善人シボウデス71 3・ABゲーム

ついに第3ABゲーム。

クォークに言われたからではなく、協力を選択。
第3ラウンドが終了しました。

他の皆は……?

アリス+ファイはディオが対戦相手なので、裏切りを選択。
妥当ですね。
ルナと四葉は、Kを裏切って+3。四葉が9以上に。
そして、天明寺とクォークは、シグマを裏切って+3。
二人ともBPは11です。

うーわ。
クォークではなく天明寺が強引に、クォークと脱出しようとして選んだと思いたい。

シグマ、二人を怒鳴りつけます。
誓ったのは、裏切らないということではなく、9の扉を開かないということだけ。では脱出しないということか? と詰め寄るシグマに、脱出はさせてもらう、と意味不明なことを言う天明寺。
もしかして秘密の抜け道でも見つかったのか? と眉を寄せるシグマに、9扉を見ろと示す天明寺。四葉が扉を開けようとしています。
……もしかして、自分の手では開かないけど、四葉が開くから、一緒に脱出はする、と、こういうことか?
なんて狡猾なジジイなんでしょうか。

四葉は、一刻も早くゼロボスを捕まえるために。
天明寺は、ゼロボスに制裁を与えるために、出て行くという。
ゼロボスがどこにいるのか知ってるのか、と問うシグマに肯定する天明寺。
よく知っている、と。

三人が脱出する直前、クォークは四つ折になった二枚の紙切れをシグマに渡しました。手紙、とのこと。ABゲームの前に所長室で書いたらしい。クォークはずいぶん前から裏切ると決めてたんですね。
ああ、なんだかねぇ。
読んでもらえれば天明寺とクォークのことが分かる、と押し付けられました。いいさ。次の周で活用させてもらうさ。
結局、ルナを殺したのも誰だったのか、不明ですしね。

手紙を開くと、クォークと天明寺のなれそめが書いてありました。
大雨が降っている日。クォークは天明寺に拾われたそうです。
赤ん坊のクォークを、天明寺は育ててくれた。けれど天明寺は一度も血痕できなかった独身男だから、それはそれは大変だったらしい。
拾われたときは普通の赤ん坊よりもふた回りほど小さくて、ちゃんと育つか不安だったらしい。だから、素粒子という意味のクォークと名づけた。
6歳になった頃、天明寺の仕事を手伝い始めた。廃墟から使えるガラクタを集め、天明寺が改造したり、修理して使えるようにして、売るのが仕事。
7歳になった頃、自分が拾われたと知り、ショックを受けるクォーク。
けれど。
どうやらクリームソーダは一番上等のお酒よりも高いんだが、天明寺はある日、バーにクォークを連れていって、クリームソーダを食べさせてくれたらしい。
ある大雨の日に大喧嘩をし、家を飛び出したクォークだが、気まずくて帰るに帰れず、一晩夜明かし。まだ雨は降っていたけど帰ろうとしたとき、天明寺が地面に倒れていて。雨の中、ずっと捜してくれていたらしい。
天明寺の高熱は下がらず、このまま下がらなかったら死ぬかもしれないと医者に言われ、怖かったが、結局天明寺の熱は下がった。
天明寺は、自分が死んだときにクォークが一人で生きていけるようにしてたらしいけど、厳しくしすぎたかもしれないと。
ということで二人の絆は強まった、というお話でした。

……ゲームオーバーかと思ったけど、ちゃんとしたスタッフロールが流れました。マジですか。こんなEND、微妙だ……。

タイトルとURLをコピーしました