善人シボウデス92 第1AB

キャビンを探索し終えたあとのABゲームから始めましょう。

前回は協力を選択したので、今回はアリスを裏切ります。
まあ、彼女も前回は裏切ったので、今回も多分裏切りで、痛み分けでしょう。

なぜかファイから礼を言われました。言った通りの選択をしてくれたな、と。
なんか面映い感じです。
アリスは当然、裏切りを選んでいるから俺も裏切りを選んだまでだ、と断言するシグマに、ファイは怪訝な顔。なぜ分かる? と。シグマ、答えられずに詰まるだけ。
ゼロ兎に呼びかけられて、結果発表です。

あららら。アリスは何と、協力を選んでいました。
マジですか。とすると、悪者は完全にシグマ。
すぐさまアリスが駆け寄って来ました――と思ったら逆だったようです。シグマがアリスに「これはどういうことだ。おまえは前回のこのラウンドで【裏切り】を選んだじゃないか!」と叫びました。端から見ればおかしいのはお前だ、シグマ。
わけわかんないこと言わないでくれる? との言葉。当然です。
けれどもシグマ、諦めず。
アリスが投票のボタンを押したのはイツだ? と聞きました。
投票締め切りの5分前。アナウンスがあった直ぐ後で押した、と。

小難しいことをまた延々と考えるシグマ。理解は何となくできるけど、深く追究するのが面倒くさいので放っておきます。時間をさかのぼる、という自分の考えに衝撃を受けるシグマ。面倒くさいので放っておきます。
「責めたいのは私の方よ」
とアリスに現実に戻されました。そりゃそうだ。
今後一切、シグマとファイは信用しない、と言い残してアリスは去っていきました。

別のチームのいさかいを観察。
Kと四葉が天明寺を裏切ったことに対して。
まさか天明寺が協力を選ぶとは思わなかった、というKに対して、天明寺は「相手に四葉がいるのに裏切りを選ぶはずがなかろう」と、意味深に呟きます。
「もしかして天明寺さん、四葉さんに気があるのですか?」
という真面目なKに爆笑。直後、天明寺に怒られました。
けれどもその後の天明寺の発言を聞く限り、天明寺が四葉に気があるようにしか思えません。
四葉の、けっこう酷い侮蔑の言葉にも
「胸が切り刻まれるようじゃ」とか
「ふっ、キモイか……」とか。
なんなんだ、天明寺。今まではクォーク一筋だったのに。

そしてまた、ルナとクォーク、ディオのチームは全員が協力。
当然のことだよ、というクォークにディオは同意しますが、シグマが「今のディオの言葉、どこか空々しい感じがしないこともなかった」と、新たな発言を。
やっぱり前回までのフローを、すべて記憶してるのかな。そしたら凄い量だよね。
そして今回は、クォークがディオの悪事をばらしてルナの動揺を誘い、冗談だよ、というやり取りがありませんでした。

さて、次へ。

タイトルとURLをコピーしました