善人シボウデス97

対消滅機関制御室から出た途端、ABルーム開放のアナウンスが。
ディオか?
前の周では老婆も殺さず唯々諾々だったのに、とうとう殺したのか?

A倉庫には天明寺、ディオ、四葉の3人の姿が。
やっぱりディオが開けたようでした。このやろう。

ここで丁度、入ってきたK。
A倉庫に揃っていた皆を見て安堵するK。間に合って良かったという安堵かと思ったら、クォークくんが……という言葉が。また倒れたのか。
医務室に運ばれたクォークを診察。ラジカル6の感染が判明。
今回、Kたちが入った部屋は資料室とのこと。
まだ私が入ってない部屋だな。
四葉たちがたどり着いたのはビオトープ。
今回、誰もバイオラボには行ってないんですね。てことは、アクセラビルの入手はなし……?

と思っていたらクォークが覚醒して暴れだしました。
皆で押さえつけ、メスを誰かが抜き取り――前回と同じですかね。
麻酔薬を注射して、おさまったかと思えば次にはやはりアリス。
ラジカル6に感染したと思われる茫然とした様子で、医務室から駆け出して行きます。追いかけるシグマですが、またしても見失う。
散開して探すことに。
ラウンジ、資料室、ビオトープへ。
ビオトープの茂みの中で、アリスを抱えているファイを見つけました。
アリスは倒れていたらしい。案の定、メスもありません。

医務室に運ぼうというファイだが、その前に右を見ろ、と言われてそちらに目をやるシグマ。そこには何と、01の爆弾が。
ひとまず何とかする術はなく、アリスを抱えて医務室へ。
そこで、アリスもラジカル6に感染していることが判明しました。
前回と違ってアクセラビルをクォークが持っていることもなく、どうすることもできません。
泣きじゃくる四葉を前に、無情なアナウンスの声が。ABルーム締め切りの時間が10分に迫っているようです。

四葉も天明寺も、アリスとクォークを置いていくことができないため医務室に残るようです。そうすると、ディオの対戦相手は四葉で、ディオのペアは天明寺なので、ディオのワンマンショーです。選び放題。
絶対に協力を選ぶぞと言い張るディオですが、ファイに笑われ、激昂。そしてルナから提案が。ディオもここに残ったらどうでしょうか? と。
四葉、天明寺、ディオの3人が投票を棄権したら丸く収まる、と。
けれども。そうしたら確か、ペナルティだったよね? 今回は誰もそのメモを手に入れてないのでしょうか?
あ、Kが補足しました。
資料室に補足メモがあったようです。誰も投票しないとペナルティが科せられる、と。こうなりゃディオもしぶしぶを装って投票できるわけですね。

したがって、Kの参加も決定ということに。
ペアバンのクォーク、対戦相手のアリスは揃って倒れてるから、投票ができない。
KのBPは現在6。次に裏切りを選んだら9で脱出できるじゃないか、とディオが吼えます。
絶対に協力を選ぶというKに、そんなの信用できるかと叫ぶディオ。それはお前も一緒だけどな。
けれどもKの対戦相手、アリスのBPは1。
Kが裏切りを選べば、アリスのBPはマイナスとなり、自動的に殺人となる。
今までのKは、確かに裏切りこそすれ、殺人はしなかったわけだから、その言葉は信用できると思うんですが……でもアリスはラジカル6に感染してますからね。
助かる見込みはないと考えて、振り切る可能性も考えられます。

AB締め切りまで、残り5分。

時間がない、と天明寺。チームの代表として四葉が行け、と言います。
ディオは無視された形に。
代表って何だよ! と叫ぶディオに、天明寺は拳を叩き込んで昏倒させました。素晴らしいジジイですね! 見直しました!(笑)

けれどKの危険性はまだ残ってます。
どうなるかね。

シグマはルナとABルームに入ろうとしましたが、その前にファイに止められました。そうだ、今回の対戦相手はルナではなくファイだった、と思い出しました。
協力を選んでくれるのだろう? と言うファイに、もちろんですと頷くルナ。
私も、もちろんだとも。

ファイのBPは6。
次にファイが裏切りを選べば、ファイが脱出することになる、とルナ。
そこまで考えてませんでしたけど……じゃあ貴方は裏切りを選べと? と問いかけると、ルナはシグマにお任せします、と。なんだそりゃ。
シグマのBPも6だから、裏切りを選んでも、脱出するのがファイからシグマになるだけで、ルナにとっては変わらないから、と。

協力を選びます。

さあ結果発表。
ファイもきっと協力を選んでくれているはずだ、と信頼するシグマ。
全員が一斉に協力を選択――と思ったら。
なんと、ファイだけが裏切りを選択。
なぜだ。マジですか。ええええ、と、ショック。

ファイに詰め寄ると、「私は必ずお前に制裁を下すと言った」と、ファイ。
ええと、聞いたことがありませんが。
更に問い詰めると、最初にシグマが裏切りを選ぶのが悪い、とか。
私、ファイ相手に裏切りを選んだ覚えがありませんが……。
けれどファイは、この第2ラウンドの最初のことだ、と。

ファイもどうやら周回の記憶を思い出している様子。
お前に対して裏切りなんて――と叫ぶシグマに、ファイは「ある」と断言。
自分が今まで経験してきた不可思議な現象が一体なんなのか、もうお前は知っているはずだ、と。
確かに、周回プレイで記憶は何となく繋がってるだけだけど、その原因とか、意味とか、そういうのは一切不明ですが……。

とにかくファイは9の扉を開けようとします。
今までの脱出者と違って、思い切り悠然とした扉への向かい方。本当に脱出する気があるのでしょうか。あっという間に回りこまれて進路をふさがれます。
もちろんそれはシグマですけど。
邪魔だ、どけ、と冷徹に放つファイ。どかないシグマに、ファイは仕方がない……とため息。回し蹴りでも来るのかと思いましたが、ファイは何と、シグマの頭上を高々と飛び越えて、装置の前に。

Plaudite, acta est fabula!
『拍手を! 芝居はもう終わった』

という意味のラテン語を皆に送って、ファイが装置のレバーを下げようとした瞬間……ああ、キーがかかってました。
To Be continuedです。
ロック№08 ファイを引き止めるには!?
またいいところで終わるんですから。

さぁ、次は、CD扉の選択肢から、かな。

タイトルとURLをコピーしました