MOON 065 釣りコンテストに初参加

モグラの魂を求めて色々さ迷いましたが、姿はなく……ときどきポコンッという衝撃音だけは聞こえるんだけどなぁ。
でもまぁ、ひと晩にせいぜい2回、3回聞こえるくらい?
お昼には聞こえないので……やっぱり夜の間しかキャッチできないのかな。
問題はどこに出現するかなんだが……後回しにしますか。

今日は山びこの日です。
久々に釣りに行きたいと思います。

釣り名人の釣りの様子を覗き込んでると、まだ釣ったことのない魚が釣れてるんですよねぇ。
あれって私にも釣れるのかなぁ。

一日中、釣り三昧w

本日は太陽の日。
起き出した先生がおもむろに幟を立て始めました。
なんだなんだ?

どうやら釣りコンテストが催されるらしい。
おお、なるほど、日曜日だからか。
むしろ毎週やってたのか。忘れてた。

参加料は100ネカで、規定時間内に一番多く釣った人が優勝らしい。

こんな過疎地に参加者は来るのか?

そうは思いつつ参加してみると「こんなくだらない催しに参加しちゃうんだな?」と長男が割り込んできました。
なるほど、他2人と違って絡んでこないなぁと思っていたら、こんなところで絡んでくるのね。
水質を悪化させる活動だと批判してきます。
はいはいw

破門だと言われ、兄ちゃんは立ち去り。
気を取り直して釣り大会を楽しみますか。
1ラブを入手しました。
いや、なんでw
兄ちゃんの愛を知れ、とか無茶なやつか。

釣りコンテスト……特別な何かがあるわけではなく、普通に釣りするだけでよさそうです。
しかし釣れたのはプラルクー1匹だけ。
こんなんで優勝なんてできるかいな。

時間的にもう1回ぐらいできそう。
……さっきと違って釣り時間が長く感じられます。
垂らしてる時間だけじゃなくて引き上げてる時間もカウントされてるってことでいいんですよね?

なかなか食いつかないし、引き上げにも時間がかかる。
釣り竿が重たい……。

2回目の釣りは、3回引き上げて魚2匹と空缶。
だがしかし。
釣果は2匹ということで、まさかの優勝でした。
おおおお。
賞金は100ネカ。
まじか~。
Σ( △ ||||;

5匹釣るともっと良いものが貰えるから頑張ってね、と声をかけてくれました。
それもうコンテストの意味ねぇ。

翌日、先生が再び画面外にお出かけになったのでストーカーしてみたら、キリキリ虫の採取でした。
涙の日だけだと思ったら三日月の日も大丈夫なんですね。

女王にラブ奉納すると「ウミのお説教を聞きました」と褒めて(?)くれました。
あとでまた3兄弟に会いに行ってみようかな。

次のレベルまではあと19ラブ。