善人シボウデス14 ダーツ

やってきましたダーツ大会!
もくもくと1人で91点を目指しましょう!
あなたが優勝者です!

眠いのに、先に進みたい。やめれない。

気を取り直して、ダーツ。91点か。
赤・青・緑、それぞれのエリアに矢が刺さったときの得点には【大きさ】の順番指定があります、とのこと。面倒くさ。純粋に楽しませて欲しい。

ええと、ダーツポスターを広げて確認。
ボード外側の数字が点数となっている。
そして、三つに区切られたエリアごとに得点計算が違っていて。
例えば20の数値のところに矢が刺さったとする。
それが外側のエリアだった場合は、20点×1で、20点獲得。
刺さったのが真ん中のエリアだった場合には、20点×2で40点。
中央に一番近いエリアだった場合には、20点×3で60点。
という計算方法です。

さぁ数学に弱い私への挑戦状。しかと受け取ったぜー!
とまぁそんな勢いは置いておいて。
91点。
とりあえず、全部の点数を書き出してしまいますね。

20×1=20青 20×2=40緑 20×3=60青
9×1=9赤 9×2=18青 9×3=27緑
11×1=11緑 11×2=22赤 11×3=33青
6×1=6青 6×2=12緑 6×3=18赤
8×1=8緑 8×2=16青 8×3=24緑
13×1=13赤 13×2=26緑 13×3=39青
17×1=17青 17×2=34赤 17×3=51緑
7×1=7緑 7×2=14青 7×3=21赤

この中で91点になる組み合わせは。
13×1=13 + 9×2=18 + 20×3=60
あら? 合計91になったのに、エラーメッセージ。
……ボードの赤青緑は、やっぱ関係あるのか。青が被ってたもんな。

では次に。
6×1=6青 17×2=34赤 17×3=51緑
うーん、これもダメ。17を2回使ったからかな。

行き詰まって、ちょっとアイテムを見ていたら、そういえばダーツケースに何か模様があったなと思い出して。調べてみました。
赤>青>緑
おおおお、大ヒント!
目処がつきそうです。赤×3>青×2>緑×1のスコアを狙えばいいんですね。
ということで。
この組み合わせでを当てはめると。
赤3「7×3=21」「6×3=18」
青2「9×2=18」「8×2=16」「7×2=14」
緑1「11×1=11」「8×1=8」「7×1=7」

あ、あれ? 一番大きな数字を足しても50にしかなりません。
おかしい。何か間違えたのかな。

赤 青 緑の順番に……。
記号の>は関係ないのかな。
順番だけで、三倍エリアとか二倍エリアとか、関係ないのかな。

そうすると。

赤エリア
「9×1=9」「11×2=22」「6×3=18」
「13×1=13」「17×2=34」

青エリア
「20×1=20」「20×3=60」「9×2=18」
「11×3=33」「6×1=6」「8×2=16」
「13×3=39」「17×1=17」「7×2=14」

緑エリア
「20×2=40」「9×3=27」「11×1=11」
「6×2=12」「8×1=8」「8×3=24」
「13×2=26」「17×3=51」「7×1=7」

最初の方にやってたのと変わらない気もしますが。
んーと。
……ちょっと休憩。

タイトルとURLをコピーしました