ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団 13 アプスの第5階層

目的のない自由探索です。

どこに行こう。
ナルテックスにまだ中途半端なマップがあるので、そっちに行ってみます。
あ、ハイジャンプで進めるところがここでもありました。
ナルテックス地下1階(X12,Y08)。どんどん地下に進んでいくと地下6階に不可侵区発見。
おお。と思ったらすぐに終わった。
なんだ。
その先には水路。
くっ、今の進行状況ではここまでか。

取り敢えずマッピングだけしておこう、と水路を1歩だけ進むと目の前に上がれそうな壁が見えました。あ、すぐそこに道が続いてるっぽいです。
ちょっと無理してダメージくらいながらも進んでみると、扉が。
わーい、と喜んだが想像通り、鍵がかかってました。今までみたいにスイッチを探すんじゃなく、鳥籠の鍵、ってやつが必要とのこと。ユリィカが飼ってる鳥の鍵でいいんじゃないのか。

アッサリ行き詰まったので、別のところ探索しましょう。
ナルテックスには敵(丸いボール型モンスター)が強くて進みにくかったところがあるので、そっちを探索してみようかね。と、意気込んで行ったものの死亡者続出。
嘘だろ( *´・ω)/(;д; )
レベル40近いのに。

ここは脳筋じゃなくてちゃんと弱点特性考えながら武器を持ち変えないとダメっすね。
面倒なんでいまはまだいいや。後回しにしよう゚+(人・∀・*)+。♪

魔女嘆願しすぎてマナが足りないので、探索しながらマナ集めしたいと思います。

黄翼廊の第三層(X22,Y13)13,22にハイジャンプポイントがありました。
その先の小部屋に奇品の宝箱。
「異界人ヌゥービィの頭骨」をゲット。
イベントはなし。
敵はヤン・ムタ獣。
一撃が重いけど適正ぐらいの強さかなーと思います。
部屋を攻略後は(X09,Y09)からハイジャンプで向こうの通路に戻ることも可能。
ハイジャンプとかロングジャンプの場所って、通常マップには目印が記載されないんですね。いちいちシャインライト使わないといけないのは少し面倒。

アプスの第5階層(X20,Y16)にハイジャンプポイント。
新たなマッピング箇所発見♪
その先に緑のイベントマーク(X20,Y11)。
探索は順調に進んでいる、一度魔女様に報告しよう。というメッセージが。
目の前に不可侵区があるのに。
回れ右しろってことか。
ちょっと無視して先に進んでみた。
特に何も。戻れというメッセージもなく、進めることは進めるようです。

ここの不可侵区は結構広い。
ちょっと戻るのが間に合わず、仲間内で殺し合いが始まってしまった。外に出て深呼吸したときには皆さん瀕死。ゴメンよ。エンカウントすれば戦闘中の自己回復でまだ先に進めるんだが。失敗して全滅したら失うのが惜しい量のマナがたまっているので、今回は引き下がりましょう。

拠点で魔女報告。今回は早かったね、と迎えられたところで誰かの足音。
伯爵ではないかと恐れるナチル。足とが近づいてきて、姿を見せたのは初登場の男性。
誰だ。
「王都からきた、日刊カルチエ新聞の記者です」と告げトマース・マース・ライツと名乗ってくれました。が、いや、その前に無断侵入だし。なんかずけずけと質問を繰り出し、噂の地下迷宮はどこに?と。さすがにナチルが止めてくれました。取材は伯爵の許可とってからじゃね? と。謝って引き下がりながらも追加質問してきて、ナチルは拒否。笑って出直してくる、って言いながら、宮廷はここの話で持ちきりなんですよ、と教えてくれました。ルヴァリエール妃が若返ったとか、他の貴族たちも、さまざまな願いをかなえて貰っているとかなんとかで…って、妃以外のことは心当たりねーぞ。日を改めてまた来るらしい。

だんだん登場人物も増えてきたけど、ストーリーってどれぐらいの進み具合なのかなー。

エントランスまでお見送りしてるところにケイが登場。
あ、ばれんじゃね? と思ったけどトマースはあっさり退場。
妃の侍女に気づくかと思ったのに。
伯爵宛の手紙を預かりました。
ケイもそのまま退場。ここまで王妃のお使いか。大変だな。

オババとペリコが帰ってきました。ペリコが何か言おうとしましたがオババが目配せ。
なんだろう。
ガラヤのネジに目を留めるオババ。使うと嘘がつけなくなるらしい。
ナチルに使ってみるかい、と軽口たたくオババ。フラグか?
人をウソつき呼ばわりするつもりかと不機嫌になるナチル。

オババは雑貨屋の品揃えを増やすために王都へ仕入れに行っていたようです。
てことは雑貨屋の種類が増えるってことですね。わーい。

イベントはここまで。
あれ。新しいスキルとか貰えると思ったのに。残念。

雑貨屋はラインナップが増えました。
増えたのは薄衣と性格変化の書物。使わんな。

タイトルとURLをコピーしました