善人シボウデス105

医務室には全員の姿がありました。
ボディチェックをする、と言うファイ。
シグマがそれに待ったをかけます。前と同じだな。

犯人を知っていると言って、ディオを指差すシグマ。
起動する爆破装置。

爆弾02のパスワード
「EQD DYR NTK」
よっし、ゲットです!

自害しようとするディオを麻酔で大人しくさせ、爆弾を探すことにする皆。
タイムリミットまでおよそ20分。
CD扉が開くまでも、およそ20分。同じくらい。

この周では制御室に誰も行っていないらしいので、まずは専用端末から手に入れなきゃいけませんね。
ファイがてきぱきと指示を出します。
シグマはファイと共に03爆弾が本当に起動しているのか確認しに行く。
他のメンバーはディオたちを抱えてB倉庫へ行って欲しいと告げるファイ。
万が一の場合はCD扉が開いた瞬間に中へ飛び込めば……というファイだが、無理だと思うがね。

真っ先にキャビン2号室へいくファイ。
ベッドの下を覗き込んでみると、作動している爆弾の姿がありました。
ここからは分かれて探索することに。
向かったのは医務室。誰もいないと思われていましたが、そこにはルナの姿がありました。ADAMで体を解析するため、シグマが戻ってくるのではないかと思っていたようです。

結局、調べてもらうシグマ。
結果は――ロボットではありませんでした、と言う回答。
おおお、良かった。一瞬、Kとシグマが入れ替わってるんじゃないかと思ってたから、ちょっと不安だったんです。
しかしルナは、まだ不安なことを。
全身が、というわけではなく。シグマの体の1部は機械で構成されているらしい。それは、両腕。いつの間にそんなものが? 小さい頃、レントゲンを撮ってもらったが、人間の骨だったとのこと。
と、また別の可能性にも気付くシグマ。
人口腕であればバングルの注射針を恐れる必要はないのか? と。
しかしそこまで上手くは回らないらしい。

もしかしてルナも、パラレルワールドを飛び越える能力があるのではないだろうか、と思い始めてきました。そんな言動です。
時間が来てしまった、というルナ。
バングルの時間を確認すると、残り1分。

ルナが遺言を残しました。
『もしも大要を食らう双頭の獅子を見たら、この文字列を思い出せ
GLT・FTM・016
それが第1の門を開く鍵となるだろう』

前回、KのEDで聞いた遺言は第2の門。
今回は第1の門、か。

爆弾が作動し、基地は爆破。
ルナエンドかと思いましたがSIGMA;ENDでした。

ロック№03のキーが解除されてました。
次はここですね。

タイトルとURLをコピーしました