重要そうな台詞発見。
というか、明らかにこれ、消火器の正しい使い方説明じゃないよね。
反対側の消火器を調べ、黄色のワッカを調べると、消火器のピンをゲット。
さっきは何もなかったのに。消火器の説明書を見ないとダメだったのか。
エレベーターの操作盤の上を、もう一度拡大。……てっきり消火器のピンをここで使うかと思っていたのに、違ったもよう。チッ。
操作盤の下にある、明らかに「何かあるな」的な雰囲気のボルト。それぞれの色の工具を手に持って、対応した色を選択すると、話が進みましたv
と思ったら「ハンドルだけで……? ボルトを……?」と呆れられました。懲りずにもう1回選択すると、「ハンドルだけではボルトははずせそうもない」、と、淡々とした説明を受けました。恥ずかしい。
消火器の箱を調べると、あっさり話が進みました。あー……。
開錠。中にはレンチのソケットが。
アイテム欄に行って、工具のハンドルとソケットを組み合わせるといいようです。これでようやくボルトを外せる~。
再び操作盤に行き、色にあったボルトを調べると、1つずつ外してくれました。アイテムを手に持ってないと外せないので注意。
中に入ってたのはミニゲーム。迷路のパズルみたいな感じ。緑のブロックを、紺色のマスまで移動すればいいだけです。
……本体を傾けるとマスが移動するようなんですが、なんだか上手くいかない。横滑りはできるんですけど、縦滑りができない。逆さにしてみたらできたりしたけど、いまいちだなー。
クリアしたあとは緑のメモリーカードが出てきました。どこに差し込むんだ。

色々触ってたら、エレベータの中央にある装置に差し込めました。
モニターが点灯。
……それだけでした。

操作盤でゼロ3世を見ていて思った。
……3?
試しに3を押してみたら、赤いメモリーカードが出てきました。
……こんな単純なことに今まで気付かなかったなんて。ウサギに馬鹿にされてるよ。

エレベーター中央の装置に赤メモカを挿入。
記号が出てきました。メモメモ♪

陽 陽 無
無 無 無
無 月 無

こんな感じでしょうか。
隠しアーカイブ用のパスワード。
早速下の金庫に投入したら、アーカイブスが取得できました。何をする者なのか、不明。

もう一度ゼロ3世のマークを調べてみました。
「ゼロ・3世のマークがあることから、とりあえずこの操作盤の3のボタンを押してみたわけだが、じゃあ0のボタンを押すとどうなるのだろう?」
とものすごいヒントをくれたので、ああそうか、と押してみました。
青メモカをゲット。
さっそく中央の機械に差し込んでみました。

無 無 陽
無 無 陽
無 陽 無

というマークが。
ようやく鍵をゲット。
エレベーターの操作盤の上の、モニタを調べ、ピンクのボタンの左にある鍵穴に挿します。ピンクのボタンを押すと小窓が開き、赤いボタンをポチッと。
ようやく脱出ー!

タイトルとURLをコピーしました