善人シボウデス74

医務室を脱出したあとに話は戻って。
天明寺相手に協力を選んで裏切られたところから、話を始めてみましょう。

裏切り。

……あれ? 前回は確か、天明寺に裏切られたせいでファイのBPが1になったはずでしたが、今回、天明寺は協力を出してきました。
結果的に、裏切ったファイとシグマに+3が加算され、BPは6に。
なんか罪悪感。

他のメンバーも、見事に裏切って。
1か6か、です。
前回は裏切りを選んだはずなのに、と呟くシグマを聞きとがめ、前回とは何の話だと眉根を寄せる天明寺。シグマ、記憶を持ってるんだね。

もうお前は信じられん、と背中を向ける天明寺。
別にいいですもん。

他のチームのひと悶着も終わり。
今度は逆にキャビンから調べます。前回よりちょっとだけ長くアリスたちの正体について聞けたのですが、でもやっぱり内容については不明。
続いてラウンジへ。内容は前回と変わらず、ラジカル6について。
最後は医務室へ。

医務室には天明寺がいました。おもいっきり嫌われてます。
衝立の向こうにクォークがいるのは変わらず。老婆も、とのこと。
衝立の向こうに行くと、クォークが倒れてました。
あら? 前回は、確かよろめくだけで直ぐに意識を持ち直したと思ったんだけど……シグマと天明寺が言い争ったりしたから、疲れたのか?

ルナを連れてきて、クォークはラジカル6に感染した、と判明。
今後についてを話し合っている最中、クォークが錯乱。自殺未遂。
なんとか麻酔薬を打って、その場をしのぎましたが。

そこに無粋なアナウンス。
次のCDドア開放まで時間がない。

天明寺は絶対にシグマとは組まない、と断言。
アリスは、ディオとだけは組みたくない、と爪を噛む。
どうやら天明寺はルナとファイのことも信用してない様子。けれどもなぜか、四葉だけは信用する、との発言。なぜだ。
理由は明かさないが、四葉ならばクォークを安心して任せられる、と俯く天明寺。でも、四葉のパートナーはシグマです。さっき、絶対に嫌だと言い放ったのに。
それでもいいと言う天明寺。けれども、投票は四葉だけで行うんだ、と指定。いやいやいやいや、聞けるか、そんな条件。

ここでアリスが反対。
シグマたちがクォークを連れていくとなると、必然的にアリスはディオと組むことになりますから。組みたいのは眠ってるクォークだ、と言いますが、それには天明寺が猛反対。そういう邪な考えをもつ奴がいるから信用ならない、と。

時間がないので多数決で決めることになりました。
パターンCに反対な者は、アリスとディオ。
多数決で、パターンCに決定。

シグマ+四葉+クォークは緑の扉へ。
その先は3つの扉に阻まれており、道が三分岐。
レバーを下げると扉が開き、そこはTREATMENT ROOM 治療室。
クォークを治すことができるかもしれない。

治療用ポッドを見つけて喜ぶ二人。
駆け寄ってみますが、肝心の、部屋への扉が開きません。仕掛けを解いてからってことですね。
この部屋に何か危険な仕掛けでもしてあったら大変、と。シグマはクォークを、入ってきた扉の向こう側に横たえました。目の届くところに置いてよ……。
探索開始です。

タイトルとURLをコピーしました