善人シボウデス123 ラスト1

一番最初。
ABルームの中で目覚めたシグマ。
ここはどこだ? というシグマに、ABルームの中だと答えるファイ。
シグマが記憶喪失なのに対して、ファイはしっかり覚えているもよう。安心だ。
けれどもファイの言葉で思い出しました。早っ。

さぁ茜を助けに行こう! おー! と思ったところで、エレベーターの探索開始。
……こ、ここは省略できなかったんですね。
いいですけど。

必要最低限のところだけ調べようとしたら、ファイに怒られました。
そんなことをする必要はない! と。
もしかしてもう扉は開いてるのかと思いましたが、金庫のパスワードが同じだということらしい。ああ、なるほどね。

シークレット用の青パスワードを入れてみましたが、中身はなし。
ファイに激怒されました。
ごめんなさい。

本当の緑パスワードを入れて、鍵を入手。

速攻で脱出するファイとシグマ。超楽しい。
さてさて。ディオと茜はどこですかね。
すると、落書きが書かれた壁側に二人の姿が。茜は、背後から忍び寄るディオに、まったく気付いていない様子。
そこにファイの飛び蹴りが炸裂。格好いい。

ここでようやく核心の核心を茜から聞き出せました。
ラジカル6の意味も。ABゲームの意味も、CD扉の意味も。
すんなり納得はできましたけど、実験動物扱いされた者からすれば、とんでもない話です。

なんのためにファイとシグマが、記憶を持ったまま過去に飛べるようにしたのか。
茜は肝心の部分はいずれ分かると告げて、教えてくれませんでした。
「CLAYDOLLS」と書かれているディオのナイフを、茜は拾い上げました。シグマたちは時間的にそろそろ元の歴史に戻ることになっている、とかなんとか。
茜が「ラゴモルフ」と呼ぶと、なんとゼロ兎が答えました。
「はい」という、なんとも素直な返事。
茜のバングルを外してディオに装着。茜から、小さな鍵を貰いました。
「Tu fui,ego eris.」
あ、ビオトープの墓石に書いてあったやつ。
ってことは、茜はあの下に眠ってる……? いや、おかしいだろう、時間的に考えて。茜じゃないならゼロボスかな。
その場所に行けば、あなたの大切な人に会うことができる、と。

またしてもコンティニュー。
新たなジャンプ先が追加されました、というメッセージが。

さぁセーブセーブ。

タイトルとURLをコピーしました