MOON 018 ベイカーの秘密

本日は山びこの日。
久しぶりに城下町へ行きます。

ヨシダさん(鳥)に「タオの石板」を見せると、故郷の石と似とるね、とコメント。
ああ、主人公のことが書いてあったという予言の石か。
ヨシダさんのときはヘイガー博士が翻訳機で訳してくれたらしい。

ヨシダさんに「白羽の矢」を見せると分かりやすく動揺しました。
が――何もかも分かって隠すための動揺じゃないみたいですね。
陰謀の臭いがする、と怯えの動揺だったみたいです。

……大臣に見せたらもっと動揺するのかも。

お城の広間にいる大臣に「白羽の矢」を見せてみると、超動揺した後に「はて、それはなんでしょう」としらばっくれました。
おいおい大臣さん。そりゃないっすよ。
そして「ばあちゃんの写真」を見せても、それは同じ。
「はて、どなたでしょう」とかそらっとぼけました。

衛兵たちにも見せてみようかな。

左通路の奥にいるイビリーに「白羽の矢」と「ばあちゃんの写真」を見せてみましたが、どちらも無言を貫かれました。タオの好物とかには「なんだ?」って返すのに。
逆に怪しいって。大根役者か。でもある意味、彼の反応の方が正しいのかも。
動揺して下手なウソつくより、何か知ってることを確信させながらも「話しません」とドッシリとしてる方が、手ごわいなと思うかも。

イビリーよりも口の軽そうなフレッドに見せてみよう。
右側通路に行ってみると、眠たすぎたのか眠っているのか、今まで「眠い~」と泣き言漏らしていた彼の吹き出しが全然出てこない。
どころか、彼を素通りして通路に入れてしまいました。

おい、衛兵。仕事しろ。

せっかくなんで昼間っから城の住民たちの部屋に行ってみました。
衛兵たちの部屋にも。
歌ってるフレッドが見られると何か隠すように部屋の上の方に行くのが気になったので、そこに何か隠してないかな~、と思って調べてみますが……特に何もありませんでした。
なぁんだ。

テラスに行ってみます。

望遠鏡。
お昼と夜と、2回見てみた。

お昼は何もありませんでしたが、夜はマンションぽい部屋に、水色の髪の女性の姿がありました。
画面切り替えたらいなくなってしまったけど。
またしばらく部屋を見ていたら電気が消えたりしたので、生活してるっぽいですね。
って、何のぞき見してるんでしょう、私。
まぁそういうゲームだから。

……もしかして望遠鏡を覗いてる間も時間って進んでる?

早々に離脱しました。

さて、ワンダのお店へ。
……ワンダさんしかいません。
うう、時間が遅すぎたんでしょうか。
ベイカーさんかイビリーがいるかと思ったのに。

パン屋さんに行って、ダメ元でノック。
……おおお、鍵がかかっておりませんでした。
喜んで不法侵入してみます。

さて、昼間は止められた奥の部屋へ。
そこではバラバラ事件が発生しておりました。
o(・∀・`o)

調べるものは何もないので部屋を出てみますが、うーん、やっぱり何もイベントは起きず。
もう1度部屋に戻って朝まで待機。
ベイカーさんの様子を観察しますか。

明け方近くにパンが焼きあがりました。
できたての食パンがベイカーさんのコック服に着地。
「とうとう見られちゃったね」と不気味な告白。
この時間帯しか存在しない彼の記憶。朝になると消えるらしい。

彼の秘密を共有されましたが……私の感想はひとつだけ。

食パンマーン。
(〃 ̄ー ̄〃)

1ラブ入手。
ベッドで眠って女王と対面。
動物の魂と違って、イベントのラブについてはタイトルが難しいんですが、女王が端的にまとめてくれるので助かります。
今回は「ベイカーの秘密を知ってしまいましたが……」って、おい。
テンテンテンで止めるな。

次のレベルアップまでには2ラブ必要でっす。

タイトルとURLをコピーしました