MOON 010 スラ子

前回はゲームオーバーになってしまったので太陽の日をやり直します。
そうは言っても、お城ではラブを得られなかったので、今度は城下町の観察をしようと思います。

商店街へ。

ベイカーさんが外に出てきた時を見計らってワンダのカードを提示。
毎週山びこの日はお酒を飲みに行くという情報を獲得。
彼のネームカードは相変わらずストック切れ。

続いてよろず屋……あら、オープンしてる。
お休みの日ってないんだっけ。

外に出るとフローラさんがいたのでワンダのカードを提示。
特に何もなく。
……あれ。彼女には既に見せてた気がするけど……まぁいいか。

広場に戻ってガセじいちゃんにワンダのカードを提示。
酒はイビリーが強いという情報をくれました。

……やっぱりお城へ行きます。
ラブに関する何の手掛かりもない。

衛兵たちの部屋に行ってフレッドの歌を聞き、テラスに続く通路前の柱で緑カードを読み、そしてワンダの店に直行。
まだ誰も来ていないみたいです。
ついでだから今度はオレンジジュースを注文してみます。
あ。飲みすぎるとベイカーは家の鍵を閉め忘れる時があるんだよ、と情報をくれました。
ちょ。そんな個人情報漏らしたら悪意ある人が悪用するかもしれんじゃないか。
まぁこの町の住民はお人よしだし顔見知りだからそんなことしないと思うけど。

左下のタンスを調べると、勇者のお仲間かい、と微妙な質問。
ランジェリーを持ってっちゃうんだよ、とため息つくワンダ。

ええと……伝説の……装備品……。
何も言うまい。
( ・`ω・´)

これ以上長居するとまた倒れそうです。
帰りましょう。

――日付変わって、三日月の日。

動物たちの魂の様子を見るためレインボウ・ロックスに行ってみたいと思います。

千匹ミミズを越えたあたりで下の方に新たな死体を発見。
きっとこの前は見逃してたんでしょう。

セミ丸

木にとまって大声で鳴くことで、長かった地中生活でたまったストレスを発散している。

ヒントか?

そのまま下沿いに進んだ先にはハズカシ岩が、と思いきや違いました。
度胸が据わってるかんな、と胸を張って動いてくれませんでした。
うっす。

そのまま左に行って、スラ子のところへ。

あ、どうやら彼女が後ろを向いているときに近づけば逃げられないようです。
だるまさんが転んだの要領ですね。
キャッチすると2ラブと180ネカをゲット。

スラ子がいるところからすぐ左にハズカシ岩がありました。
近づいて動かし、少し進んだところで動物の死体を発見。

犬神マイマイ

犬を神と崇めるカタツムリ。
お犬様が一声鳴けば、たちまち祈りの行進が始まる。

タオがこの場にいれば一番いいってことですかね。
骨で操ること可能なんでしたっけ。

道の行き止まりに、虹作成の装置を発見しました。
ボタンが色々と並んでいます。
看板の通りに押せばいいはずだったけど、これは明日にしましょう。

まだ体力に余裕はあるけど、家に帰ることにします。

女王にラブを奉納。
ラブレベル5《愛のバイエル》になりました。

次のレベルアップまで、あと3ラブ。
これで体力バーがちょうど夜と深夜の境目、90度になりました。
でもまだまだ心もとない。

タイトルとURLをコピーしました