MOON 014 タオの芸仕込み&マッカーさん

自宅でしっかり休んでネカの日です。
外のメシベに「花粉ダンゴ」を使用すると根っこが開通しました。
話しかけると食べていいか聞かれ、はい、と答えると城下町に近いオシベのところへ。
ショートカット万歳。
……ただしオシベには話しかけられないので一方通行です。

おばあちゃん家の庭に行きましょう。

タオが外に出てこないと芸を仕込めないので、出てくるまで待機。
出てきたら「タオの好物」を使用することで芸を仕込めます。

まずは「おすわり」からですね。
耳の後ろを掻いたりマーキングしたり、失敗することもありますが、成功したらしっかり「よ~しえらいぞタオ!」と褒めてあげましょう。

タオが少し賢くなって、レベルが上がったとアナウンス。
そして「おすわり」を覚えたとのこと。

ああ、これはあれか。
骨をもっとあげないとダメってことですね。

よろず屋に行って、ひとまずタオの好物を2つ購入。
おばあちゃん家に戻って、次なる芸は「ふせ」です。

違うよと指摘したときは骨が減らないようです。
あくまで成功したときだけですね。
結構何回も間違えてくるので時間がかかります。

成功したら褒めて、また少しタオが賢くなりました。

今日はここまで。
タオが家に戻ってしまったので、芸の仕込みはまた明日以降に持ち越しです。

レインボウ・ロックスを通って自宅に戻りつつ動物の情報を再確認し――あ、夜になって少ししたらタオが走ってきました。
そういえばどこかに出かけていたっけ。

追いかけてみましたが途中で見失いました。
さすがは犬。早いです。

相合傘が彫ってある木の近くだったんだよなぁ。
後でこの近辺で待ち伏せてみようと思います。

自宅に戻ってひと眠り。

ああ、なんか大幅に時間計算が狂ってきました。
今日は山びこの日。
起床したら午後に差し掛かっていて、今日はもうタオに芸を仕込む時間がありません。

夜にイビリーが酒場に来る日だったかな。
タオと戯れられないので、そちらに行ってみようと思います……あ、違った。
山びこの日にワンダの店に現れるのはパン屋のベイカーさんでした。

ってことは、自宅に鍵がかかっていないかも?
彼が店にいる間にパン屋さんに行ってみましょう。
こそこそっとね。
――ああ、ダメです。中には入れませんでした。

施錠されてるか否かって、ランダム要素なんでしたっけ。
あとでまた来ようかな。

そのままよろず屋に寄ってみます。
店主が1階でキセル吸ってるので、2階にマッカーさんの魂が出現してました。

マッカーさん救出で2ラブと80ネカをゲット。

自宅に戻ってラブ奉納。
ラブレベル9《愛のデビュー》にレベルアップです。
次のレベルまでは4ラブ必要。

タイトルとURLをコピーしました