真・流行り神

予約してた「真・流行り神」が届きましたーv
そしてプレイし終わりましたーv(数日かかったけど)

前作までは選択肢によってストーリー分岐がありましたが、今回はほぼ一本調子。
選択肢によってパラレルワールドに進むという意味では複数のシナリオが含まれているんですが、それはあくまでパラレルワールド、1つの編であって、編は分岐することなく最後まで突っ走ります。
選択肢によってゲームオーバーになる、ならない、の違いくらいでしょうか。

かまいたちの夜を思い浮かべていただければ早いかと。
といってもあのソフトほど1つの編で複数の分岐や仕掛けがあるわけでもないので、ただシステム面だけがちょっと似てるくらいの感じです。

――正直な話――ストーリーは前作までの流行り神の方が良かったなぁ、とプラチナトロフィー取った後の感想です。

なんていうか、プレイ後の爽快感や達成感がまったくなく、ただ気持ちの悪い短編集を読まされたイメージです。感情移入もできず。小暮刑事的な位置だと思っていた風守さんはただの卑劣漢で同情の余地もなく。
それ以前にまともなハッピーエンドがありません。主人公だけ生き残ってればハッピーエンド、なんて考え方は却下です。
謎も残ったままですし、次回作があるんだろうか、これ? もしあったとしても、主要人物は主人公&男1人&女友人だけなので、総入れ替えは必至。

今作での好感度キャラは関本さんだけだなぁ……仙人みたいなキャラですからねぇ。

システム面では、選択肢の部分にジャンプできるようになっていたので、快適プレイが可能です。いつでもやり直せる♪ この機能を生かせるほどシナリオは長くありませんでしたが(ボソッと。

1対1の対話形式で嘘や演技を巧みに操り、必要な情報を聞きだしたり、その場の状況を上手く切り抜ける主人公の特技、というライアーズアート。
音楽がカッコいいです。
しかしながら。

3つの選択肢が出てくるんですが、すべてを読んで、判断するまでの時間が短すぎる。反射的に答えろ、ということなんだろうか。惜しいなぁ、という印象です。

 

全体的に――短くて救いのない話が集まったイメージで、さすがに何度もプレイする気にはなれませんでした……パラレルももはや、都市伝説うんぬんじゃなくただのグロい話の詰め合わせ。やっぱりハッピーエンドがいいよ。

 

それでも日本一ソフトさんが好きなので、次が出たら気になって購入するかもしれない……。色んな面が改善されてるかもしれないしね!

タイトルとURLをコピーしました